東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

目次

学部の選択をして下さい。

共創学部
文学部
教育学部
法学部
経済学部
理学部
医学部
歯学部
薬学部
工学部
芸術工学部
農学部

共創学部

背景の異なる人々と互いの違いを乗り越え、 社会を共に創造することを目指す

共創学部定員学べる学問地理歴史 文化 言語・語学 社会 経済 政治 社会福祉 生物 地球環境
105人

【特色】海外大学への留学が必修。留学生とのクラス・シェアや語学教育が行われている。
【進路】国際性を活かし、国内外で活躍する各種研究者や専門家などになることが期待。

学科・コース・専修一覧
人間・生命エリア生物学、認知科学、脳科学などを通して生命の発生や進化、人間の認知や思考を研究する。生物の進化について学ぶ進化生物学、人間の心身について理解を深める健康の科学、神経ネットワークにおける情報処理を学ぶシステム神経科学などの科目が開講されている。
人と社会エリア社会学や文化人類学、コミュニケーション学などを通じ言語の仕組みや多文化共生、福祉、宗教観などを学ぶ。映画のスクリプトなどを事例に言語コミュニケーションを分析する言語とコミュニケーション、社会福祉の新しい方向性を探る国際福祉論などの科目がある。
国家と地域エリア政治、経済、史学の観点から国家や地域の歴史、経済、社会現象などを考察。比較政治学や国際政治学などの見地から国家や政治を考える国家と政治、発展途上国の持続的発展を経済の観点で考える開発経済学、地域の枠組みで歴史を考察する地域史などの科目がある。
地球・環境エリア地球惑星科学、社会・安全システム科学、生物学などを通じ地球環境の変化が引き起こす災害や、生物が環境に与える影響などについて考察。大気と海洋循環について理解する大気海洋科学、多様な生態系の創造や維持について学ぶ生物多様性科学などの科目がある。

文学部

人文学的な知識と思考力を活かし、 社会に役立つ知的な人材を育成する

学科・コース・専修一覧
人文学科定員学べる学問文学 哲学・宗教 地理歴史 言語・語学 社会 心理 社会福祉 芸術理論
151人

【特色】21の専門分野のいずれかに所属。外国語運用能力を磨くコースなどが設置。
【進路】約6割が一般企業に就職する。2割強は公務や大学院への進学の道を選ぶ。

取得できる免許・資格教員免許(中-国・社・英、高-国・地歴・公・英・中国語・フランス語・ドイツ語)、学芸員、社会調査士、認定心理士
主な出身者熊野直樹(九州大学教授)、野口善敬(花園大学国際禅学研究所所長)、原尞(小説家)
哲学コース哲学・哲学史、倫理学、インド哲学史、中国哲学史、美学・美術史の5つの専門分野で構成。様々な文明圏で展開してきた哲学、思想、宗教、芸術に関する文献、史料などを読解、思索し真理を探究する。環境問題、生命倫理、民族問題など現代社会の諸問題も扱う。
歴史学コース日本史学、東洋史学、朝鮮史学、考古学、西洋史学、イスラム文明学の6つの専門分野で構成。特定の地域及び時代の社会を対象に、その特質や共通性を実証的に考察する。史料や史跡に触れることで、人間精神の多様性の認識や論理的思考力、独創性などを培う
文学コース国語学・国文学、中国文学、英語学・英文学、独文学、仏文学の5つの専門分野で構成。各地域の古典から現代までの詩や小説、戯曲など多様な形態を持つ具体的な文学作品を精査し、解読する。文学作品の検証を行うことで、その背後にある文化について考察する。
人間科学コース言語学・応用言語学、地理学、心理学、社会学・地域福祉社会学、比較宗教学の5つの専門分野で構成。人間の行動や心理、社会との相互作用を対象に、現代社会の様々な現象について包括的に理解する。実験や調査、統計解析など実践的な調査研究が行われている。

