東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

大学案内 > 名古屋大学 > 先輩の声

社会で活躍する先輩からのメッセージ

北山美樹氏

きたやまみき:名古屋大学農学部応用生命科学科、同大学院  生命農学研究科生物機構・機能科学専攻出身  ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社勤務

現場に出向き、作り手の思いからヒラメキを得る!


私は現在、主にレモン、飲料、スープを商品として扱う食品メーカーで開発者として働いています。「おいしい」のはもちろんのこと、見た目や機能性(効果・効能など)、利便性(簡単に口にできることなど)、価格にこだわった商品を開発するのが私たちに与えられた命題です。様々な商品があふれる世の中で、他社との差別化を図り、自社にしかできない商品、長く愛される商品をお客様に届けたいと考えながら仕事をしています。中でも、私は主にスープに使用する原料(農産物や水産物)の開発を中心に担当しています。飲食物の場合、原料へのこだわりはそのままダイレクトに、商品価値の向上へとつながります。本当のおいしさを消費者へお届けするためには、とても重要な部分なのです。

原料開発については、①素材となる農作物や水産物の吟味・選定→②それらの良いところを引き出す加工方法の検討・試作→③研究開発での少量調理段階から工場での大量生産へのスケールアップ、というのが大きな流れです。私自身、どの段階でも実際に現地や現場に足を運ぶことを大切に考え、取り組んでいます。なぜなら、生産者や工場現場の方から作り手の思いや考えなどを聞くことで、新しいヒラメキが生まれるケースがあるからです。その場で感じる味やにおい、舌触りなどの重要なヒントを得られることも、実際に足を運ぶ大きなメリットです。

私は子どもの頃から食べることが大好きで、新しいものは必ず試す性格でした。それを自覚したからこそ、大学は食に関係の深い農学部へ入り、さらに大学院でも食について探究しました。就職活動も食品メーカーを中心に回っていました。その思いがかなって今の私があります。就職するまでは、ただ食べたり飲んだりするだけの消費者でした。しかし、作り手となった今は、「おいしいもの」を作り出すこと、それを商品として世に出すことの難しさを日々実感しています。一方で、“好き”だからこそ、より仕事へのこだわりを持つことができ、頑張れるとも感じています。これからも“好き”を原動力に精進し、いつの日かお客様に長く愛される商品を生み出したいと思います!

ラクロスでの学びが、今の自分の仕事に活きている


大学時代に最も打ち込んだことは部活動です。ラクロス部に所属し、“東海地方でナンバーワン!”を目標に、毎日練習に励みました。4年間の活動中は、努力が報われて嬉しかったこともあれば、試合に負けたり上達の壁にぶつかったりして、悔しい思いもたくさんしました。その悔しさから身についたのが「自分にできることは何か?」を考えて行動するということです。レギュラーにはレギュラーの、補欠には補欠にしかできないことがあるのだと、多くの経験から気づいたのです。それからは、悔しいことも前向きに、かつ主体的に行動できる強さが身についたように思います。その自分にしかできないことを追い求める姿勢は、今の仕事にも確実に活かされています。例えば、仕事では会議やミーティングなどで議論する場面が多々あります。私は、職歴も年齢も一番若く、そのような場面で役に立つ知識や経験はまだほとんどありませんが、裏を返せば「仕事に関する固定観念がない」ということでもあります。私が今できることは、上司や先輩が考えつかない意見や、お客様の目線により近い意見を述べることだと思います。今の自分にしかできない考え方や意見を積極的に表現することで議論を活性化させ、より良いアイディアにつなげることから、会社に貢献していきたいと考えています。

目標がない人は、“大学入学”を仮の目標にしてみよう!


皆さんの中には、将来やりたいことが明確で、それを実現させるために志望する大学があり、合格後の充実した大学生活を思い描いている人もいれば、逆に、やりたいことや興味方向が全然想像できない人もいると思います。
高校時代の私はどちらかというと後者のような人間でした。ぼんやりと「大学は行った方がいいかな」「食べることが好きだから、食品と関係ありそうな農学部に進もうかな」という程度でした。当時の私のように、たとえ今やりたいことが明確に決まっていなくて、将来に漠然とした不安を感じていたとしても、どうか安心してください。
大学には学問、趣味、スポーツなど様々な世界が高校よりも格段に大きく、深く広がっています。将来がわからないままに大学へ入っても、そこですばらしいと思える経験をし、様々な考え方や人物、かけがえのない仲間と出会えるはずです。きっとその中で自分のやりたいこと、軸となる何かを見つけられると思います。
よく「大学に入ることが目標ではない」といわれますが、私はいったんの目標を「大学に入ること」としても間違っているとは思いません。未知の世界が広がる大学で過ごす4年間で、やりたいことが見つかる大きな可能性があるからです。
将来の漠然とした不安から受験勉強に身が入らない人がいたら、「大学に入ること」をいったんの目標にして、充実した大学生活を送っている自分を
想像してみてはいかがでしょうか。

私の大学 ~後輩の皆さん、こんな大学です~

石井 彩摘さん

いしい あつみ:愛知県立 時習館高校卒 医学部保健学科(看護学専攻)2年

どのような高校生でしたか?名古屋大学を志望したきっかけは?


