学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 情報
  • 医療
  • 芸術
↑TOPへ戻る

概要

「地域に生き世界に伸びる」ことで現在の課題に応える

「世界水準の研究の遂行」「高度な教育の推進」「社会への貢献」などを教育の基本理念として掲げる。社会・世界の諸問題に対処しうる専門性と教養、人格を兼ね備えた信頼に足る人材を育成する。

↑TOPへ戻る

アクセス

●豊中キャンパス(全学部):
・大阪モノレール「柴原駅」から徒歩約7分
・阪急宝塚線「石橋駅」から徒歩約15分
●吹田キャンパス
・大阪モノレール本線「阪大病院前駅」から徒歩約5分
・阪急千里線「北千里駅」から徒歩約15分
●箕面キャンパス
・大阪モノレール彩都線「彩都西駅」から徒歩約15分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数(合計:3249名)
教授:942名 准教授:849名 講師:295名 その他:1163名
生徒数(合計:15250名)
男:10042名 女:5208名
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 821,100~822,500円
周辺家賃相場 48,300~72,900円
学寮あり
↑TOPへ戻る

校歌

↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1931年 創設
大阪帝国大学として創設。医、理学部を設置
1933年 学部設置
大阪工業大学を吸収し、工学部を設置
1947~49年 改称
1947年、大阪大学と改称。
1949年、新制大阪大学に。法経、文の2つの学部を設置
1951~72年 学部設置
1951年に歯、55年に薬、61年に基礎工、72年に人間科学部を設置
1989~2004年 大学院拡充
大学院研究科を相次いで設置
2004~07年 法人化、学部新設
2004年、国立大学法人に。2007年、大阪外国語大学と合併、外国語学部を設置
主な出身者柏木隆雄(大阪大学名誉教授)、岡田暁生(京都大学人文科学研究所教授)、山田真哉(作家、公認会計士)、光原百合(小説家、尾道市立大学教授)、高見広春(小説家)、築山桂(小説家)、中村貞夫(洋画家)、糸谷哲郎(将棋棋士)、林家染雀(落語家)、林家染左(落語家)、森富美(日本テレビアナウンサー)、仲谷善雄(立命館総長、立命館大学長)、吉川徹(大阪大学教授)、山内祐平(東京大学大学院教授)、田中正之(京都大学野生動物研究センター特任教授)、嶋田博行(神戸大学名誉教授)、田中博之(早稲田大学大学院教授)、保田時男(関西大学教授)、勝見博光(グローバルミックス代表取締役)、川上徹也(コピーライター)、日比野則彦(ジャズサックス奏者)、関純子(関西テレビアナウンサー)、司馬遼太郎(小説家)、陳舜臣(小説家)、安村仁志(中京大学長)、北野泰男(キュービーネットホールディングス代表取締役)、宇野一郎(第一実業社長)、古川裕(大阪大学教授)、塩尻和子(筑波大学名誉教授)、中島岳志(東京工業大学教授)、高田博行(学習院大学教授)、溝辺泰雄(明治大学教授)、雀野日名子(小説家)、重里徹也(文芸評論家、聖徳大学教授)、春名幹男(ジャーナリスト、早稲田大学大学院客員教授)、吉崎エイジーニョ(スポーツライター)、木山裕策(歌手)、津田理帆(朝日放送アナウンサー)、小嶋沙耶香(広島ホームテレビアナウンサー)、寺谷一紀(フリーアナウンサー)、西