教育学部

教育と心理に関する様々な問題を解決できる人材を育成する

教育学部定員学べる学問社会 国際 教育 心理
46人

【特色】教育・心理・発達などの分野で国際的に活躍するための国際コースが設置。
【進路】約4割は一般企業に就職する。また、3割程度は大学院に進学する。

取得できる免許・資格教員免許(中-社、高-地歴・公)、社会教育主事
主な出身者竹熊尚夫(九州大学教授)、實藤和佳子(九州大学大学院准教授)、波平恵美子(お茶の水女子大学名誉教授)、石倉健二(兵庫教育大学大学院教授)、橋本巌(愛媛大学大学院教授)、古賀広幸(モバイル・プランニング代表取締役)、林裕二(福岡県朝倉市長)
学科・コース・専修一覧
教育学系国際教育文化コース国際的視野から教育問題を考える。欧米及びアジア・アフリカ諸国・諸地域における教育思想・教育哲学、教育文化・子ども文化、諸外国及び日本における授業研究や教授法の改善、教育制度の改革、国際理解や異文化理解、国際教育交流などをテーマに学ぶ。
教育学系教育社会計画コース現代社会の教育に関して理論的・実践的研究の方法や成果について学び、未来を見通した総合的な教育社会計画に結びつける。現代の学校体系を支える制度、行政、経営上の課題、選抜をめぐる家族や社会の機能、様々な学びの仕組みなどについて科学的に分析する。
教育心理学系人間行動コース生涯にわたる心身の構造の変化、集団の中での意識や行動、環境による認識や行動の違いなどを学び、現代の社会変動により生じる様々な問題に対処できる専門家を育成する。効果的な学習方法の模索や、学級、学校など組織の中での人間関係の問題などを扱う。
教育心理学系心理臨床コース心に悩みを抱える人や、身体に障害を持つ人々を理解し、支援できる心の専門家を育成する。高度産業社会におけるストレス、心理的葛藤、家庭内暴力、不登校、非行、犯罪などへのケアや対処の他、障害を持つ人々の社会的活動を支援する技法も身につける。

法学部

法に関わる幅広い領域を学ぶことで、 主体的に問い、思考し、表現できる力を培う

法学部定員学べる学問国際 法 政治
189人

【特色】5つの分野でカリキュラムを展開。各分野に入門、基盤、展開科目を設けている。
【進路】3割強は一般企業に就職する。法科大学院に進学する者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(中-社、高-地歴・公)
主な出身者来島達夫(JR西日本副会長)、丸岡亨(NTTコミュニケーションズ社長)、端山真吾(ジオスター社長)、笹田栄司(早稲田大学大学院教授)、吉村洋文(大阪府知事)、鬼木誠(衆議院議員)、岩田和親(衆議院議員)、高良鉄美(参議院議員)、長嶺超輝(フリーライター)、井原陽介(NHKアナウンサー)
学科・コース・専修一覧
基礎法学科目刑法、民法、憲法など具体的な法学の枠を越え、法学に関わる歴史、法学思想、外国の法律体制なども含んだ様々な視点から法をとらえ考察する。法理学、日本法制史、西洋法制史、法思想史、紛争管理論、法社会学、法情報学、英米法、ローマ法などの科目がある。
公法・社会法学科目国家と市民に焦点をあてた「社会認識」を深める。社会における公正と平等や市民の主体的な政治参加、人権の尊重、公共性などについて法学を通して考察し、それらを実現する法システムを構想する。憲法、行政法、租税法、労働法、社会保障法などの科目がある。
民刑事法学科目交通事故や傷害、窃盗、名誉棄損、医療ミス、対人トラブル、借金や遺産相続といった日常生活の諸事象を法的に扱う民事法や刑事法について学ぶ。民法、刑法、民事訴訟法、刑事訴訟法、商法、経済法、消費者法、刑事政策などの科目が設けられている。
国際関係法学科目国際関係上に発生する多様な問題を法学の観点から分析し検討する。ヨーロッパなど世界各地の政治統合や経済連携、国境を越えた子どもの奪取といった時事問題を幅広く扱う。国際公法、国際経済法、国際私法、国際取引法、知的財産法などの科目を設けている。
政治学科目国や地方自治体の政策決定に関わる場面で、市民、政治家、役人などそれぞれの立場の意思決定について、その根拠となるものの見方や判断について学ぶ。政治学、比較政治学、政治学史、政治史、国際政治学、現代政治論、地域研究などの科目がある。