高校に入学した頃は勉強にあまり力を入れておらず、高2生の最初のテストで成績の低さ、提出物に対しての自分の杜撰さを強く感じてから、真剣に取り組むようになりました。その中で身につけた勉強する習慣を受験勉強に活かすことができました。
私は、小・中学生の頃から看護に関わる仕事がしたいと思っていました。大学も看護学を学べるところに進みたいと考えていた中で、高校生になってから助産師になりたいと強く思うようになり、自宅からの通学が可能で、助産師の資格が大学在学中(選抜制)で取得できる名古屋大学に興味を持ちました。オープンキャンパスに参加し、大学の雰囲気や充実した実習環境を見て、「ここで看護学を学びたい!」と強く思うようになり、名古屋大学を志望しました。
なお、私は推薦入試で合格しました。その際に受けた面接では、面接官から聞かれる内容がおおよそめられていたので、あらかじめ述べたいことをまとめておき、面接に臨むことができました。面接対策は、その述べたいこと、自分の考えをスラスラと話せるように担任の先生と何度も練習しました。もちろん、試験本番では緊張しました。でも、それまでやってきた面接の練習を思い出し、自分なりに堂々と答えることができました。やはり、練習に勝るものなしです。練習することで修正すべきところに気がつくからです。面接試験を受ける受験生の皆さんは、たくさん練習を積み重ねていき、自信を持って挑めるように頑張ってください!

どのようなキャンパスライフを送っていますか?


2年生になり、1年生の頃は教養科目が週3日であったのが、週5日で専門科目がある時間割になり、いよいよ看護師になるための本格的な勉強に入りました。前期では、採血や血圧測定、洗髪や清拭といった基礎的な看護演習の授業があり、初めて看護師が実際に病院で行う看護方法などを学びました。さらに、後期になってからは、聴診や問診、触診などを行う「フィジカルアセスメント」という授業を受けています。これは患者役と看護師役に分かれ、「この部分に異変があるから、この疾病が疑われる」といった患者の状態を見ながら、他の病気との関連を見つけていく、臨床での看護師の仕事にかなり近い演習の授業です。関連を見出すのがとても難しく、まわりの同級生たちと試行錯誤しながら取り組んでいます。このような授業や演習を通して、来年(2018年)2月に行われる、2週間の病院実習の準備を着々と進めています。また、1年生の頃は看護の歴史や概念など、看護学を大きくとらえる授業が多かったのですが、小児看護学や急性看護学など分野ごとの授業が多くなりました。授業の量もかなり多くて大変ですが、自分の興味のある看護学を深く勉強することができ、とても嬉しいです。部活動は、医学部バレーボール部に入っていて、週3回活動しています。私はセンターというポジションで、おもにスパイクやブロックの練習をしています。バレーは大学から始めたのですが、奥が深く、とても難しいスポーツです。しかし、チームプレーならではの達成感を得ることもとても多く、仲間と切磋琢磨しながら楽しくバレーをしています。大学入学前は授業も毎日、部活も週3とこんな忙しい生活を送るとは思っていませんでしたが、今ではこのような生活にも慣れ、とても充実した大学生活を送っています!

安心感を与えられる看護師になりたい!


私は、悩みや不安を抱えている患者さんに、安心感を与えられるような看護師になりたいと思っています。その中でも、だんだんと同性である女性の役に立ちたいと思うようになり、助産師を目指そうと中学生の頃に決めました。助産師の仕事は命の誕生というすばらしい瞬間の手助けをするというのがおもな仕事ですが、その他にも、出産時だけでなく妊娠時や出産後もケアを行い、また赤ちゃんのケアだけでなく、出産をする妊婦さんやその家族の育児指導といった出産に関わるすべての人のことを考えなければならない仕事です。
私は、子どもの頃に「病気は悲しいことだけど、出産だけは嬉しいもの」と思っていましたが、大学で学んでいるうちに考えが全く変わりました。持病を抱えながら出産をする人、出産途中に赤ちゃんも妊婦さんも心拍が下がってしまう事例など母子の命に関わることがたくさんあることを知りました。身体面だけでなく、うつ状態に陥ってしまったり、家族との関係が壊れてしまったりと、精神的にも影響があることもあり、子どもが生まれてくることは、本当に奇跡であるということを知りました。そのようなことから、私は出産という奇跡の手助けをしたい、お母さんが子どもを産んで良かったと思ってもらえるように働きたいと強く思うようになりました。人によって悩みや不安は異なりますが、その人に合ったアドバイスやケアなどを考えながら、出産を迎える家族に寄り添えるような助産師になりたいです。看護師や助産師は患者さんに今の自分の状態についてや、セルフケアの方法についてなど、様々な会話を通じてアセスメント(治療していく中で看護上の問題点はないかを判断すること)することが大事だと学びました。そのためにも、大学での生活やアルバイトでたくさんの人と関わることでコミュニケーション能力を磨くよう心がけ、表情や言動から「どういう思いを抱いているのか」「何をしてほしいのか」といったこと考えるように意識しています。日常生活を通して、自分の理想としている看護師像や助産師像に近づけるように日々模索中です。

