東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

目次

学部の選択をして下さい。

文学部
人間科学部
外国語学部
法学部
経済学部
理学部
医学部
歯学部
薬学部
工学部
基礎工学部

文学部

先人たちの「知」に学び、 人間が生み出す多様な文化を見つめ直す

学科・コース・専修一覧
人文学科定員学べる学問文学 哲学・宗教 地理歴史 文化 言語・語学 芸術理論 演劇
165人

【特色】外国語教育を重視している。専門教育科目では講義、ゼミ、実習の3つの授業形態がとられている。
【進路】卒業生の約半数が一般企業に就職する。約1割が公務員になる他、大学院へ進学する者も2割程度いる。

取得できる免許・資格教員免許(中-国・社・英・フランス語・ドイツ語、高-国・地歴・公・英・フランス語・ ドイツ語)、学芸員
主な出身者柏木隆雄(大阪大学名誉教授)、岡田暁生(京都大学人文科学研究所教授)、山田真哉(作家、公認会計士)、高見広春(小説家)、築山桂(小説家)、中村貞夫(洋画家)、糸谷哲郎 (将棋棋士)、林家染雀(落語家)、森富美(日本テレビアナウンサー)
人文基礎学科目4つの専修を設置。哲学・思想文化学専修では西洋の哲学思想の研究を行う。倫理学専修では他者との共生について学問横断的に考察する。中国哲学専修では儒家や道家など代表的な中国の思想を、インド哲学専修では仏教など古典インドの思想や宗教の研究を行う。
歴史文化学科目4つの専修を設置。日本史学専修では日本の各時代について自己の視点から考察する。東洋史学専修では資料読解と現地調査の両面からアジア全体を扱う。西洋史学専修では西洋文明の歴史を地球規模で、考古学専修では発掘を通じて人類文化の変遷を研究する。
地域文化学科目2つの専修を設置。日本学専修では国際社会の中で日本が占める位置を自覚し、日本の文化や思想、歴史、社会、国際関係を複眼的かつ総合的な視野から研究する。人文地理学専修では人間と環境の関係や人間と空間の関係を、様々な角度から分析する方法を学ぶ。
言語基礎学科目日本語学専修を設置。現代日本語学、社会言語学、応用日本語学の3つの領域を扱う。数ある言語の1つとして日本語を客観的にとらえ直す。日本語の特質の分析や他言語との比較を行い、日本語の持つ多様性や言語学的問題、日本語学習上の問題などを考察する。
文学表現学科目日本文学・国語学、比較文学、中国文学、英米文学・英語学、ドイツ文学、フランス文学の6つの専修からなる。各言語の運用能力を身につけ、小説、詩、演劇など多様な文学作品に関する研究を中心に行う。各言語圏の歴史や文化、思想などのテーマも扱う。
芸術文化学科目3つの専修を設置。美学・文芸学専修では「美」を哲学としてとらえ古今東西の文芸作品を研究する。音楽学・演劇学専修では音楽、演劇、芸能などの表演芸術を、美術史学専修では絵画、彫刻、工芸に加え、映像、建築や庭園などの「イメージ」も研究対象とする。

人間科学部

「人間とは何か」という問いに対して、 人文学、社会科学、自然科学を横断した視点で迫る

学科・コース・専修一覧
人間科学科定員学べる学問文化 社会 国際 教育 心理 社会福祉
130人

【特色】入学後の1年半をかけて専門基礎を学ぶ。2年次後期から4つの学科目に分かれる。
【進路】卒業後は約2割が大学院へ進学する。約6割が一般企業に就職するが、公務員や教員になる者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(中-社、高-地歴・公)、社会調査士、社会教育主事、認定心理士
主な出身者仲谷善雄(立命館総長、立命館大学長)、吉川徹(大阪大学教授)、山内祐平(東京大学大 学院教授)、田中正之(京都大学野生動物研究センター特任教授)、嶋田博行(神戸大学名 誉教授)、田中博之(早稲田大学大学院教授)、保田時男(関西大学教授)、勝見博光(グ ローバルミックス代表取締役)、川上徹也(コピーライター)、日比野則彦(ジャズサック ス奏者)、関純子(関西テレビアナウンサー)
行動学科目人の行動の様々な面について、心理学、神経科学、生物学などの科学的な視点から仮説を立て、実験、観察、調査、面接などの実践的な方法で検証する。サルと人間の比較、新生児から高齢期までの人間の発達と行動の変化、集団行動、環境心理などのテーマも扱う。
社会学科目現代社会の諸問題を幅広く研究する。研究分野は現代社会、文化、調査、福祉社会、現代人間学、人類学の6つのグループからなる。歴史上の思想、コミュニケーション、統計データ、福祉、地球上の様々な文化、哲学の各視点から社会に関する研究に取り組む。
教育学科目教育における様々なテーマと共に、システムや社会インフラの側面にも目を向け、考察していく。学校現場だけでなく、家庭や地域社会、職場など人間が生活する場所はすべて教育の場であるという理解のもと、広義での人間形成について多角的に学びを深める。
共生学科目人間が人間らしく生きるということについて原点に立ち返り、異なる背景を持つ人々が共生できる社会を追究する。研究分野は未来共生学とグローバル共生学の2つの講座からなる。21世紀のグローバル社会の現状を反映した新しい「共生学」の構築を目指す。