経済学部

経済の動きを的確にとらえ、 創造的に問題を解決する人材を育成する

経済学部定員学べる学問経済 商・経営 経営情報 経営工
226人

【特色】英語での講義や留学などで国際的に活躍できる人材を育成するプログラムがある。
【進路】約6割が一般企業に就職する。公務員になる者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(中-社、高-公)
主な出身者川波洋一(下関市立大学長兼副理事長)、貫正義(福岡大学理事長)、伊東信一郎(ANAホールディングス会長)、苅田知英(中国電力会長)、森拓二郎(十八親和銀行頭取)、後藤富一郎(大分銀行頭取)、早瀬京鋳(オリオンビール社長)、寺本敏之(ホウライ社長)、坂梨哲士(NHKアナウンサー)、岩渕梢(フリーアナウンサー)、宇佐元恭一(シンガーソングライター)
学科・コース・専修一覧
経済・経営学科(141)専門科目群を経済分析、産業分析、企業分析の3つの系統に分けている。経済や経営の基礎理論を理解し幅広い教養を身につけることで、現代社会が抱える経済問題を多角的に分析し解決できる人材を育成する。4年次には大学院開講科目を履修することができる。
経済工学科(85)経済問題の分析を行う経済システム解析、経済政策の分析や評価の手法を習得する政策分析、ビッグデータの処理方法を身につける数理情報の3つの学習分野で構成。数理的、計量的、情報科学的な分析手法を駆使し、様々な視点から経済問題を総合的にとらえる。

理学部

課題探究能力と問題解決能力を培い、 「新しい知」の創造に挑戦する

理学部定員学べる学問生物 地球環境 数学 物理 化学 情報科学
258人

【特色】創造力を養う専攻教育を展開する。英語による少人数教育を行うコースを設置。
【進路】7割強は大学院に進学し、約2割は一般企業に就職する。

取得できる免許・資格教員免許(中-数・理、高-数・理・情)、学芸員、危険物取扱者、測量士(補)
主な出身者森田浩介(九州大学大学院教授、新元素「113番元素ニホニウム」研究グループディレクター)、大喜雅文(九州大学大学院教授)、井元清哉(東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長)、髙島明彦(学習院大学教授)、鳥飼否宇(小説家)、石持浅海(小説家)、植木雅俊(仏教思想研究家)
学科・コース・専修一覧
物理学科(55)物理学と情報理学の2つのコースを設置。講義や演習、実験を通して物理学と情報科学の基本法則を習得し、基礎をもとにした論理的思考法を身につけ、幅広く社会で活躍できる人材を育成する。どちらのコースでも4年次に研究室に所属し卒業研究の指導を受ける。
化学科(62)産業と地球環境の調和の観点から新物質を開発し、その機能と性質を効果的に利用することで社会貢献する。1~3年次は基幹教育科目、講義と実験からなる専攻教育科目を履修する。4年次には研究室に所属し、マンツーマンの指導体制のもと最先端の研究を行う。
地球惑星科学科(45)地球全体を1つの複合システムとして観察、解明し、環境変動や自然災害の予測ができる専門家を育成。物理、化学、数学、地学、生物学の基礎知識をもとに地球や惑星に関する知識を学び、課題探究能力を養う。4年次には研究室に所属し、卒業研究を進めていく。
数学科(50)数学を自然科学、経済、社会現象を記述する言語ととらえ、講義、演習、セミナーを通して自主的な学習姿勢を養う。数学を中心とした関連分野を扱う数理学研究院や、産業数学を扱うマス・フォア・インダストリ研究所の教員による高水準の数学教育を展開している。
生物学科(46)13の研究分野で構成される。4年次から研究室に所属し最先端の研究に取り組む。生物学の飛躍的な進展に対応する柔軟なカリキュラムのもと、基礎生物学の研究者のみならず、医療、農業、環境などの応用分野でも指導的役割を果たすことのできる人材を育成する。

医学部

1世紀を超える伝統を受け継ぎ、 医療系施設が集結したキャンパスで学ぶ

学科・コース・専修一覧
医学科定員学べる学問
110人

6年制。医療人としての倫理に徹した医師ならびに探究心旺盛な医科学研究者を育成。医学の進歩に伴い変化を続ける教育内容に対応するため、低学年次から臨床医学の学習を開始する。5・6年次の臨床実習は九州大学病院をはじめとした国内外の医療施設で行う。

