学べる学問

  • 社会国際
  • 商 経済
  • 生命環境
  • 情報
  • 芸術
↑TOPへ戻る

概要

「世界文化に技術で貢献する」という理念のもとに

未来ロボティクスやデザイン科学などの最先端分野に挑戦する精神を培う。「師弟同行、師弟共生」の教育方針のもと、高い知識と広範な教養によって「学び」「思考」「創造」を自発的に行う人材を育成する。

↑TOPへ戻る

アクセス

●新習志野キャンパス(1・2年次)
・JR「新習志野駅」から徒歩約6分
●津田沼キャンパス(3・4年次)
・JR「津田沼駅」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

536名 (教授:172名 准教授:91名 講師:250名 その他:23名)

生徒数

9,389名(男:8,069名(85.9%)女:1,320名(14.1%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 1,674,500円
周辺家賃相場 35,000~88,700円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1942年、興亜工業大学として発足。1950年、新制千葉工業大学として、機械工、金属工、工業経営の3つの学科を設置。1953年、電気工学科を設置。2001年、工学部を改組し、情報科学部、社会システム科学部の2つの学部を設置。2016年、工学部を改組し、現在に至る。
主な出身者上村雅之(任天堂「ファミコン」開発者)、吉﨑秀雄(YKK AP会長)、堀池洋平(モン ドデザイン代表取締役)、日髙孝一(銀座ヨシノヤ社長)、安孫子建雄(江別製粉社長)、 鬼柳一宇(アイオー精密会長)、湯本卓邦(長電バス代表取締役)、中村出(トヨトミ会長)
特待生制度なし
学外試験場あり
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

推薦入試やAO入試について教えて!

千葉工業大学では、推薦入試やAO入試が実施されています(2019年度)。「公募制推薦入試」は全学部で募集があり、数学、外国語(英語)、理科の評定平均3.3以上、「専門高校推薦入試」は数学、外国語(英語)、理科、専門の4つの教科で評定平均3.5以上を出願要件とし、読解力テストや面接などで 審査されます。センター試験は課されません。全学部で実施されている「AO創造入試」は、筆記試験では評価が難しい個性や目的意識にフォーカスし、ものづくり、デッサン、プレゼンテーションなどの実技試験と面接で審査を行い、センター試験は課されません。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

英語の外部検定試験が入試に利用できるって本当?

センター試験利用入試の前期、中期において、英語外部検定試験の成績が利用できます。大学が定めた検定試験の基準を満たした成績を有する受験生は、その成績に応じて換算された得点をセンター試験の「外国語」の試験の成績とすることができます。センター試験の「外国語」も受験した場合は、外部検定試験による換算点とセンター試験の得点のうち高い方を利用することが可能です。対象となる外部 検定試験はTOEFL iBT、TOEIC、IELTSなどです。

特徴的な教育制度はあるの?

千葉工業大学では単位互換制度やグローバルラウンジなどにより、様々な学びの支援体制を整えています。千葉大学工学部をはじめとして、33の単位互換包括協定参加校との単位互換制度を活用することで、幅広い知識と経験が得られます。なお、協定校での取得単位は、30単位まで千葉工業大学の単位として認定されます。また、実践的英語力を高めるため新習志野キャンパスには「グローバルラウンジ」を開設しています。大学間包括連携協定のもと、常駐する神田外語大学の外国人講師と気軽に英語で会話を楽しむことができます。
↑TOPへ戻る
大学名千葉工業大学
国/公/私私立
住所千葉県習志野市津田沼2-17-1
入試関連
問合せ先
入試広報課(津田沼キャンパス)