学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 情報
  • 芸術
↑TOPへ戻る

概要

「自助協力」を体得し、世界の発展に貢献する

一人ひとりが確固たる自己を確立し各々の道を開拓する「自助」、自立した者どうしの協力関係である真の「協力」からなる「自助協力」の精神のもと、国際性と人間性、及び創造力を兼ね備えた人材を育成する。

↑TOPへ戻る

アクセス

●武蔵野キャンパス(全学部)
・JR・西武多摩川線「武蔵境駅」から徒歩約12分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

515名 (教授:104名 准教授:49名 講師:359名 その他:3名)

生徒数

6,773名(男:4,017名(59.3%)女:2,756名(40.7%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 1,278,000~1,351,500円
周辺家賃相場 64,800~119,100円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1941年、財団法人興亜協会を設立。1955年、亜細亜大学となり、商学部を設置。1964年、経済学部を設置。1966年、法学部を設置。1970年、商学部を改組し、経営学部を設置。1990年、国際関係学部を設置。2016年、都市創造学部を設置し、現在に至る。
特待生制度あり
学外試験場あり
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

亜細亜大学の推薦・AO入試について教えて!

亜細亜大学では推薦入試を全学部で、AO入試を経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科で、それぞれ実施しています(2019年度)。 AO入試の選抜方法は、新聞記事の理解力試験や書類審査による一次審査、集団での面接・討論による二次審査により最終合格者を決定するものです。募集定員は53 名です。その他、推薦入試では「グローバル人材育成入試」や「ポーツ・ホスピタリティ推薦入試」など特色ある選抜方式を導入しています。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

奨学金制度はどうなっているの?

大学独自の給付型奨学金制度には、成績優秀者を対象とする「亜細亜学園奨学金」「東急奨学金」「青々会奨学金」をはじめとして、一定の条件に該当する者が対象となる「太田奨学基金育英奨学金」「亜細亜学園災害被災者救援奨学金」「亜細亜学園山口年一奨学金」なども設けられています。 一般入試の合格者のうち成績上位者に対する授業料が免除される特待生制度や留学時の奨学金支給制度、日本学生支援機構や地方自治体などによる各種奨学金も利用できます。

特徴的なカリキュラムはあるの?

亜細亜大学では異文化理解力と国際力の向上を図り、アジアを中心とした14の言語の授業が開講さ れています。 また、「行動力あるアジアグローバル人材」の育成のため、基盤となる力を身につける 専門講義や少人数ゼミナールなどの充実したカリキュラムが整備されています。例えば、経済学部経営学科では、1年次からゼミナール形式での授業を行い、自主的な学びを育てます。また、同学科では、「アジアのビジネス環境」や「アジアの企業と経営」など、アジアに関する授業が数多く開講されています。
↑TOPへ戻る
大学名亜細亜大学
国/公/私私立
住所東京都武蔵野市境5-24-10
入試関連
問合せ先
入試課