学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 情報
  • 体育
  • 芸術
↑TOPへ戻る

概要

「良心を手腕に運用する人物」を育成する

創立者・新島襄の精神に則り、良心教育のもと、キリスト教主義、自由主義、国際主義を教育理念に掲げる。建学の志を受け継ぎ、時代に流されることなく確かな理念で勉学に励み、次代へとまなざしを向けていく。

↑TOPへ戻る

アクセス

●今出川キャンパス(神、文、法、経済、商学部)
・京都市営地下鉄「今出川駅」から徒歩約1分
●京田辺キャンパス
・近鉄京都線「興戸駅」から徒歩約15分
・JR「同志社前駅」から徒歩約10分
●新町キャンパス
・京都市営地下鉄「今出川駅」から徒歩約10分
●烏丸キャンパス
・京都市営地下鉄「今出川駅」から徒歩約5分
●学研都市キャンパス(学部以外設置)
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数(合計:800名)
教授:502名 准教授:161名 講師:0名 その他:137名
生徒数(合計:27024名)
男:15441名 女:11583名
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 1,207,000~1,720,000円
周辺家賃相場 46,100~88,900円
学寮あり
↑TOPへ戻る

校歌

↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1875年 設立
官許同志社英学校として設立
1920年 大学昇格
大学令により同志社大学を開校。文、法学部を設置
1948年 新制移行
神、文、法、経済学部を設置
1949年 学部設置
商、工学部を設置
2005年 学部設置
社会、文化情報学部を設置
2008年 学部設置・改組
生命医科学、スポーツ健康科学部を設置。工学部を理工学部に改組
2009年~13年 学部設置・改組
2009年に心理学部、11年にグローバル・コミュニケーション学部、13年にグローバル地域文化学部を設置
主な出身者【神学部】内田誠(日産自動車社長兼CEO)、水谷誠(同志社大学大学院教授)、佐藤優(作家)
【文学部】魚谷雅彦(資生堂社長兼CEO)、秋田拓士(近鉄百貨店社長)、筒井康隆(小説家)、藤野可織(小説家)、門井慶喜(小説家)、黒川創(小説家)、澤田瞳子(小説家)、武田綾乃(小説家)、赤神諒(小説家)、中村うさぎ(作家)、椹木野衣(美術評論家、多摩美術大学教授)、池坊専永(華道家元)、前野博紀(華道家)、井上トシユキ(ジャーナリスト)、新茂之(同志社大学教授)、米澤泉(甲南女子大学教授)、浜村淳(パーソナリティ、映画評論家)、中谷しのぶ(読売テレビアナウンサー)、八木早希(フリーアナウンサー)、東ブクロ(お笑い芸人)
【社会学部】西井孝明(味の素社長)、保阪正康(ノンフィクション作家)、岡田忠克(関西大学教授)、生瀬勝久(俳優)、田尾安志(プロ野球解説者)、木村政雄(フリープロデューサー)、福井麻里子(アールトインターナショナルジャパン創業者兼CEO)、塚本麻里衣(朝日放送アナウンサー)、松岡史子(日本海テレビアナウンサー)、西山穂乃加(テレビ新広島アナウンサー)、久下真以子(フリーアナウンサー)、薄田ジュリア(フリーアナウンサー)※前身の学部学科出身者含む
【法学部】谷本義高(関西外国語大学長)、新茂之(同志社大学教授)、村上一博(明治大学大学院教授)、真山仁(小説家)、福本武久(小説家)、小手鞠るい(小説家)、有栖川有栖(推理作家)、芦辺拓(推理作家)、深澤弘樹(駒澤大学准教授)、長倉洋海(フォトジャーナリスト)、中村計(ノンフィクション作家)、中村浩美(科学ジャーナリスト、航空評論家)、菅生新(放送ジャーナリスト、経営コンサルタント)、野村絵理奈(KEE'S社長、ミス・ユニバース・ジャパン・スピーチレッスン公式サプライヤー)、福山哲郎(参議院議員)、真木ひろか(タレント)、平松翔馬(読売テレビアナウンサー)、吉崎仁康(フリーアナウンサー)、落水七重(フリーアナウンサー)