医学科(110)6年制。医療人としての倫理に徹した医師ならびに探究心旺盛な医科学研究者を育成。医学の進歩に伴い変化を続ける教育内容に対応するため、低学年次から臨床医学の学習を開始する。5・6年次の臨床実習は九州大学病院をはじめとした国内外の医療施設で行う
生命科学科定員学べる学問生物 航空宇宙
12人

4年制。幅広い知識、高度な専門性、国際的視野を培い生命医科学分野の研究で指導的役割を担う人材を育成する。2年次に基礎的な実験操作を学び、高学年次には分子細胞生物学、高次機能制御学、生体情報科学、臨床医学の4つの分野から最新の知識を習得する。

生命科学科(12)4年制。幅広い知識、高度な専門性、国際的視野を培い生命医科学分野の研究で指導的役割を担う人材を育成する。2年次に基礎的な実験操作を学び、高学年次には分子細胞生物学、高次機能制御学、生体情報科学、臨床医学の4つの分野から最新の知識を習得する。
保健学科定員学べる学問看護 保健・介護
134人

【特色】様々な分野の教授陣や最先端設備を整えた実習施設など学びの環境が充実している。
【進路】卒業後は、大学病院や民間の病院などに就職する者が多いが、大学院へ進学する者もいる。

取得できる免許・資格看護師、保健師、臨床検査技師、診療放射線技師
主な出身者野田洋子(マイケア社長)、上野恭子(順天堂大学大学院教授)、大橋日出男(あすも特注 旅行班代表理事)、中島美津子(看護職の採用と定着を考える会理事)※前身の学部学科 出身者含む
看護学専攻(68)4年制。統合基礎看護学、広域生涯看護学の2つの講座で構成。健康支援の基盤となる看護の基礎的知識や技術、態度を学ぶ。生涯を通じて看護の実践や教育、研究に貢献できる人材を育成する。アジアの近隣諸国をはじめ外国の保健医療地域活動についても扱う。
放射線技術科学専攻(33)4年制。幅広い知識と技術、応用力、開発力、豊かな人間性を兼ね備えた技師を育成。2つの講座からなる。基礎放射線科学講座では放射線の特性や安全な利用法、コンピュータを用いた画像構築などを学ぶ。医用放射線科学講座では撮影技術や画像の解析などを学ぶ。
検査技術科学専攻(33)4年制。生体情報学、病態情報学の2つの講座で構成。高度化する検査技術や医療機器に対応できる理工学の知識や、科学的な情報処理、精度管理について学ぶ。環境汚染物質とその人体への影響についての調査、汚染防止の啓蒙や健康管理などについても扱う。

歯学部

高度な専門知識と技能を兼ね備えた、 世界で活躍できる人材を育成する

学科・コース・専修一覧
歯学科定員学べる学問
53人

【特色】教員による相談窓口を設置するなど歯科医師国家試験に向けた支援体制が整っている。
【進路】卒業生の8割超が臨床研修医を経て、歯科医師として活躍している。

取得できる免許・資格歯科医師
主な出身者小川隆広(カリフォルニア大学ロスアンゼルス校終身教授)
歯学科(53)6年制。口腔常態制御学、口腔保健推進学、口腔機能修復学、口腔顎顔面病態学の4つの
講座を設置している。問題解決型学習やチーム基盤型学習など多彩な教育手法を駆使し、社会のニーズに対応できる歯科医師や歯学研究者、生命科学研究者を育成する。

薬学部

人類の健康な生活に貢献することを目的に、 物質と生命の科学が融合した「薬学」を学ぶ

薬学部定員学べる学問
79人

【特色】医療系学部がそろうキャンパス環境を活かしチーム医療や創薬の連携研究を実践。
【進路】創薬科学科:大学院に進学する者が多い。臨床薬学科:病院や薬局に就職する者が多い。

取得できる免許・資格危険物取扱者、食品衛生管理者、食品衛生監視員、臨床検査技師、薬剤師、毒物劇物取扱責任者
主な出身者岡田弘晃(岡田DDS研究所所長)、森元聡(九州大学大学院教授)、永次史(東北大学大学院教授)、伊東祐二(鹿児島大学大学院教授)、能田均(福岡大学教授)
学科・コース・専修一覧
創薬科学科(49)4年制。生命科学の幅広い知識を身につけ、創薬分野で中心的な役割を担う教育者や研究者を育成。1~3年次は講義、実習、演習を通して化学系、物理系、生物系、環境系、臨床系の薬学を学習する。2・4年次に短期留学に参加する国際コースを選択できる。
臨床薬学科(30)6年制。患者への総合的な処方管理を通して、医薬品の適正使用を行える薬剤師を育成。1~3年次は化学系、物理系、生物系の薬学を学習する。3年次以降は実践薬学系科目を履修、5年次には5カ月間にわたり病院や薬局での実務実習を行い、職能的実践力を養う。

