学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 情報
  • 医療
  • 体育
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

地球的な視野から、地域社会の発展に貢献する

「道を修める」を建学の精神に、知識と技能、思考力、判断力、表現力、協創する態度などを養う。海外の教育機関と連携した海外体験プログラムや、留学生と共に学ぶ「グローバル科目」を設けている。

↑TOPへ戻る

アクセス

JR「横川駅」からバス約19分、「修道大学キャンパス」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

202名(教授:136名 准教授:43名 講師:9名 その他:14名)

生徒数

6320名(男:3985名(63.1%)女:2335名(36.9%))
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1725年、広島藩校講学所を開所。1887年、私立修道学校を設立。1960年、広島商科大学に昇格し、商学部を設置。1973年、人文学部を設置し、広島修道大学に改称。1976年、法学部を設置。2017年、健康科学部を設置。2018年、国際コミュニティ学部を設置し、現在に至る。
特待生制度なし
学外試験場あり
附属小学校なし
附属中学校あり
附属高校あり
↑TOPへ戻る

Q&A

学生支援には、どのようなものがあるの?

広島修道大学では経済的事情により修学が困難な学生などを対象に、日本学生支援機構や地方自治体などの奨学金制度を利用できます。 大学独自の「広島修道大学修学奨学金」「広島修道大学経済支援奨学金」「広島修道大学同窓会奨学金」は、返済義務のない給付型奨学金です。その他にも、学業や課外活動、資格取得においてすぐれた学生を対象に奨学金が給付される「スカラシップ制度」が設けられています。例えば、「資格取得スカラシップ制度」は難易度の高い資格を取得した学生に5万円または3万円の奨学金を給付します。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

特徴的な学習制度はあるの?

広島修道大学は、学生が自ら将来を切り開く力を育てられる教育プログラムを構成しています。 例えば、「グローバル科目」は広島修道大学が持つ国際交流の機会を活用した科目で、留学生と共に実践的な課題に取り組み、国際社会で活躍できる人材を育成します。1年次から全学部共通で履修する「修道スタンダード科目」では、大学での学びに求められる学習スキルや専門分野の基礎、情報処理力などを身につけていきます。「共通教育科目」では、全学生を対象に教養科目、外国語科目、保健体育科目を開講し、主専攻科目以外の興味や関心のある分野などを学ぶことで学部の壁を越えた幅広い教養と総合的な 判断力を養います。

国際交流制度はあるの?

広島修道大学では、アジアやオセアニアなど15の国や地域の32大学と提携を結び、異文化理解とコミュニケーション能力の向上を促す多彩なプログラムを用意しています。 1年間の交換留学プログラムをはじめとして、約3~6週間の海外セミナーなど様々な期間の留学プログラムが利用可能です。海外からの交換留学生と学生が1対1となって交換留学生をサポートする「バディ制度」や海外からの留学生が母国語を教える語学講座を通じた、学生どうしの国際交流の機会も充実しています。
↑TOPへ戻る
大学名広島修道大学
国/公/私私立
住所広島県広島市安佐南区大塚東1-1-1
入試関連
問合せ先
入学センター