【経済学部】八田英二(同志社大学理事長兼総長)、柿野欽吾(京都産業大学理事長)、森田祐司(会計検査院長)、井上礼之(ダイキン工業会長)、増田宗昭(カルチュア・コンビニエンス・クラブ社長兼CEO、TSUTAYA会長兼CEO)、村田恒夫(村田製作所会長兼社長)、山田義仁(オムロン社長兼CEO)、田堂哲志(日本ペイントホールディングス社長兼CEO)、河合映治(セリア社長)、小嶋淳司(がんこフードサービス会長)、宮本恒靖(サッカー監督)、坂田好弘(関西ラグビーフットボール協会会長)、原田禎夫(大阪商業大学准教授)、中西哲生(スポーツジャーナリスト)、宮坂学(東京都副知事)、海平和(京都放送アナウンサー)、笹野みちる(ミュージシャン)、藤本恵理子(モデル)、屋敷裕政(お笑い芸人)、もえのあずき(タレント)
【商学部】兼子良夫(神奈川大学長)、三上貴教(広島修道大学長)、森田敏夫(野村證券社長)、大宮久(宝ホールディングス会長)、安原弘展(ワコールホールディングス社長)、朝田文彦(UCC上島珈琲社長)、福井正興(福寿園社長)、柿本優祐(エンリッションCEO)、小栗成男(ネッツトヨタ名古屋社長)、太田雄貴(日本フェンシング協会会長、ロンドン五輪銀メダリスト)、小林誠司(プロ野球選手)、谷口徹(プロゴルファー)、小島伸幸(サッカー解説者)、朝原宣治(元陸上選手、ロンドン五輪銀メダリスト)、国松俊英(児童文学作家)、三上真司(ゲームデザイナー)、尾辻かな子(衆議院議員)、奥野剛(弁護士)、岩田潤(公認会計士、税理士)、福岡良子(気象予報士)、乃木涼介(俳優)、カズレーザー(お笑い芸人)、レイザーラモンHG(お笑い芸人)、西村麻子(毎日放送アナウンサー)、今川菜緒(岡山放送アナウンサー)
【政策学部】森直美(静岡朝日テレビアナウンサー)
【文化情報学部】岡崎体育(ミュージシャン)
【理工学部】松岡敬(同志社大学長)、山口悟郎(京セラ会長)、中川清貴(丸善ジュンク堂書店社長)、山﨑舜平(半導体エネルギー研究所代表取締役)、辻本秀幸(ヴァリューズ社長)、松岡紀史(ライツワードFP代表)、三木光範(同志社大学大学院教授)、西川英彦(法政大学大学院教授)、山崎和佳奈(声優)、小俣純一(弁理士)※前身の学部学科出身者含む
【スポーツ健康科学部】大野ひかる(空手選手)、松井千士(ラグビー選手)
【心理学部】石田希世士(エム・ヴイ・エム商事社長)※前身の学部学科出身者
特待生制度あり
学外試験場あり
附属小学校あり
附属中学校あり
付属高校あり
↑TOPへ戻る

Q&A

どんな奨学金制度があるの?

様々な条件で利用できる独自の奨学金制度が用意されています。同志社大学では経済的な理由により修学が困難な学生や学術、文化、スポーツなど広範囲の分野で成績が優秀な学生に対して、大学独自の各種奨学金を用意しています。
入学前に申請する「同志社大学奨学金(入学前募集)」は、経済的に修学が困難な学生に対して授業料の半額相当を1年間給付する制度です。「同志社大学奨学金」は在学中にも申請でき、家計基準と成績基準の両方を満たした場合に授業料の半額相当を1年間給付しています。
その他にも、経済的な事情により修学な困難な学生を対象に年額30万円を支給する「同志社大学修学支援奨学金」や、災害や不慮の事故などによる家計の急変のため経済支援を必要とする学生に授業料の半額相当を1年間給付する「同志社大学修学特別支援奨学金」なども利用できます。
また、「同志社大学育英奨学金」は勉学意欲が旺盛で学術、文化、スポーツ、社会貢献などの分野でめざましい活躍と実績のあった学生を対象に年額30万円を給付しています。学部長などの推薦を受け学力・人物共に優秀な学生に年額10万円を給付する「同志社大学寄付奨学金」も用意されています。
なお、同志社大学では2020年度に大学独自の奨学金の大幅な制度変更が行われる予定です。詳細は大学発行のパンフレットやホームページなどで必ず確認してください。

