学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 情報
  • 医療
  • 芸術
↑TOPへ戻る

概要

未来の課題に挑戦する活力ある研究教育の拠点へ

世界最高水準の研究教育とイノベーション創出、先端医療などを通じて、地域と国際社会に貢献する。2018年度に共創学部を開設し、世界の諸課題の解決のために果敢に立ち向かう「高度人材」の育成に取り組む。

↑TOPへ戻る

アクセス

●伊都キャンパス
・JR「九大学研都市駅」からバス約13分、「九大工学部前」下車
●病院キャンパス
・福岡市地下鉄箱崎線「馬出九大病院前駅」下車
・JR「吉塚駅」から徒歩約8分
●大橋キャンパス
・西鉄天神大牟田線「西鉄大橋駅」から徒歩約5分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数(合計:3915名)
教授:789名 准教授:747名 講師:1404名 その他:975名
生徒数(合計:11679名)
男:8341名 女:3338名
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 817,800円
周辺家賃相場 46,000~49,000円
学寮あり
↑TOPへ戻る

校歌

↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1903年 設立
京都帝国大学福岡医科大学、同附属医院を設立
1911年 帝国大学設置
九州帝国大学設置、京都帝国大学福岡医科大学を吸収し医科大学となる
1919年 学部設置
学部制に移行。医、工、農の3つの学部を設置
1949年 改称
新制九州大学に改称。法、経済、文、教育の4つの学部を設置
1953年 大学院設置
新制大学院を文、教育、法、経済、理、薬、工、農の8つの学部に設置
1967~2004年 学部設置、法人化
1967年に歯学部、2003年に九州芸術工科大学と統合し、芸術工学部を設置。2004年、国立大学法人九州大学となる
2018年 キャンパス移転、学部設置
伊都キャンパスに移転完了。共創学部を設置、12学部体制に
主な出身者島尾敏雄(小説家)、庄野潤三(小説家)、原尞(小説家)、野口善敬(花園大学教授、花園大学国際禅学研究所所長)、實藤和佳子(九州大学大学院准教授)、波平恵美子(お茶の水女子大学名誉教授)、石倉健二(兵庫教育大学大学院教授)、橋本巌(愛媛大学大学院教授)、一ノ瀬秋久(九州産業大学理事長)、笹田栄司(早稲田大学大学院教授)、山下慎一(福岡大学准教授)、関根千佳(ユーディット会長兼シニアフェロー)、川﨑浩介(弁護士)、鬼木誠(衆議院議員)、岩田和親(衆議院議員)、川波洋一(下関市立大学長兼副理事長)、貫正義(福岡大学理事長)、伊東信一郎(ANAホールディングス会長)、苅田知英(中国電力会長)、森拓二郎(十八銀行頭取)、後藤富一郎(大分銀行頭取)、山本美穂(宇都宮大学教授)、森博美(法政大学名誉教授)、坂梨哲士(NHKアナウンサー)、岩渕梢(フリーアナウンサー)、森田浩介(九州大学大学院教授、新元素「113番元素ニホニウム」研究グループディレクター)、大喜雅文(九州大学大学院教授)、宮野悟(東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長)、髙島明彦(学習院大学教授)、鳥飼否宇(小説家)、石持浅海(小説家)、植木雅俊(仏教思想研究家)、西村繕久仁(カンボジア国内NGOサクラ職業訓練校理事、整体師)、久保千春(九州大学総長)、宮﨑耕治(佐賀大学長)、北野正剛(大分大学長)、柴田洋三郎(福岡県立大学理事長兼学長)、水田祥代(九州大学名誉教授、福岡歯科大学理事長)、住本英樹(九州大学大学院教授)、康東天(九州大学大学院教授)、八尾隆史(順天堂大学教授)、西園昌久(福岡大学名誉教授)、渡辺憲太朗(福岡大学教授)、中村哲(医師、ペシャワール会現地代表)、吉開泰信(九州大学名誉教授、免疫抗体食品研究協会理事長)、川原尚行(医師、ロシナンテス理事長)、帚木蓬生(小説家)、野田洋子(マイケア社長)、上野恭子(順天堂大学大学院教授)、大橋日出男(あすも特注旅行班代表理事)、中島美津子(看護職の採用と定着を考える会理事)、小川隆広(カリフォルニア大学ロサンゼルス校終身教授)、山口政俊(福岡大学長)、森元聡(九州大学大学院教授)、永次史(東北大学大学院教授)、伊東祐二(鹿児島大学大学院教授)、古賀信幸(中村学園大学教授)、能田均(福岡大学教授)、安藝初美(福岡大学教授)、梶山千里(福岡女子大学理事長兼学長)、若田光一(宇宙飛行士)、竹下道夫(宇部興産会長)、山本正已(富士通会長)、真栄田雅也(キヤノン社長兼COO)、小野俊雄(安藤ハザマ会長)、井上良次(RKB毎日放送社長)、田中敬二(九州大学大学院教授)、幾原雄一(東京大学大学院教授)、江崎浩(東京大学大学院教授)、早下隆士(上智大学教授)、松岡恭子(建築家、スピングラス・アーキテクツ代表取締役)、福岡将之(写真家)、三池敏夫(美術監督)、杉瀬薫(プロゴルファー)、﨑田恭平(宮崎県日南市長)、河口洋一郎(CGアーティスト)、八谷和彦(メディアアーティスト)、吉浦康裕(アニメーション監督)、篠原保(キャラクターデザイナー)、鮎川透(建築家、環・設計工房会長)、原泰久(漫画家)、本村英里(漫画家)、香月千鶴(FM福岡アナウンサー)、馬城文雄(日本製紙社長)、片山恭一(小説家)、鮎川誠(ミュージシャン)、菅原卓也(愛媛大学教授)、甲斐達男(西南女学院大学教授)、西平良将(鹿児島県阿久根市長)、荒尾茉紀(テレビ宮崎アナウンサー)、
特待生制度なし
学外試験場なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

九州大学の推薦・AO入試について教えて!