外国語学部

外国語や文化の学習を通して多様な価値観を知り、 世界中の人々と交流する力をはぐくむ

外国語学部定員学べる学問文化 言語・語学
570人

【特色】4年間一貫で言語運用能力を養う教育システムのもと、少人数教育を重視した専門教育を行う。
【進路】卒業生の8割超が、語学力を活かして一般企業などに就職する。

取得できる免許・資格教員免許(中-国・英・中国語・フランス語・ドイツ語・他、高-国・英・中国語・フランス語・ドイツ語・他)
主な出身者司馬遼太郎(小説家)、陳舜臣(小説家)、安村仁志(中京大学長)、北野泰男(キュービーネットホールディングス代表取締役)、宇野一郎(第一実業社長)、古川裕(大阪大学教授)、塩尻和子(筑波大学名誉教授)、中島岳志(東京工業大学教授)、高田博行(学習院大学教授)、溝辺泰雄(明治大学教授)、雀野日名子(小説家)、重里徹也(文芸評論家、聖徳大学教授)、春名幹男(ジャーナリスト、早稲田大学大学院客員教授)、吉崎エイジーニョ(スポーツライター)、木山裕策(歌手)、津田理帆(朝日放送アナウンサー)、小嶋沙耶香(広島ホームテレビアナウンサー)、寺谷一紀(フリーアナウンサー)、西池沙織(気象予報士)、シルク(タレント)※旧大阪外国語大学の出身者含む
学科・コース・専修一覧
外国語学科(570)ハンガリー語やデンマーク語など日本国内では学ぶことの難しい25種類の言語を専攻することができ、選択科目である研究外国語を含めると約60種類もの言語を学べる。言語運用能力の習得のみならず、言語が使われている地域の歴史や文化の研究も行い、真の国際人を育成する。外国人教員や留学生が多く、出身地域も多彩である。

法学部

社会の秩序を構想する知識と思考力、 デザイン力、国際性などを兼ね備えた人材を育成する

法学部定員学べる学問国際 経済 法 政治
250人

【特色】講義の内容をより深く理解し実践するため、少人数の演習やセミナーが充実している。
【進路】卒業後は一般企業に就職する者が多い。公務員になる者も2割程度いる。約2割が大学院へ進学する。

取得できる免許・資格教員免許(高-公)
主な出身者常陰均(三井住友信託銀行会長)、松下隆史(三井住友アセットマネジメント社長兼 CEO)、黒澤満(大阪大学名誉教授)、三阪佳弘(大阪大学大学院教授)、水谷規男(大阪大学教授)、松浦好治(名古屋大学大学院特任教授)、紀藤正樹(弁護士)、吉本健一(弁護士)、三村光弘(環日本海経済研究所調査研究部主任研究員)、大石佳能子(医療コンサルタント、メディヴァ社長)、榊一郎(ライトノベル作家)、福岡洋一(大阪府茨木市長)、 西靖(毎日放送アナウンサー)
学科・コース・専修一覧
法学科(170)2年次までに幅広い学問分野の基礎的を学ぶと共に、2つの外国語を学習する。専門課程では法学と政治学を学び、論理的思考を学ぶ。学年の進行に合わせ入門から基礎、応用まで法学と政治学を無理なく学べるカリキュラムを展開。少人数教育にも力を入れている。
国際公共政策学科(80)平和の維持や貧困、環境問題などの地球規模の公共政策の策定と実現に貢献できる人材を育成する。現代の国際社会の諸問題を考えるために経済学も学ぶ。英語を中心とした外国語習得を奨励する他、授業での討論や交渉を通し総合的コミュニケーション能力を養う。