国際交流について知りたい!

国際主義を掲げ、豊富な留学プログラムを用意しています。2019年現在、同志社大学では37カ国の153大学と学生交換協定を締結し、これらの協定校に半年間または1年間留学できるプログラムを設けています。所属学部を問わず、ほとんどの学生が派遣留学に出願可能で、年間300名以上が参加できる規模を整えています。留学先では現地学生と同様に専門科目を履修できます。
秋学期を利用した約4カ月間の「セメスタープログラム」は、海外で英語研修を受けながらじっくり英語を学ぶプログラムです。春学期に事前授業を受講し、研修先の国や地域について理解を深めていきます。
同じくおよそ4カ月間にわたり同志社大学テュービンゲンEUキャンパス(ドイツ)で実施される「EUキャンパスプログラム」では、ドイツ語を集中的に学習すると共に現地学生との交流を通じ多様な価値観に触れることができます。なお、海外留学を希望する際には「同志社大学外国派遣留学促進のための奨学金」という専用の奨学金制度を利用できます。
その他にも、「サマープログラム」や「スプリングプログラム」など、夏期や春期の長期休暇を利用して行われる短期留学のプログラムもあります。集中的に外国語の能力を高めると共に、留学先の文化や社会への理解を深め、国際的な視野を養うことができます。
さらには、同志社の創立者である新島襄が卒業したアーモスト大学(アメリカ)への派遣留学制度もあります。年間1名を定員とし、留学期間は2年間です。授業料、滞在費、食費相当額の奨学金が支給され、アーモスト大学の学位を取得できます。

同志社大学ではどのような就職支援が行われているの?

一人ひとりの人生設計を視野に入れた支援体制を設けています。同志社大学では早期からの総合的な職業観をはぐくむべく、1・2年次に「キャリア発見セミナー」や「キャリア体感プログラム」などのプログラムを設けています。低年次の学生を含む全学部生を対象に、就業体験を通して自らの将来設計について考えることを目的としたインターンシップも行われています。
就職活動にあたっては綿密な年間スケージュルのもと、各種の催しが行われています。業界・企業研究や公務員・教員ガイダンス、UターンやIターンを希望する学生向けの様々なサポート、国際機関やグローバルなフィールドを目指す学生を対象としたグローバルキャリアフェアなどがあります。学生一人ひとりへの個別相談も充実しており、大学での学びをどのように活かすか、社会でどのような自己実現を目指すかなど、学生それぞれの希望や個性にふさわしい進路選択を後押ししています。
なお、就職支援のための拠点として、東京と大阪にそれぞれ「東京サテライト・キャンパス」と「大阪サテライト・キャンパス」を設置し、就職情報誌の閲覧、証明書の発行、就職相談などのサポートを行っています。
法曹や会計士などの専門職を目指す学生のために、大学内で受講できる様々な講座も開講しています。法職講座では司法試験や法科大学院(ロースクール)入試へのサポートの他、法廷傍聴の作法など学習に役立つ企画や催しが行われています。会計士講座では公認会計士や税理士などの資格試験講座に加え、日商簿記検定対策講座を開講しています。
↑TOPへ戻る

大学紹介映像公開中

東進TV

大学名同志社大学
国/公/私私立
住所京都府京都市上京区今出川通烏丸東入
入試関連
問合せ先
入学センター入学課(今出川キャンパス)