東大本番レベル模試 京大本番レベル模試 北大本番レベル模試 東北大本番レベル模試 名大本番レベル模試

学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 情報
  • 体育
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

深い学識を備えた情緒豊かで品位ある女性を育成

男女共同参画社会をリードし、教育研究の高度化、国際交流の推進、地域社会への貢献に力を入れ、自ら行動し社会を牽引する人材を育成。小規模ながら全国から学生が集まり多様性あるキャンパスを形成している。

↑TOPへ戻る

アクセス

・近鉄奈良線「近鉄奈良駅」から徒歩約5分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

410名(教授:95名 准教授:65名 講師:226名 その他:24名)

生徒数

2157名
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1908年、奈良女子高等師範学校として発足。1949年、文、理家政の2つの学部からなる奈良女子大学
に発展。1964年、大学院家政学研究科修士課程を設置。1993年、生活環境学部を改組設置。2014年、理学部などを大幅に改組。2016年、お茶の水女子大学との共同大学院を設置し、現在に至る。
特待生制度あり
学外試験場なし
附属小学校あり
附属中学校あり
附属高校あり
↑TOPへ戻る

Q&A

どんな経済的支援を行っているの?

奈良女子大学には、経済的な事情により入学料の納入が困難な学生を対象に、選考のうえ入学料や授業料を全額または半額免除する制度があります。 学内奨学金には、2年次以上の学部生を対象に特別な事情のため経済的に就学が困難な者に月額15,000円が給与される「廣岡奨学金」、すぐれた学業成績を収めた者に1万円が授与される「広部奨学金」、同じく優秀な学生に3万円が授与される「佐保会奨学金」、学業と育児の両立ができる環境をサポートする「育児奨学金」などが設けられています。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

奈良女子大学ならではの教育はあるの?

奈良女子大学では、人間性や創造力をはぐくみつつ、専門性を高め、社会に貢献できる人材を育成するという教育目標のもと「教養教育科目」「専門教育科目」「キャリア教育科目」の3つの科目を軸とした教育課程を設定しています。 国際交流も推進しており、17カ国・地域の大学や機関などと交流協定を締結し(2020年現在)、休暇中の短期海外研修や長期留学となる交換留学など各種プログラムを展開しています。また、奈良女子大学では自らの性を「女性」と自認する者の学ぶ権利を保障するため、「女性としての性自認を持つトランスジェンダー女性(MtF)」の受け入れを行っています。2022年度をめどに工学部の新設や奈良教育大学との統合も検討され、新しい大学の形が模索されています。

キャリア支援について知りたい!

奈良女子大学では、低学年次からキャリアを意識し就職や進学の計画を学生自らが積極的に考えることができるよう、キャリアプラン科目を開設しています。 1・2年次生を対象とした就活準備ガイダンス、就職活動が本格化する3年次生や大学院博士前期課程1年次生を対象とした就職セミナーやガイダンスなどの就職対策プログラムなどが年間40回程度企画されている他、教員・公務員対策講座も実施されるなど、進路に応じた様々な支援が行われています。キャリアアドバイザーによる個別相談にも応じています。
↑TOPへ戻る

大学紹介映像公開中

東進TV

大学名奈良女子大学
国/公/私国立
住所奈良県奈良市北魚屋西町
入試関連
問合せ先
入試課