学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 医療
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

学生生活の質の向上と高度な教育・研究を重視

豊かな創造性と高い学術性を有する「県民の誇りとなる価値ある大学」の実現に向け、研究や教育、地域貢献に取り組む。学生を第一に考え、高度で丁寧な教育を提供することで、社会に貢献できる人材を育成する。

↑TOPへ戻る

アクセス

●草薙キャンパス(全学部)
・JR・静岡鉄道「草薙駅」から徒歩約15分
●小鹿キャンパス(看護学部)
・静岡鉄道「柚木駅」から徒歩約20分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

276名(教授:93名 准教授:63名 講師:46名 その他:74名)

生徒数

2,821名(男:1,042名(36.9%)女:1,779名(63.1%))
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1987年、静岡薬科大学、静岡女子大学、静岡女子短期大学を改組、統合し、総合大学として開学。1988年、大学院薬学研究科を設置。1991年、大学院生活健康科学研究科及び国際関係学研究科を設置。1997年、看護学部を設置。2007年、公立大学法人となり、現在に至る。
特待生制度なし
学外試験場なし
附属小学校なし
附属中学校なし
附属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

学費が心配。経済的なサポートはあるの?

静岡県立大学は、高等教育の修学支援新制度の対象機関です。 また、自然災害などの不測の事態による被害や家庭の経済的事情により、授業料の納入が困難な学生に対して授業料の全額または半額あるいは3分の1が免除される制度を用意しています。静岡県立大学独自の奨学金として、2年次の成績優秀者を対象に、返還不要の一時金を支給する「成績優秀者学修奨励費」も設けています。その他にも、静岡県の一般企業や各種法人、日本学生支援機構などによる奨学金もそれぞれの条件で利用可能です。詳細は大学発行のパンフレットやホームページで必ず確認してください。

「しずおか学」ってどのようなことを学ぶの?

静岡県立大学では教養教育である全学共通科目のうち、静岡県について学ぶグループを「しずおか学科目群」とし、選択必修科目に位置付けることで、地域課題の認識及び課題の解決に主体的に取り組む意識を高めています。 「静岡の防災と医療」「茶学入門」「ビジネスの視点でみる静岡」「地域づくりの理論」といった多彩なテーマのもと、活発なフィールドワークなど、地域での実践的な経験を積むことができます。
↑TOPへ戻る
大学名静岡県立大学
国/公/私公立
住所静岡県静岡市駿河区谷田52-1
入試関連
問合せ先
学生部入試室(草薙キャンパス)