学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 情報
  • 医療
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

「知の伝承と創造」を追求する

豊かな自然と東西日本の風土や文化が接し合う地理的特性を背景に、多様な文化と技術を基盤とする「学び、究め、貢献する大学」を理念に掲げる。世界レベルの研究を育て、独創的で先進的な研究拠点を目指す。

↑TOPへ戻る

アクセス

・柳戸キャンパス
JR「岐阜駅」または名鉄名古屋本線「名鉄岐阜駅」からバス約35分、「岐阜大学」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

748名(教授:254名 准教授:232名 講師:41名 その他:221名)

生徒数

5,673名(男:3,388名(59.7%)女:2,285名(40.3%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 821,440~823,100円
周辺家賃相場 48,500~99,400円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1949年に岐阜師範学校、岐阜青年師範学校、岐阜農林専門学校を統合して設立。農学部と、後の教育学部となる学芸学部を設置。1952年に工学部、1964年に医学部を設置。1996年、地域科学部を設置。2004年、農学部を応用生物科学部に改組し、現在に至る。
主な出身者森脇久隆(岐阜大学長)、竹中登一(東京大学大学院特任教授)、服部正平(早稲田大学大学院教授)、廣田章光(近畿大学教授)、高岡健(精神科医)、奥村晃史(画家)、石原ミチオ(画家)、岡野宏典(シンガーソングライター)
特待生制度あり
学外試験場なし
附属小学校あり
附属中学校あり
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

学生支援の制度はどうなっているの?

岐阜大学独自の制度「岐阜大学応援奨学生」は、成績優秀者に対し月額3万円を給付する制度です。給付期間は1年間以内で、大学院生も合わせ例年25名程度が学部長などからの推薦により奨学生に選出されています。経済的理由により授業料の納付が困難かつ学業が優秀である学生や、学資の負担者が亡くなるなどの事情で学費の納付が困難な学生には、授業料の全額または半額を免除する制度も設けられています。また、キャンパス内に男子200名、女子75名を収容できる学生寮(黒野寮)も設けられています。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

国際交流や外国語教育について知りたい!

岐阜大学では20カ国の50大学・機関と学術交流協定を結び(2019年)、国際交流が行われています。交換留学制度では最長で1年間を留学先で過ごし語学の他に専門科目も学びます。夏期休業中に2?6週間程度の短期留学に参加するサマースクールも用意されています。グリフィス大学(オーストラリア)、アルバータ大学(カナダ)、ソウル科学技術大学校(韓国)などの留学先で語学や文化を集中的に学びます。所属学部を問わず様々な分野の授業を受けられる全学共通教育では英語、ドイツ語、フランス語、中国語、ポルトガル語、朝鮮・韓国語の6つの言語を学べる科目を設けています。

就職支援について教えて!

「キャリアセンター」では、3年次生を対象にした「就職活動支援ガイダンス」では自己分析や業界・企業研究、エントリーシートの書き方、面接対策をはじめ、求人情報の提供や専属のスタッフによる就職相談などを行っています。「就活セミナー」では採用試験で行われるグループディスカッションを実践形式で練習できます。また、学生が企画・運営する合同企業説明会「岐阜大学学生企業展」では約180社の企業と1,200名あまりの学生が参加しています。
↑TOPへ戻る
大学名岐阜大学
国/公/私国立
住所岐阜県岐阜市柳戸1-1
入試関連
問合せ先
学務部入試課