吉川 拳人さん

よしかわ けんと: 神奈川県 私立神奈川大学附属高校卒 工学部環境土木建築学科2年

国立大学への進学を諦めずに受験勉強に取り組みました


大学選びで、まず念頭にあったのが国立の総合大学に進学したいということでした。学費も安く、勉学など将来のために得られるものが国から推奨されている点に魅力を感じたからです。成績は校内でも高い方で、文系科目の方が比較的良かったので、東京大学を目指しましたが、合格ラインに到達できず、それでも国立大学に進みたくて旧帝大の中でも英語をうまく活用して合格を狙える大学を探した結果、名古屋大学を受験することに決めました。学部選びについては、高2生の頃に機械工学と建築の2つを選択肢として思い描く中で、高3生になってから建築デザインに興味が向き、併も含めて建築系の学部学科がある大学を受験しました。

今は数学の基本から。専門に向けて日々勉強中です


今は、コースに振り分けられる前の1年次の段階なので、文系教養的な授業もある中で、数学の基本から応用的な内容までを学んでいます。特に、複雑な立体的な作図の授業や物理のモーメントや力のつり合いを剛体で考える構造力学の勉強などは非常に面白いです。サークルはテニスと異文化交流の活動に力を入れています。入学前は、国立大学には留学生が多く在籍していて、自然と彼らとの交流ができるのかなと思っていましたが、実際は日本人学生とは別の棟で勉強しているのです。そのため、留学生との交流がすぐにはできないことが意外に感じられました。私は、高校生の頃から留学をしてみたいと思っていました。ただ、留学先での建築関係の勉強が日本に帰国後に必ずしも活かせないケースがあるらしいのです。そこで、海外の大学院を受験し、現地で建築関係の仕事に就職するのを目標に勉強中です!

先輩たちの「生の声」入試アドバイス

入試本番アドバイス

「いつもどおり」を心がけましょう!


入試本番は緊張するのがあたりまえです。私もとても緊張したので、リラックスするために甘いものを食べたり、お昼休みに友だちと話したりしていました。落ち着いて試験に取り組めば、いつもどおりの力が発揮できると思います。また、私は試験会場にはいつも使っている自分のノートや参考書を持っていき、不安になったらそれらを見て、今まで自分のやってきたことを思い出していました。入試本番まで皆さんもたくさん勉強してきたと思います。「これだけやってきたから大丈夫だ!」と自信を持って試験に挑んでください!(医学部保健学科 石井さん)

最後まで実力を発揮できるように!


受験のために名古屋にやって来て、ホテルに宿泊していた私は、試験直前であることに加え、知らない土地にいることで気持ちが落ち着かなくなり、全く勉強が手につきませんでした。そこで、試験前日に試験会場へ下見に出かけたり、気休め程度に今まで一番使ってきた参考書を眺めたりして過ごしました。入試は2日間かけて行われますが、私は初日に手応えがなく、2日目の得意の数学に期待をかけました。とはいえ、今さら何をどうしたらいいかわからなくなり、ただただ不安でした。そこで、思い切って何もせずに、名古屋まで一緒に来てくれた母親と、おいしいものを食べに出かけて、床に就きました。試験期間が長くなればなるほど、しんどくなることがあります。試験が終わるまで全部のことを我慢するのではなく、たまには息
抜きをして、最後まで実力を発揮できるようにしましょう。(工学部 加藤さん)

向き合うべきは、目の前の試験問題だけです


名古屋大学の受験当日は、これまでの自分の勉強だけが試験に反映されると思っていたので、まわりの話や意見に大きく左右されずに、自分だけの時間をしっかりと持ち、静かに出された問題を解いていこうと心に決めて取り組みました。試験中に「こうなったらどうしよう」「ああなったらこうしよう」のような、あらかじめ色んなイメージを持たずに、ただ淡々と化学なり英語なりの暗記科目の復習を続けるのがいいのではないかと思います。他大学の受験に関しても同様です。友人が同じ試験を受けていようが、隣の人がライバルだろうが、便宜上同じ場所で受けているだけ。審査されるのは解答用紙のみです。そう思って、あくまで目の前の出題にだけ向き合いましょう。(工学部 吉川くん)

↑TOPへ戻る