学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 情報
  • 医療
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

地域に貢献し、未来の世界で活躍する人材を育成する

異文化を理解し、俯瞰的な視野で考え、情報を基盤に新しい社会を構築できるリーダーを育成する。北関東の総合大学の1つとして21世紀における地球規模の多様なニーズに応える教育を展開している。

↑TOPへ戻る

アクセス

●荒牧キャンパス(全学部)
・JR「前橋駅」からバスで約28分、「群馬大学荒牧」下車
●昭和キャンパス(医学部)、桐生キャンパス(理工学部)、太田キャンパス(理工学部)
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

1,461名(教授:213名 准教授:209名 講師:729名 その他:310名)

生徒数

5,111名(男:3,024名(59.2%)女:2,087名(40.8%)
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 863,460~1,121,100円
周辺家賃相場 39,500~63,000円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1949年に旧制群馬師範学校や前橋医科大学などを包括し、学芸、医、工の3つの学部で発足。1955年、大学院医学研究科を設置。1966年、学芸学部を教育学部に改組。1993年、社会情報学部を設置。2013年、工学部を理工学部に改組。2020年、宇都宮大学との共同教育学部を設置し、現在に至る。
主な出身者平塚浩士(群馬大学長)、笠原群生(国立成育医療研究センター臓器移植センター長)、久保田博南(ケイ・アンド・ケイジャパン代表取締役)、大澤豊(映画監督)、山本鉱太郎(作家)、星野富弘(詩画家)、佐藤美樹(フリーアナウンサー)、しゅんしゅんクリニックP(お笑い芸人、医師)
特待生制度なし
学外試験場あり
附属小学校あり
附属中学校あり
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

学生サポートの体制は充実しているの?

群馬大学では経済的理由により入学金や授業料の納入が特に困難であると認められた場合に、入学金や授業料の半額または全額の免除や徴収猶予を受けられる制度を設けています。「学生支援センター」では学生が抱える大学生活全般に関する相談にも対応しています。「健康支援総合センター」では健康相談やカウンセリングを行うなど心身のサポートを行っています。荒牧、昭和、桐生の3つのキャンパスにはそれぞれ学生寮が近在し、交通や経済の支援を必要とする学生をサポートしています。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。また、障害を持つ学生1人ひとりのニーズに合わせた各種支援を行う「障害学生サポートルーム」も開設しています。

特色ある教育や国際教育は行われているの?

群馬大学では2020年度より宇都宮大学との共同教育学部を新設しました。学部の規模が拡大したことで、中学校10教科と特別支援学校の5つの領域すべてについて教員免許を取得できる全国でも数少ない学部の1つとなっています。また、33カ国・地域の123の大学と協定を締結し(2019年3月現在)、半年間から1年間を協定校で過ごす交換留学や、長期休暇を利用した1?4週間程度の短期留学、語学研修などのプログラムを提供しています。異文化を理解し外国語のコミュニケーション能力を持つ「グローバルフロンティアリーダー(GFL)」を育成するプログラムも展開しています。選考を通過しGFL生になると英語での研修やGFL限定の留学プログラムなどに参加でき、授業料免除や留学費用の支援を受けられるなどのメリットもあります。

キャリア教育についてはどうなっているの?

群馬大学では「就業力育成支援室」と「キャリアサポート室」が連携し、学部や専門分野を意識したキャリア教育を展開しています。低学年次よりキャリアを考えながら大学生活を送り職業観の育成を行うための講座が設けられている他、インターンシップについても事前説明会から成果報告会までをフォローしています。3年次には、公務員対策講座や就職活動実践講座、合同企業説明会などが実施されます。生涯設計を見すえた幅広い相談を受けつけるキャリアカウンセリングも受けられます。
↑TOPへ戻る
大学名群馬大学
国/公/私国立
住所群馬県前橋市荒牧町4-2
入試関連
問合せ先
学務部学生受入課(荒牧キャンパス)