池沙織(気象予報士)、シルク(タレント)、常陰均(三井住友信託銀行会長)、松下隆史(三井住友アセットマネジメント社長兼CEO)、黒澤満(大阪大学名誉教授)、三阪佳弘(大阪大学大学院教授)、水谷規男(大阪大学教授)、松浦好治(名古屋大学大学院特任教授)、紀藤正樹(弁護士)、吉本健一(弁護士)、三村光弘(環日本海経済研究所調査研究部主任研究員)、大石佳能子(医療コンサルタント、メディヴァ社長)、榊一郎(ライトノベル作家)、福岡洋一(大阪府茨木市長)、西靖(毎日放送アナウンサー)、中村邦晴(住友商事会長)、竹増貞信(ローソン社長)、山口一(たる出版社長)、浦井憲(大阪大学大学院教授)、山内直人(大阪大学大学院教授)、赤井伸郎(大阪大学大学院教授)、齊藤愼(大阪学院大学大学院教授)、舟場拓司(関西大学教授)、本間正明(近畿大学世界経済研究所長)、万軍民(福岡大学教授)、岩田松雄(リーダーシップコンサルティング代表)、杉田篤史(歌手)、盛田昭夫(ソニー創業者)、公文公(「公文式」学習法考案者)、倉重光雄(プルデンシャル・ホールディング・オブ・ジャパン会長)、伊中浩治(丸和栄養食品社長)、菅野了次(東京工業大学大学院教授)、伊勢村護(静岡県立大学名誉教授)、関山剛(気象庁気象研究所主任研究官)、大橋裕一(愛媛大学長)、郡健二郎(名古屋市立大学理事長兼学長)、塩﨑均(近畿大学名誉学長)、太城力良(兵庫医科大学理事長)、野口光一(兵庫医科大学長)、岸本忠三(大阪大学名誉教授)、澤芳樹(大阪大学大学院教授)、中村祐輔(シカゴ大学教授)、平野俊夫(量子科学技術研究開発機構理事長)、野崎英夫(Medical Studio代表理事、小児科医、写真家)、審良静男(理研統合生命医科学研究センター特別顧問)、久坂部羊(医師、小説家)、宋美玄(医師、作家)、牛田茉友(NHKアナウンサー)、天野敦雄(大阪大学大学院教授)、十河基文(アイキャットCTO)、横溝正史(推理作家)、箱嶋敏雄(奈良先端科学技術大学院大学副学長)、澤井弘行(沢井製薬会長)、赤井周司(大阪大学大学院教授)、高木達也(大阪大学大学院教授)、竹本佳司(京都大学大学院教授)、石野良純(九州大学大学院教授)、池上幸江(大妻女子大学名誉教授、日本食物繊維学会顧問)、今西武(BNA最高戦略責任者)、田部昌弘(イー・バン・アト研究所所長)、辰巳砂昌弘(大阪府立大学長)、長坂悦敬(甲南大学長)、澤田道隆(花王社長)、蓮輪賢治(大林組社長)、辻孝夫(JVCケンウッド会長)、西岡郁夫(イノベーション研究所社長)、青野慶久(サイボウズ社長)、河本隆明(淀川製鋼所会長)、西村実(エンバイオ・ホールディングス代表取締役)、前田佳宏(リンカーズ社長)、牛尾知雄(東京都立大学教授)、山口高平(慶應義塾大学教授)、谷本道哉(近畿大学准教授)、ワロドム・ジアムサクン(システムエンジニア)、桂紋四郎(落語家)、御秒奈々(モデル)、津賀一宏(パナソニック社長)、金花芳則(川崎重工業社長)、亀山忠秀(シーアールイー社長)、服部芳郎(日本オリーブ社長)、藤原融(大阪大学大学院教授)、井上克郎(大阪大学大学院教授)、吾郷浩樹(九州大学教授)、山田誠二(国立情報学研究所教授、総合研究大学院大学教授)、出川哲朗(大阪市立東洋陶磁美術館長)、川村貞夫(立命館大学総合科学技術研究機構ロボティクス研究センター長)、堀晃(SF小説家)、小林泰三(小説家)
特待生制度なし
学外試験場なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

大阪大学の学生支援制度について教えて!

