学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 情報
  • 医療
  • 体育
  • 芸術
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

「地域から世界へ、世界から地域へ」

現場主義の精神に則り、人と環境の調和のとれた持続可能な社会の構築を目指す。社会が求める自らが考えて判断し、行動できる自律型人材育成のために、学部学科の枠を越えた共通教育を行っている。

↑TOPへ戻る

アクセス

●朝倉キャンパス(人文社会科学、教育、理工、地域協働学部)
・JR「朝倉駅」から徒歩約3分
●岡豊キャンパス(医学部)、物部キャンパス(農林海洋科学部)
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

904名(教授:197名 准教授:171名 講師:362名 その他:174名)

生徒数

4,977名(男:2,777名(55.8%)女:2,200名(44.2%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 817,800~821,100円
周辺家賃相場 34,600~51,500円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1949年、新制高知大学設立。1977年、文理学部を人文学部と理学部に改組。2003年、高知医科大学を統合。2015年、地域協働学部を設置。2016年、人文学部を人文社会科学部、農学部を農林海洋科学部に改組。2017年、理学部を理工学部に改組し、現在に至る。
主な出身者村木厚子 (伊藤忠商事取締役)、種田保穂(横浜国立大学名誉教授)、北村総一朗(俳優)、菅和範(サッカー選手)、中野圭(サッカー選手)、實藤友紀(サッカー選手)、山下耀子(タレント)
特待生制度なし
学外試験場なし
附属小学校あり
附属中学校あり
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

学生支援について教えて!

学習面では、入学から卒業まで学生全員に担当の教員がつき、大学生活全般の指導や助言を行う「アドバイザー教員制度」があります。オフィスアワーを利用すれば、アドバイザーである教員以外の教員にも質問や相談が可能です。また、一部の学部では、推薦生・AO生を対象に大学の授業に備える入学前教育を実施しています。経済面では、日本学生支援機構の奨学金や「高知大学修学支援基金奨学金制度」「高知大学地方創生人材育成基金奨学金」など大学独自の奨学金制度、授業料の免除及び徴収猶予などの制度が設けられています。また、生活支援の一環として、男子寮である「南溟寮」と「日章寮」、女子寮である「かつら寮」と「ときわ寮」の4つの学生寮が設置されています。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

留学制度はどうなっているの?

留学先での授業料が必要なく、取得単位が高知大学の単位に認定される交換留学、大学を休学し希望する留学先で学ぶ私費留学、その他の国際交流事業活動などが用意されています。国際交流課では留学に興味や関心のある学生からの相談に随時対応しています。「国際連携推進センター」の教員スタッフによる個別相談や「国際交流基金」による奨学金などのサポート体制も整備されています。これらのサポートを活用し、アジア・太平洋地域を中心に、世界の様々な教育機関へ学生たちが留学を行っています。

就職活動支援について教えて!

「就職室」には、経験豊かな就職相談員やハローワークのジョブサポーターなど専門のスタッフが進路や就職活動の相談から、エントリーシートの添削や面接対策などにも対応しています。学部3年次と大学院1年次の学生にはオリジナルのガイドブックが配布され、遠方で行われる企業説明会に参加する学生をサポートする関西圏や岡山への格安バスツアーも行われています。就職室は、学部や学科が開催するインターンシップ授業、企業が開催するインターンシップなどの窓口にもなっています。高知大学では「キャリア形成に関する教育等の企画・実施」「インターンシップ等の支援」「就職支援・相談」「進学支援・相談を通して自律型人材を育成すること」をミッションとした、キャリア形成支援ユニットと呼ばれる体制のもと、「キャリア形成支援科目」をはじめとした、学生の将来像形成をサポートしています。
↑TOPへ戻る
大学名高知大学
国/公/私国立
住所高知県高知市曙町2-5-1
入試関連
問合せ先
学務部入試課(朝倉キャンパス)