学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 情報
  • 医療
  • 芸術
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

創造性豊かな「知の創造の拠点」を目指す

高いレベルの知識と技術を兼ね備えた、目的意識と主体性を旨に、地域社会などで活躍できる人材を育成する。市民と共に歩む大学として、産学官連携を推進して研究・教育成果を幅広く社会に発信している。

↑TOPへ戻る

アクセス

●桜山(川澄)キャンパス(医、看護学部)
・名古屋市営地下鉄桜通線「桜山駅」下車
●滝子(山の畑)キャンパス(経済、人文社会、総合生命理学部)、 田辺通キャンパス(薬学部)、北千種キャンパス(芸術工学部)
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

526名(教授:146名 准教授:123名 講師:116名 その他:141名)

生徒数

3,838名(男:1,723名(44.9%)女:2,115名(55.1%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 857,705~1,062,105円
周辺家賃相場 50,500~78,700円
学寮なし
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1950年、名古屋女子医科大学と名古屋薬科大学を統合し、医学部と薬学部を有する名古屋市立大学が発足。1964年、経済学部を設置。1996年、人文社会学部と芸術工学部を設置。1999年、看護学部を設置。2006年、公立大学法人化。2018年、総合生命理学部を設置し、現在に至る。
特待生制度なし
学外試験場なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

学生生活へのサポートには何があるの?

名古屋市立大学では経済的理由で授業料の納付が著しく困難でありかつ成績優秀と認められる場合は、経済状況により段階に応じて授業料が減免される制度を設けています。 その他にも、日本学生支援機構による奨学金の他、地方自治体や民間団体による奨学金制度も利用できます。また、学生の自主的な学習活動をサポートするため、TOEICやTOEFL、公認会計士、行政書士、基本情報技術者など大学が定めた資格について、資格試験に合格した学生に受験料の全額を補助する制度を設けています。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

教養教育では何が学べるの?

名古屋市立大学では、1・2年次(学部によっては1年次のみ)の学生を対象に滝子キャンパスで教養教育が行われています。 大学における学びの作法や大人としての自己管理法、キャリア形成、教員の研究の最先端や名古屋という地域の特色を学ぶ「大学特色科目」の他、各自のレベルやニーズに合わせた語学プログラム、学部混成の少人数グループで特定の地域の課題解決を考える地域参加型学習などが特徴です。山村や里山、動植物園、博物館など学外で実地調査や実習を行う科目や、ボランティア活動を単位として認める「ボランティア科目」もあります。

キャリア形成や就職への支援について知りたい!

名古屋市立大学では、学生が自主自立し高い志を持って社会へ巣立つことを目的に、「キャリア支援センター」が様々なサポートを行っています。 学生が自分の適性や能力、関心、自分らしい人生のあり方を考えられるよう、キャリア支援専門員が個人面談を行っている他、企業情報や就職活動関連の情報提供、卒業生との懇談会の開催、面接対策講座や公務員セミナーといった実践的な講座の開講もしています。また、就職支援サイト「キャリアNAVI」では、大学に届いている求人情報やインターンシップ情報、先輩たちの就職活動体験談などの閲覧、セミナーやガイダンスなどへの参加予約などが可能です。
↑TOPへ戻る
大学名名古屋市立大学
国/公/私公立
住所愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
入試関連
問合せ先
学生課入試係(桜山キャンパス)