九州大学では推薦入試を共創学部で、AO入試を共創、文、教育、法、理、医、歯、芸術工、農の9つの学部でそれぞれ実施しています(2019年度)。 共創学部の推薦入試(定員10名)では書類審査による第1次選抜、募集要項で指定されている資料を用いたプレゼンテーションと面接による第2次選抜が実施されます。これらとセンター試験の成績を総合的に評価し、最終合格者が決まります。また、指定された英語外部検定試験の成績をセンター試験の英語の得点に換算し、両者を比較して点数の高い方を評価対象することもできます。対象となる試験は、実用英語技能検定試験(英検)、TOEFL iBT、IELTS(アカデミック・モジュール)、GTEC CBT、TEAP(4技能)です。
 AO入試は、各学部で様々な形式が行われています。例えば、教育学部の「AO入試Ⅰ」(募集定員7名)ではセンター試験を免除し、第1次選抜と第2次選抜を実施します。第1次選抜では小論文に加え、調査書もしくは調査書に代わる書類を総合的に評価します。第2次選抜は、第1次選抜の合格者を対象に行われ、指定課題に関するプレゼンテーションと、それにもとづく面接を課します。法学部の「AO入試Ⅱ」(募集定員10名)では第1次選抜と第2次選抜を実施します。第1次選抜では調査書もしくは調査書に代わる書類、志望理由書、提出された英語能力試験の成績を総合的に評価します。第2次選抜は、第1次選抜の合格者を対象に行われ、英語の独自試験に加え、センター試験の成績を総合的に評価します。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

学生生活の支援にはどのようなものがあるの?

奨学金や各種学費の免除制度などが充実しています。九州大学では人物及び学業が共にすぐれ、かつ健康であり、経済的事情で就学が困難な学生に対して、大学独自の奨学金を複数用意しています。月額3万円が給付される九州大学就学支援奨学金(30名程度が対象)、年額100万円が支給される山川賞(27名程度が対象)、月額10万円が支給される利章奨学金(8名程度が対象)などがあります。
 また、日本学生支援機構による第一種(無利子)、第二種(有利子)の奨学金を利用できる他、民間団体や地方自治体の各種奨学金も、返済の必要がない給付型のものと、返済義務のある貸与型のものが数多く設けられています。その他にも、学資負担者が災害を受けたことなどにより入学料の納付が困難と認められる場合に入学料を免除する制度、経済的理由によって授業料の納入が困難で、かつ学業成績がすぐれている学生を対象に、授業料を徴収猶予もしくは免除する制度もあります。
 生活面のサポートとしては、大学附属の寮が設けられています。伊都キャンパスにはドミトリー1、ドミトリー2、ドミトリー3、伊都協奏館からなる伊都キャンパス学生宿舎があり、合わせて約1,000名の学生を収容することができます。なお、すべての宿舎が男女共用で、留学生との混住寄宿舎となっています。入居期限は原則として1年間です。また、大橋キャンパスと筑紫キャンパスで学ぶ男子学生には井尻寮(男子寮)も設けられています。

九州大学の「基幹教育」って何?

自分から学び、知識を深めることのできる「アクティブ・ラーナー」を育成します。九州大学では日本だけでなくアジアをはじめとする世界の地域において、多様な分野でイニシアティブをとることのできるグローバル人材を育成しています。そのために、高い専門的観点から課題を発見する力を育てる「専攻教育」に加え、課題解決に向けてアクティブに一生学び続けることのできる力を育てる「基幹教育」を提供しています。初年次には、自ら問題を見つけ出し、主体性をもって批判的・創造的に検討を重ねる「大学での学び」を身につけることを目指します。
 基幹教育には、「基幹教育セミナー」「課題協学科目」「言語文化科目」「健康・スポーツ科目」があります。例えば、「課題協学科目」では文理混合クラスを編成し、教員が各3名ずつ担当し、現代社会における諸問題についてのテーマを設けて専門性を活かした学問的な切り口を提示します。学生は数名ずつのグループを作り、自分たちで設定した問題の解決策を探ることで、他者との協同を通して広範なものの見方を獲得し、思考を深め、主体的な学びを身につけることを目指します。
 「言語文化科目」では外国語で課題をこなすことができる言語運用能力を養成します。英語については、「聞く、読む、話す、書く」の4つの技能に加え、プレゼンテーションやディベート能力を鍛えていきます。初修外国語ではその言語での発想法、その言語に関わる文化的背景などを学びます。
 高学年次には、専攻教育と基幹教育の連動によって、知識をより広く、深いものにします。2年次以上の学生を対象とした「高年次基幹教育科目」では専門性を身につけることで広範な教養への興味や関心を引き出し、役立つ知識や技能の習得を図ります。
↑TOPへ戻る