学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 教育人間
  • 情報
  • 芸術
↑TOPへ戻る

概要

主体的に学び、挑戦する知性をはぐくむ

キリスト教を基盤とした個性を重んじるリベラル・アーツ教育を通して、世界に貢献する「専門性を持つ教養人」を育成する。確立した自己、幅広く深い知性と能力を兼ね備えた、国際社会で活躍する力を養う。

↑TOPへ戻る

アクセス

・JR「西荻窪駅」から徒歩約12分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

413名(教授:84名 准教授:27名 講師:302名)

生徒数

4,204名
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 1,236,000~1,316,000円
周辺家賃相場 65,000~121,100円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1918年、開学。1948年、新制大学として発足し、文学部を設置。1961年、文理学部を改組設置。 1988年、現代文化学部を設置。2009年、2つの学部を改組し、現代教養学部を設置。2018年、創立100周年を迎えるにあたり、国際英語、心理・コミュニケーションの2学科を新設し、現在に至る。
特待生制度あり
学外試験なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

東京女子大学の特徴的な入試について教えて!

東京女子大学では「知のかけはし入学試験」を現代教養学部の全学科で実施しています(2019年度)。大学が指定する英語の外部検定試験において一定の基準以上の成績を満たしていることを出願条件としています。第一次選考は書類審査、第二次選考は講義、小論文、グループディスカッション、面接、基礎学力検査による選抜です。なお、募集定員は学科によって異なり、全学科の合計で20名です。その他にも、特色のある入試として、英語外部検定試験利用型の一般入学試験があります。大学が指定する英語外部検定試験のスコアを提出することで、一般入学試験の外国語の試験が免除されます。また、全学科で指 定校推薦入試を実施しています。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

東京女子大学には、どんな奨学金があるの?

大学独自の奨学金制度である「東京女子大学奨学金」は、返還不要の授与奨学金と卒業後に返還する貸与奨学金(無利子)があり、出願時には予約奨学生も募集されています。また、「知のかけはし入学試験」合格者の中で希望する者には、「『挑戦する知性』奨学金」または「知のかけはし学寮奨学金」が4年間授与されます。また、家計急変により学業の継続が困難になった学生に授与される「学生生活緊急援助金」なども用意されています。その他に、日本学生支援機構の奨学金なども利用可能です。

東京女子大学ならではのカリキュラムって何?

「キャリア・イングリッシュ課程」は、1年次の希望者から選抜された者が、2~4年次にわたり英語で自己発信する力を身につけるための科目を受講できるプログラムです。修了認定時にはプレゼンテ ーション実技試験が課されます。また、全学生が参加可能なものとして「キャリア・イングリッシュ・アイランド」プログラムがあります。英語学習やキャリア形成のための様々な啓発活動を通じて、英語を使用する仕事に必要な知識や心構えを養います。
↑TOPへ戻る