工学部

先導的研究と充実した工学教育により工学・技術・産業の発展に貢献する

工学部定員学べる学問地球環境 物理 化学 機械 土木・建築 電気電子 航空宇宙 エネルギー 海洋船舶 情報科学
778人

【特色】2021年度改組。オンラインを含む海外研修プログラムを導入し国際化を推進。
【進路】約8割が大学院に進学し、約1割が一般企業に就職する。

取得できる免許・資格危険物取扱者、測量士(補)、電気主任技術者、建築士(一・二級、木造)、技術士(補)、エネルギー管理士、ボイラー技士、土木施工管理技士
主な出身者梶山千里(福岡女子大学理事長兼学長)、若田光一(宇宙飛行士)、山本正已(富士通シニアアドバイザー)、福富正人(安藤ハザマ社長)、久松博三(日本道路社長)、井上良次(RKB毎日放送社長)、田中敬二(九州大学大学院教授)、幾原雄一(東京大学大学院教授)、江崎浩(東京大学大学院教授)、早下隆士(上智大学教授)、松岡恭子(建築家、スピングラス・アーキテクツ代表取締役)、福岡将之(写真家)、三池敏夫(美術監督)、杉瀬薫(プロゴルファー)、﨑田恭平(宮崎県日南市長)、古田圭一(衆議院議員)
学科・コース・専修一覧
電気情報工学科(153)2021年度改組。計算機工学、電子通信工学、電気電子工学の3つのコースを設置。数学、プログラミング、論理回路、電気回路、電磁気学などの基礎のうえに、電気情報工学分野の論理と物理の両方を学ぶ。新しい価値や技術を創造し生活や社会活動に貢献する。
材料工学科(53)2021年度改組新設。素材を原料から材料にするためのプロセス工学、材料の強度や形を変えるための加工工学、材料の機能を高めるための機能工学などの分野を学習する。実習や実験が数多く組まれ、材料づくりを通して社会貢献できるエンジニアを育成する。
応用化学科(72)2021年度改組新設。機能物質化学と分子生命工学の2つのコースを設置。世界トップクラスの研究成果を生み出す研究環境を整備し、実践力、表現力、提案力を養う教育を行う。多分野を俯瞰する基礎力を持ちつつ、細分化した専門領域に対応できる人材を育成する。
化学工学科(38)2021年度改組新設。3つの分野を設置。生命分野では臓器再生技術やバイオ医薬品などの開発を行う。環境・エネルギー分野では燃料電池、熱利用技術、排ガス処理などの分野で新技術を、ナノ材料分野ではナノメートルのサイズ、形状を制御した材料を開発する。
融合基礎工学科(57)2021年度新設。物質材料と機械電気の2つのコースを設置。4年間の学びの中で、AI・データ科学を専門的に活用するための「情報応用力」を身につける。2023年度には高等専門学校からの3年次編入学生を対象とした高専連携教育プログラムが開始予定である。
機械工学科(135)2021年度改組新設。材料力学、機械力学、流体力学、熱力学・伝熱学、設計法、制御、加工技術などの概念と基礎知識を学習する。実習、実験、製図など手を動かして学ぶ機会も多い。生体工学や水素利用技術など、従来の枠を越えた分野も学ぶことができる。
航空宇宙工学科(29)2021年度改組新設。航空機や宇宙機の開発に不可欠な基礎知識と応用的アプローチ、実践的なスキルを身につけると共に、総合的な視点や考え方をはぐくむ。宇宙航空研究開発機構(JAXA)や一般企業、海外の組織などとの共同研究も盛んに行われている。
量子物理工学科(38)2021年度新設。原子核物理・量子線工学、原子力エネルギー・核融合工学、機能性材料・量子線物性学、応用物性物理学の4つを教育・研究の柱とする。量子物理学の基礎と工学応用へのセンスを身につけ、変化する時代に柔軟に対応できる技術者を育成する。
船舶海洋工学科(34)2021年度改組新設。工学の基礎分野を幅広く学習し、巨大な船や海洋構造物を設計・建造し統合化するための総合工学を身につけるカリキュラムである。3年次には造船工場や鉄鋼所の見学の他、大型船を設計し図面を書き上げるなどの実習が組まれている。
地球資源システム工学科(34)2021年度改組新設。資源・エネルギーの探査から開発、利用、修復までの一連の資源開発プロセスをカバーする研究室が配置されている。3年次には国内外の企業でのインターンシップが実施され、フィールドワークを通して資源・エネルギー技術を体験できる。
土木工学科(77)2021年度改組新設。様々な技術やアイディアを結びつけ、世界のあらゆる場所で人々の暮らしを豊かにできる土木技術者を育成する。伝統的な技術を継承・発展させる一方で、最先端の技術を取り入れながら持続可能で豊かな国土や都市の構築に貢献する。
建築学科(58)住宅から都市まで、建築や都市文化を歴史的に顧みながら設計・計画する方法や、快適で健康的な環境を作るための環境工学、壊れない建物を作るための建築構造技術などについて幅広く教育・研究を行う。国際社会の第一線で活躍できる建築家や技術者を育成する。

