学べる学問

  • 人文言語
  • 情報
↑TOPへ戻る

概要

確かな知識や技術を習得し、世界で活躍する人材を育成

24時間使用可能なコンピュータ環境のもと、世界で活躍できる人材を育成する。全世界から教員を公募し、全教員の約4割が外国人である。第2外国語を導入せず英語教育を徹底し、国際性の涵養に努めている。

↑TOPへ戻る

アクセス

・JR「会津若松駅」からバス約10分、「会津大学」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

109名(教授:31名 准教授:75名 その他:3名)

生徒数

1,073名(男:953名(88.8%)女:120名(11.2%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 891,400~1,173,400円
周辺家賃相場 48,000~57,400円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1993年、開学。1995年、マルチメディアセンターを設置。1997年、大学院修士課程を設置。1999年、大学院博士課程、先端技術研究センターを設置。2006年、公立大学法人に。2013年、復興支援センターを設置。2015年、グローバル推進本部を設置し、現在に至る。
主な出身者佐藤昭(東北大学電気通信研究所准教授)、遠藤国忠(Novera代表取締役兼CEO)
特待生制度なし
学外試験場あり
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

会津大学の推薦入試について教えて!

会津大学では「推薦A」と「推薦B」という2つの形式で推薦入試を実施しています(2019年度)。いずれも推薦書、調査書、志願理由書、小論文及び数学と外国語の簡単なテストの結果を総合して最終的な合否を判定し、情報処理技術者試験、パソコン甲子園、日本情報オリンピック本選の成績優秀者には、調査書の配点内で加点されます。募集定員は64名(うち推薦A48名、推薦B18名)です。なお、「推薦A」に関しては福島県内の高校を卒業した者のみに出願資格が認められています。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

早期入学(飛び入学)って?

高等学校や中等教育学校後期課程の2年生、高等学校卒業程度認定試験合格者などのうち、3月31日時点で満17歳の者が受験できます。コンピュータ理工学及びその関連分野の研究を志す者を対象に、各自の能力や適性に応じた教育を早期から行い、独創的で個性的な研究を展開する人材を育成します。推薦書、調査書、志願理由書、面接、数学と外国語の個別学力検査の結果を総合して選抜が行われます。この制度と、学部と博士前期課程を計5年間で修了できる会津大学オナーズプログラムを組み合わせることで、通常より2年早く修士の学位取得も可能です。

教育プログラムはどうなっているの?

会津大学では各自の興味や関心に応じて、将来の進路に対応した5つのフィールド(専門領域)から、独自のカリキュラムを展開しています。1年生から実習や研究に参加して教員や先輩との交流の契機を作る「課外プロジェクト」、プロジェクト形式の課題解決型学習を取り入れチーム一丸となって開発テーマに取り組む「ベンチャー体験工房」など多様な科目が設けられています。学部と博士前期課程を計5年間で修了できる会津大学オナーズプログラムでは、「タイプA」(学部4年間+大学院博士前期課程1年間)や「タイプB」(学部3年間+大学院博士前期課程2年間)などが用意されています。
↑TOPへ戻る
大学名会津大学
国/公/私公立
住所福島県会津若松市一箕町鶴賀
入試関連
問合せ先
学生課学生募集係