学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 情報
  • 医療
  • 芸術
↑TOPへ戻る

概要

自由闊達な学風のもと、先端的な学術研究のリーダーを育成

創造的な研究活動により知的成果を生み出すこと、論理的思考力と想像力に富む指導的役割を担う人材育成を基本目標に、具体的な中長期プラン“NU MIRAI 2020”を掲げる。自発性を重んじる学風が特色である。

↑TOPへ戻る

アクセス

●東山キャンパス
・名古屋市営地下鉄名城線「名古屋大学駅」下車
●鶴舞キャンパス
・JR・名古屋市営地下鉄鶴舞線「鶴舞駅」から徒歩約5分
●大幸キャンパス
・名古屋市営地下鉄名城線「ナゴヤドーム前矢田駅」から徒歩約5分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数(合計:2999名)
教授:652名 准教授:518名 講師:1436名 その他:393名
生徒数(合計:9724名)
男:6758名 女:2966名
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 821,100~825,600円
周辺家賃相場 50,200~76,600円
学寮あり
↑TOPへ戻る

校歌

↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1920年 設立
愛知県立医学専門学校が発展し、県立愛知医科大学を設立
1931~39年 官立移管、改称
官立に移管し、名古屋医科大学 に改称。39年、名古屋帝国大学となる。医、理工学部を設置
1949年 学部設置
他の旧制学校と合併し、新制名古屋大学となる。文、教育、法、経、理、医、工の6学部体制に
1950~51年 学部改組
法経学部が法、経済学部に分離。51年、農学部を設置
1991〜2003年 大学院整備
大学院を中心に改組
2004年 法人化
国立大学法人名古屋大学となる
2017年 学部改組など
情報文化学部を改組し、情報 学部を設置
主な出身者飯田祐子(名古屋大学大学院教授)、藤井知昭(国際文化研究所長)、立川武蔵(国立民族学博物館名誉教授)、坪井秀人(国際日本文化研究センター教授)、谷謙二(埼玉大学准教授)、吉津直樹(下関市立大学名誉教授)、所功(京都産業大学名誉教授)、山崎圭(中央 大学教授)、髙橋晋也(東海学園大学教授)、野中健一(立教大学教授)、与良正男(毎日新聞社専門編集委員)、辻真先(アニメ脚本家、ミステリー作家)、丹野みどり(フリーア ナウンサー)、伊藤義美(名古屋大学大学院教授)、飯島敏文(大阪教育大学教授)、上田孝典(筑波大学 准教授)、姉崎洋一(北海道大学名誉教授)、小林佐知子(静岡県立大学教授)、宮田学(名 古屋市立大学名誉教授)、澤田稔(上智大学教授)、速水敏彦(中部大学特任教授)、堀田 あけみ(作家、椙山女学園大学教授)、富田眞司(日本元気シニア総研創立者)、夏目みな 美(中部日本放送アナウンサー)、浦口史帆(東海テレビアナウンサー)、大西朗(豊田自動織機社長)、丹羽宇一郎(日本中国友好協会長)、本秀紀(名古屋大学大 学院教授)、佐久間修(名古屋学院大学教授)、小野田正利(大阪大学大学院教授)、成田 清(弁護士)、鬼頭季郎(弁護士)、村千鶴子(弁護士)、朝見行弘(弁護士)、石岡琉衣(小 説家)、吉田一貴(NHKアナウンサー)、熊谷章洋(フリーアナウンサー)、武藤光一(商船三井会長)、上岡崇(双信電機社長)、石黒不二代(ネットイヤーグループ 社長兼CEO)、内田良(名古屋大学大学院准教授)、後藤美香(東京工業大学教授)、宮本 憲一(大阪市立大学名誉教授)、奥村洋彦(学習院大学名誉教授)、鈴木亜由子(陸上選手)、 若狭敬一(中部日本放送アナウンサー)、豊沢純子(大阪教育大学准教授)、山田健太(理化学研究所特別研究員)、伊藤慎也(弁護 士)、若月弘一郎(フリーアナウンサー)、小林誠(ノーベル物理学賞受賞者、名古屋大学特別教授)、益川敏英(ノーベル物理学賞 受賞者、名古屋大学特別教授)、竹市雅俊(京都大学名誉教授)、伊藤剛(漫画評論家、東 京工芸大学教授)、三遊亭圓王(落語家)、松尾清一(名古屋大学総長)、櫻井英俊(京都大学iPS細胞研究所准教授)、板倉敦夫(順 天堂大学教授)、市原学(東京理科大学教授)、湯澤由紀夫(藤田医科大学病院長)、柴原 慶一(医師、アンビスホールディングス社長)、篠田達明(医師、小説家)、今枝宗一郎(衆議院議員)、岡本充功(衆議院議員)、天野浩(ノーベル物理学賞受賞者、名古屋大学大学院教授)、豊田章一郎(トヨタ自動車 名誉会長)、内山田竹志(トヨタ自動車会長)、日髙祥博(ヤマハ発動機社長)、宮池克人(中日本高速道路社長兼CEO)、伊藤義人(名古屋大学名誉教授)、板倉文忠(名古屋大学名誉教授)、森政弘(東京工業大学名誉教授、「ロボコン」提唱者)、西永頌(豊橋技術科学 大学名誉教授)、森博嗣(推理作家)、柴田崇徳(ロボット工学研究者、アザラシ型メンタ ルコミットロボット「パロ」開発者)、舘本勲武(デリカフーズ会長)、吉田康(ブルボン社長)、吉村崇(名古屋大学大学院教授)、 海老原史樹文(関西学院大学教授)、加藤雅士(名城大学教授)、島川未有(四国放送アナウンサー)
特待生制度あり
学外試験場なし
附属小学校なし
附属中学校あり
付属高校あり
↑TOPへ戻る

Q&A

学生に対する支援制度にはどのようなものがあるの?