経済学部

充実したカリキュラムで近代経済学を学び、 現代のグローバル経済を的確に読み解く

経済学部定員学べる学問経済 商・経営
220人

【特色】経済と経営の専門科目を興味や関心に応じて自由に履修できる。少人数セミナーも充実している。
【進路】卒業生の8割超が一般企業に就職する。大学院に進学する者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(中-社、高-公)
主な出身者中村邦晴(住友商事会長)、竹増貞信(ローソン社長)、山口一(たる出版社長)、眉村卓(小説家)、浦井憲(大阪大学大学院教授)、山内直人(大阪大学大学院教授)、赤井伸郎(大阪大学大学院教授)、齊藤愼(大阪学院大学大学院教授)、舟場拓司(関西大学教授)、本間正明(近畿大学世界経済研究所長)、万軍民(福岡大学教授)、廣江譲(電気事業連合会副会長)、岩田松雄(リーダーシップコンサルティング代表)、杉田篤史(歌手)
学科・コース・専修一覧
経済・経営学科(220)マクロ経済学やミクロ経済学の基礎を学び、経済学、経営学の様々なテーマに理解を深める。財政や労働経済、国際貿易など経済学と経営学の双方にまたがる授業も行われる。上級専門科目として学生の関心に応える講座も開講され、高度な内容にも対応している。

理学部

自由な学風のもと、 独創性あふれる教育と研究を展開する

理学部定員学べる学問生物 数学 物理 化学
255人

【特色】“つねに創造的であれ”という志を継承。2年次から研究室で研究できる「理数オナープログラム」がある。
【進路】卒業生の約8割が大学院に進学し研究を続ける。一般企業に就職する者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(中-数・理、高-数・理)
主な出身者盛田昭夫(ソニー創業者)、公文公(「公文式」学習法考案者)、倉重光雄(プルデンシャル・ ホールディング・オブ・ジャパン会長)、伊中浩治(丸和栄養食品社長)、菅野了次(東京 工業大学大学院教授)、伊勢村護(静岡県立大学名誉教授)、関山剛(気象庁気象研究所主 任研究官)※前身の大学出身者含む
学科・コース・専修一覧
数学科(47)現代数学の全般的な教育研究を行う。特に整数論や幾何学、情報数学などの研究が盛んである。カリキュラムは高校数学の自然な延長で学習できるように構成。セミナー形式の授業も各学年で開講し、少人数でのディスカッションを経て数学的思考力の習得を目指す。
物理学科(76)広大な宇宙から小さな素粒子まで幅広い分野を扱う。1年次後期より専門知識を段階的に学んでいく。4年次に行われる卒業研究では物理学と宇宙地球科学から研究グループを選択する。物理学の研究グループは素粒子・原子核、物性の2つの分野を包括する。
化学科(77)自然界に存在する様々な物質を研究対象に、性質の理解や有効利用、新物質の創造を目指す。自然科学の教養と化学の基礎を身につけ、無機化学、物理化学、有機化学、高分子科学の4つの学習分野を体系的に学ぶ。3年次の1月から研究室に所属し卒業研究に臨む。
生物科学科(55)2つのコースからなる。生物科学コースでは細胞生物学や生化学、分子生物学を学ぶ。生命理学コースでは化学や物理学、数学などの観点から生命の仕組みの理解を目指す。進化を続ける生命科学に対応できる研究環境を整え、境界領域の研究にも力を入れている。

医学部

高い倫理観と探究心を兼ね備えた、 最先端医療を牽引できる人材を育成する

学科・コース・専修一覧
医学科定員学べる学問
100人

【特色】世界的な臨床医や研究者が数多く在籍。最先端の医学を習得する環境が整っている。
【進路】卒業生の大部分が医師国家試験を経て、研修医として医師になるための経験を積む。

取得できる免許・資格医師
主な出身者大橋裕一(愛媛大学長)、郡健二郎(名古屋市立大学理事長兼学長)、太城力良(兵庫医科大学理事長)、野口光一(兵庫医科大学長)、岸本忠三(大阪大学名誉教授)、澤芳樹(大阪大学大学院教授)、中村祐輔(シカゴ大学教授)、塩﨑均(近畿大学名誉学長)、平野俊夫(量子科学技術研究開発機構理事長)、野崎英夫(Medical Studio理事、小児科医、写真家)、久坂部羊(医師、小説家)、宋美玄(医師、作家)
医学科(100)6年制。教養課程期間から医学科の専門教育が並行して行われ、3年次には4カ月間独自の研究に専念する基礎医学講座配属というプログラムを実施。3年次後半から臨床医学の講義が開講し、5・6年次は附属病院と京阪神地区の病院を中心に臨床実習に専念する。
保健学科定員学べる学問看護 保健・介護
160人

