東大本番レベル模試 京大本番レベル模試 北大本番レベル模試 東北大本番レベル模試 名大本番レベル模試

学べる学問

  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 情報
↑TOPへ戻る

概要

自由な学風と実学を重視し、地域に寄り添う大学

実学・語学・品格を教育理念とし、幅広い視野、豊かな教養、倫理観を兼ね備えた人材を育成する。グローバルな視点から地域経済の発展に貢献する「グローカル人材」の育成を通じ、北海道の経済発展に寄与する。

↑TOPへ戻る

アクセス

・JR「小樽駅」からバス約10分、
「小樽商大前」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

188名(教授:66名 准教授:47名 講師:71名 その他:4名)

生徒数

2242名(男:1318名(58.8%)女:924名(41.2%))
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1911年、官立高等商業学校として小樽高等商業学校を開校。
1944年、小樽経済専門学校に改称。
1949年、小樽商科大学に昇格。
2004年、大学院商学研究科経営管理専攻を改組し、現代商学、アントレプレナーシップの2つの専攻を設置し、現在に至る。
特待生制度あり
学外試験場あり
附属小学校なし
附属中学校なし
附属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

キャリア支援が充実しているって本当?

小樽商科大学では同窓会組織である「緑丘会」による就職支援が行われています。 海外を含め24の支部を持つ「緑丘会」は、東京都内の本部を就職活動の拠点として開放し、東京近郊での就職活動をバックアップしています。「キャリア支援センター」では一般企業と公務員を目指す学生それぞれに対して就職支援スケジュールが組まれ、各種ガイダンスなども企画されています。求人は北海道内だけでなく全国から寄せられ、2019年度は企業に就職した卒業生の約半数が道外に本社のある企業へ就職しています。70もの実践的なゼミが開講されるゼミナール教育の成果として、ゼミ単位で起業する学生ベンチャー企業もあります。また、商科大学でありながら教員免許取得へのサポートも手厚く、特に商学科には2019年度より英語専修が設置され英語の教員免許取得を後押ししています。
↑TOPへ戻る

大学紹介映像公開中

東進TV

大学名小樽商科大学
国/公/私国立
住所北海道小樽市緑3-5-21
入試関連
問合せ先
入試室