奨学金、寮はもちろんキャンパス間を結ぶスクールバスまで様々です。大阪大学では経済的な理由により授業料が納付困難な学生に対し、学力基準を満たせば授業料の半額または全額の免除が認められる制度を設けています。日本学生支援機構や地方自治体、民間奨学団体による各種奨学金も利用可能です。2019年現在、およそ3,300名が日本学生支援機構の奨学金を利用し、20名が地方自治体による奨学金を、458名が民間奨学団体による奨学金を利用しています。
 「人間科学コース」と「化学・生物学複合メジャー」からなるインターナショナルカレッジ(学部英語コース)では各コースに在籍し学ぶ学生向けに奨学金を用意し、成績が優秀な学生に対し「大阪大学奨学金」として月額8万円を支給しています。
 大学寮は男女別に計5カ所設けられ、合わせて454名が収容可能です。募集は学部の新入生を対象として行われており、寄宿料は月額4,300?5,900円程度に設定されています。5つの学生寮のうち、男子寮の「刀根山寮」と「清明寮」、女子寮の「もみじ寮」は外国人留学生と共に生活する混住寮となっています。
キャンパス間を結ぶ無料の連絡バスもあります。授業が行われる平日には豊中、吹田、箕面の3つのキャンパス間を結ぶ無料のキャンパス間連絡バスが約20?60分間隔で運行されており、他学部授業の履修や課外活動のための移動に活用されています。
 豊中、吹田、箕面の各キャンパスには学生の健康診断や各種健康相談を行う「キャンパスライフ健康支援センター」が設置され、内科や整形外科、メンタルヘルスなどの受診が可能です。また、ハンディキャップのある学生に対する支援も行われています。

大阪大学の国際交流や留学支援制度について教えて!

「地域に生き世界に伸びる」ことを理念として国際交流を行っています。大阪大学ではグローバルな競争力のある大学を目指し、国際的に通用する人材を育成すべく、国際交流に力を入れています。文系の各部局による横断的な「マルチリンガル・エキスパート養成プログラム」では多言語に精通した人材の育成を目指しています。
 おもな留学制度には、大阪大学と学生交流協定を締結している海外の大学に最長1年間留学できる交換留学制度があります。交換留学以外にも、多様な語学研修プログラムや海外研修プログラムなどが実施されています。春や夏の長期休暇などを利用した1カ月間程度の短期海外研修や国際機関などで実施される海外インターンシップへの参加など多くの学生が海外での学びを体験し、2018年度に海外へ留学した者は1,651名を数えます。留学先にはアジアとヨーロッパを中心に、北米やオセアニア、中南米、中東など多岐にわたります。
 これらの交換留学制度、国際教育及び共同研究などは世界の129の大学との間で結ばれている学術交流協定によるものです(2019年現在)。さらなる国際交流の推進を目指し、アメリカ、オランダ、タイ、中国の4カ国にそれぞれ海外拠点としてオフィスを設けています。2019年5月現在、大阪大学では様々な国や地域から2,594名の留学生を受け入れ、その約8割はアジアからの留学生です。
 文部科学省が指定する「スーパーグローバル大学創成支援」においてトップ型13大学の1つに選定されている大阪大学では、国際化に向けた大学改革を推進しています。意欲的な学生を一般入試外で積極的に受け入れている他、優秀な外国人教員の招聘など教員の多様化を図っています。

就職やキャリアへの支援はどうなっているの?

「キャリアセンター」を中心に生涯にわたるキャリア形成を支援しています。大阪大学では「キャリアセンター」が全学的な就職、キャリア支援を行っています。多様な働き方や選択肢のある現代で、生き方や働き方を主体的に選択するための知識や経験を習得し、人脈を広げられるようにサポートしています。
 各学部などにも就職相談窓口が設けられ、専門分野に沿った進路支援を受けられます。吹田、豊中、箕面のすべてのキャンパスでキャリアアドバイザーが相談に応じ、就職活動の方法やエントリーシートの添削など具体的なアドバイス、大学院への進学や就職を含め進路全般について相談できます。
 「キャリアセンター」では企業ガイダンスや就職・キャリアガイダンスを通年で開催しており、大学独自の「阪大就活アプリ」や公式SNSなどを通じて情報を発信しています。インターンシップも応募から参加までをフォローし、学生は職業体験型、課題解決型、説明会型などの各種インターンシップへ参加することが可能です。公務員や学校教員を目指す学生向けには、説明会の実施や採用試験情報の提供を行っています。また、就職内定を得た学部4年生などが体験談を語ったり就職活動のアドバイスを行う「キャリアサポーター」として活動し、様々な業界の内定者と知り合う機会となっています。
 東京都内と大阪市内にはセカンドキャンパスが設置され、説明会への参加や面接など就職活動中の拠点として開放されています。
↑TOPへ戻る