【特色】4年制。医学や看護学だけでなく、薬学、理学、工学の各教員による指導も行われる。
【進路】卒業生の約3割が大学院に進学する。就職者の大半は病院や保健所などの医療機関に勤務する。

取得できる免許・資格教員免許(養護一種)、看護師、臨床検査技師、診療放射線技師
主な出身者牛田茉友(NHKアナウンサー)
看護学専攻(80)4年制。生活環境や心と病気の関係などを幅広く学び、看護の実践に必要な技術と理論を身につける。3年次後半から附属病院や訪問看護ステーションなどで臨地実習を行い、科学的洞察にもとづいた実践力を養う。臨地実習と並行して研究室での卒業研究を行う。
放射線技術科学専攻(40)4年制。放射線、画像診断科学、放射線腫瘍学、薬理学などの第一線で活躍する教授陣のもと医療専門家を養成する。3年次後期には附属病院の先端医療機器を用いた臨地実習を、4年次前期には薬剤部や臨床検査部など実際の診療現場で臨床医学特別実習を行う。
検査技術科学専攻(40)4年制。DNA検査やMRI分析などの手法で生体情報を採取し、病気の診断や治療、予防を行う。専門教育では基礎生体情報学と病態生体情報学を学習し様々な検査法を習得すると共に、情報解析法やシステム管理も学ぶ。4年次には卒業研究と病院実習に取り組む。

歯学部

「オーラスヘルス」の専門家を育成し 豊かな生活に貢献する

歯学部定員学べる学問
53人

【特色】口腔科学と口腔医療の最先端を学ぶ6年一貫教育を行い、歯科医療のスペシャリストを育成する。
【進路】約9割の卒業生が国家試験を経て、研修医として歯科医師になるための経験を積む。

取得できる免許・資格歯科医師
主な出身者天野敦雄(大阪大学大学院教授)、十河基文(アイキャットCTO)
学科・コース・専修一覧
歯学科(53)6年制。共通教育系科目と共に歯科医学の入門を学び、2年次から解剖学、生理学、生化学など基礎医学の講義や実習が始まる。3年次後期の基礎配属実習では国内外で活躍する教員のもと先端研究に取り組む。5年次後期から6年次にかけては臨地実習が行われる。

薬学部

総合的なライフサイエンスの発展に貢献できる薬学の専門家を育成する

薬学部定員学べる学問
80人

【特色】2019年度、1学科6年制へ改組。3年次より研究室に入り薬学研究の最前線で卒業研究に取り組む。
【進路】卒業生の約7割が大学院に進学する。一般企業や公務に就職する者もいる。

取得できる免許・資格薬剤師
主な出身者横溝正史(推理作家)、箱嶋敏雄(奈良先端科学技術大学院大学副学長)、澤井弘行(沢井製薬会長)、赤井周司(大阪大学大学院教授)、高木達也(大阪大学大学院教授)、竹本佳司(京都大学大学院教授)、石野良純(九州大学大学院教授)、池上幸江(大妻女子大学名誉教授、日本食物繊維学会顧問)、今西武(BNA最高戦略責任者)、田部昌弘(イー・バン・アト研究所所長)※前身の旧大阪薬学専門学校の出身者含む
学科・コース・専修一覧
薬学科(80)2019年度改組。6年制。3つのコースを設置。先進研究コースでは大学院博士課程まで10年一貫の教育を行う。Pharm.Dコースでは臨床の現場で力を発揮する「研究型高度薬剤師」を、薬学研究コースでは創薬の現場で活躍する「薬剤師創薬研究者」を養成する。