奨学金や学生寮だけでなく、優秀学生に対する顕彰制度も整備されています。名古屋大学では経済的に就学が困難で、人物と学業共に優秀な学生を対象に入学金の免除や徴収猶予、学期ごとでの授業料免除措置を受けられる制度を設けています。入学前1年以内に学費負担者の死亡もしくは風水害による被害のために入学金の納付が困難になった学生にも、入学金の半額または全額が免除される制度があります。名古屋大学独自の奨学金制度「下駄の鼻緒奨学金」は、学部と大学院の最終学年に所属する学生4名を対象に60万円を給付しています。同じく大学独自の奨学金である「ホシザキ奨学金」は、工学部3年次生と大学院工学研究科の学生5?15名程度を対象に、144万円を2年間にわたり給付する制度です。また、海外留学に参加する学生には、名古屋大学基金から往復の渡航費の全額または一部を助成する制度も用意されています。理系学部を中心に大学院への進学率が高い名古屋大学では大学院生向けの支援も充実しており、博士後期課程で高水準の研究と認められた優秀な学生に対し50万円を贈呈する「学術奨励賞」を設けています。生活面では通学が片道2時間以上かかる学生をおもな対象者として、大学附属の学生寮「国際嚶鳴館」を東山キャンパス近くに設けています。日本人学生と海外からの留学生が共同で生活し、国際交流の場ともなっています。入居期間は原則1年間です。選考基準には家計も含まれ、生活困窮度の高い順に入居が許されます。寄宿寮は月額16,000円です(2020年度予定額)。また、大学生協を通じたアパートなどの斡旋や紹介も行われています。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

どのような国際交流の取り組みがあるの?

留学や国際交流に関する多彩なプログラムが用意されています。名古屋大学では、59の国と地域にある434の大学や研究機関と学術交流協定を結び(2019年度)国際交流を推進しています。2018年度には1,100名以上の学生が留学に参加しました。全学生が卒業までに留学することを目標に掲げ、各種留学プログラムを提供しています。全学交換留学プログラムでは学術交流協定を結んでいる大学に最長1年間留学し、現地の学生と共に自らの専門分野を学びます。勉学への真摯な取り組みや定期的な報告を求められますが、留学先大学での授業料の免除や専任の教員による個別相談などのサポートが受けられます。留学先は学術交流協定を結んでいる世界の150以上の大学から選ぶことができます。「教養教育院」が開講する教養科目には海外留学を伴うものがあります。留学期間は長期休暇中の2~4週間程度で、渡航先はアメリカ、ウズベキスタン、タイ、イギリス、中国など様々です。現地では専門講義の履修や企業訪問などが行われ、名古屋大学での学習と留学先での学習に一貫性をもって取り組みます。学部独自の留学制度も整備されています。文学部では木浦大学(韓国)の学生との学術交流が、理学部ではマンチェスター大学(イギリス)の生命科学部との学生交換、医学部においてはデューク大学(アメリカ)などへの海外臨床実習体験プログラムが、農学部ではタイやカンボジアの大学で国際農業研修が行われています。名古屋大学は、文部科学省が指定する「スーパーグローバル大学創成支援」においてトップ型13大学の1つに選定され、国際レベルの研究力強化やアジアにおける拠点の展開など、国際化に取り組んでいます。学部レベルでも英語での授業科目数を増やしている他、外国で教育を受けてきた学生向けに英語のみで学位を取得できる「G30国際プログラム」が提供されています。

就職への支援体制はどうなっているの?

個別相談や各種ガイダンスなどで就職活動を手厚くサポートします。名古屋大学では「キャリアサポート室」を設置し、全学生を対象に就職活動に関する様々なイベントを行うなど学生のキャリア形成をサポートしています。キャリアカウンセラーによる個別就職相談では、進路や就職に関する悩みの相談、提出書類のチェック、面接の練習などのサポートが提供され、多くの学生が利用しています(事前予約制)。また、就職に関する各種のガイダンスをはじめとして、グループディスカッションや個人、集団面接の対策などを学べる就活実践講座、就職相談員も交えて他の就活生と語り合える就活サロンなども開かれています。教員志望者向けに行われる面接の練習会や公務員志望者を対象とするグループディスカッション対策講座、現役の官公庁職員による講演など、一般企業以外への就職希望者に対しても多彩な支援がなされています。進路の決まった学生が後輩の就職活動を支援する「就活サポーター」の制度もあります。例年、12月から3月まで「就活サポーター」が「キャリアサポート室」に常駐し、就職活動に関する質問や相談に応じています。将来希望する職業を見すえ職場体験を行うインターンシップへのサポートも行われています。自分の適性や志向と向き合い具体的に将来を考える機会として、例年、数多くの学生がインターンシップに参加しています。名古屋大学ではインターンシップを希望する学生に対し、例年4月と5月に事前研修会を実施しており、過去にインターンシップに参加した学生による体験報告やビジネスマナーの研修などが行われます。インターンシップを授業科目として単位認定している学部もあります。
↑TOPへ戻る