芸術工学部

工学、芸術、人文・社会科学を関連づけながら、 「技術の人間化」の実現を目指す

学科・コース・専修一覧
芸術工学科定員学べる学問心理 機械 土木・建築 環境工 電気電子 情報科学 デザイン 写真・映像
187人

【特色】2020年度改組。欧米やアジアの大学に留学できる国際プログラムを設置。
【進路】約半数が大学院へ進学。就職者も約半数を占め、その多くが一般企業に就職する。

取得できる免許・資格建築士(一・二級、木造)

農学部

食料問題と環境問題の解決をテーマに、 人類の健康と福祉に貢献する

学科・コース・専修一覧
生物資源環境学科定員学べる学問経済 生物 地球環境 生物資源 農・林業 水産 化学
226人

【特色】2年次後期から4つのコースに分かれる。すべての科目を英語で履修する国際コースを設置している。
【進路】卒業生の約7割は大学院に進学し、約2割は一般企業や官公庁などに就職する。

取得できる免許・資格教員免許(中-理、高-理・農・水)、学芸員、食品衛生管理者、食品衛生監視員、測量士(補)、毒物劇物取扱責任者、技術士(補)、樹木医(補)、土木施工管理技士
主な出身者大櫛顕也(ニチレイ社長)、馬城文雄(日本製紙会長)、藤木幸夫(九州大学名誉教授)、 菅原卓也(愛媛大学教授)、甲斐達男(西南女学院大学教授)、片山恭一(小説家)、鮎川 誠(ミュージシャン)、西平良将(鹿児島県阿久根市長)、吉田忠智(参議院議員)、荒尾 茉紀(テレビ宮崎アナウンサー)
生物資源生産科学コース4つの分野を設置。農学分野では農作物などの遺伝育種学、生態学、病理学などを学ぶ。生物生産環境工学分野では農業の生産性向上について、生物生産システム工学分野では食料の生産や流通技術について研究。農政経済学分野では経済学と食料産業について扱う。
応用生物科学コース生物と環境の相互作用の解明やシステムとしての自然現象の理解を目指す応用生命化学、食品の働きや安全な食品提供について研究する食糧化学工学の2つの分野で構成。生命科学、食糧科学、環境科学に関わる専門知識と高度な技術を習得し、人類の発展に貢献する。
地球森林科学コース森林機能制御学、森林機能開発学、生物材料機能学の3つの分野を設置。地球規模の視野から森林資源について理解を深め、資源問題への理知的な対処方法を探る。研究分野は国土の保全や木質資源の創出など幅広い。北海道、宮崎県、福岡県に広大な演習林を持つ。
動物生産科学コース水生生物資源を扱う水産科学と、動物資源の高度利用や環境保全を目指すアニマルサイエンスの2つの分野を設置。陸上や海洋に生息する生物の生態や形態を学ぶ。食料生産の持続や有用物質の開発に関する理論と技術を習得し、生物資源の効率的な生産と利用を図る。