工学部

「実学」を重んじる伝統のもと、 最先端の研究を広く社会に役立てる

工学部定員学べる学問生物 地球環境 物理 化学 機械 土木・建築 環境工 電気電子 エネルギー 海洋船舶 情報科学
820人

【特色】2年次に専門となる学科目を選択する。3年次から大学院へ進むことができる「飛び級制度」がある。
【進路】卒業生の8割超が大学院に進学する。一般企業や公務に就職する者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(中-数・理、高-数・理・情・工業)、測量士(補)、電気主任技術者、建築士(一・二級、木造)、ダム水路主任技術者、建築設備検査資格者、土木施工管理技士
主な出身者辰巳砂昌弘(大阪府立大学長)、長坂悦敬(甲南大学長)、澤田道隆(花王社長)、蓮輪賢 治(大林組社長)、辻孝夫(JVCケンウッド会長)、西岡郁夫(イノベーション研究所社長)、 青野慶久(サイボウズ社長)、河本隆明(淀川製鋼所会長)、西村実(エンバイオ・ホール ディングス代表取締役)、前田佳宏(リンカーズ社長)、牛尾知雄(東京都立大学教授)、 山口高平(慶應義塾大学教授)、谷本道哉(近畿大学准教授)、ワロドム・ジアムサクン(シ ステムエンジニア)、桂紋四郎(落語家)、御秒奈々(モデル)
学科・コース・専修一覧
応用自然科学科(217)応用化学、応用生物工学、精密科学、応用物理学の4つの学科目を設置。自然界の様々な現象をミクロの視点から研究し、最先端の科学技術開発を通じた教育を行う。多様な実験装置を用いて微生物、遺伝子工学、光分子工学など原子・分子レベルの領域を扱う。
応用理工学科(248)2つの学科目を設置。機械工学科目では機械工学と電子・制御・システム工学などを専門的に学ぶ。マテリアル生産科学科目では様々な素材に着目し研究や開発を行っている。マテリアル生産科学科目はマテリアル科学と生産科学の2つのコースに分かれている。
電子情報工学科(162)電気工学と電子工学の2つのコースからなる電気電子工学科目と、通信工学と情報システム工学の2つのコースからなる情報通信工学科目で構成。現代社会を支える電子、情報、通信に関する最先端技術を学ぶ。早期から研究課程を見すえたカリキュラム構成である。
環境・エネルギー工学科(75)環境工学とエネルギー量子工学の2つの学科目で構成。環境問題やエネルギー問題の解決に貢献できる技術者を育成する。2年次までに環境・エネルギー工学の全体像を学ぶ。実験や演習に力を入れ問題発掘能力と問題解決能力を養い、各自の専門分野を確立する。
地球総合工学科(118)船舶海洋工学、社会基盤工学、建築工学の3つの学科目を設置。人間と自然の調和を念頭に自然や人間文化と工学を融合し、未来に役立つインフラの構築を目指す。海上空間の利用、海洋資源開発、公共施設や社会基盤の建設、都市デザインなどを研究対象とする。

基礎工学部

理学と工学の枠にとらわれず、 科学と技術の先端を切り開いていく

基礎工学部定員学べる学問生物 数学 物理 化学 機械 電気電子 エネルギー 情報科学
435人

【特色】科学と技術の融合を図ることを目標に掲げる。大学院への飛び級制度も設けられている。
【進路】卒業生の8割超が大学院に進学する。一般企業などに就職する者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(中-数・理、高-数・理・情)
主な出身者津賀一宏(パナソニック社長)、金花芳則(川崎重工業社長)、亀山忠秀(シーアールイー社長)、服部芳郎(日本オリーブ社長)、藤原融(大阪大学大学院教授)、井上克郎(大阪 大学大学院教授)、吾郷浩樹(九州大学教授)、山田誠二(国立情報学研究所教授、総合研究大学院大学教授)、出川哲朗(大阪市立東洋陶磁美術館長)、川村貞夫(立命館大学総合 科学技術研究機構ロボティクス研究センター長)、堀晃(SF小説家)、小林泰三(小説家)
学科・コース・専修一覧
電子物理科学科(99)エレクトロニクス、物性物理科学の2つのコースを設置。知的情報技術や省資源技術を支える電子と光の性質を理解し、機能材料や新デバイス・システムの開発を目指す。自然や人間との関わりも学ぶことで、幅広い知識と視野、柔軟性を兼ね備えた人材を育成する。
化学応用科学科(84)化学全般を対象とする合成化学と物質の変化を探究する化学工学の2つのコースを設置。物質と生命の関係の探究、環境・エネルギー問題の解決など、幅広い領域の教育と研究を行う。社会の発展に貢献する物質の創出や、エネルギー変換システムの構築を目指す。
システム科学科(169)機械科学、知能システム学、生物工学の3つのコースを設置。様々な「システム」を研究し、人間と技術の共生を目指す。機械、社会、環境、生物までを視野に数理的かつシステム論的アプローチを行い、医療福祉や環境エネルギーなどの分野でも社会貢献を目指す。
情報科学科(83)3つのコースを設置。計算機科学、ソフトウェア科学の2つのコースではコンピュータ技術の基礎となる数学手法やコンピュータをツールとした応用技術を追究する。数理科学コースでは数学的・統計学的問題に共通する数理的法則を抽出し解明することを目指す。