学べる学問

  • 教育人間
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

子どもたちの未来を開く教師を育成する

教育の総合大学として教育が抱える現代的課題に対応し、豊かな人間性を身につけた専門職業人を養成する。教師の教育活動を心、生活、教育行政の面から支援する教育支援専門職の育成にも力を注いでいる。

↑TOPへ戻る

アクセス

・名鉄名古屋本線「知立駅」からバス約20分、「愛知教育大前」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

433名(教授:101名 准教授:84名 講師:239名 その他:9名)

生徒数

3,810名(男:1,615名(42.4%)女:2,195名(57.6%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 872,460円
周辺家賃相場 50,100~67,000円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1873年設立の愛知県養成学校を起源として愛知第一師範学校、愛知第二師範学校、愛知青年師範学校を統合し、1949年に愛知学芸大学を創設。1966年、愛知教育大学と改称。1987年、総合科学課程を設置。その後の改組を経て、2017年、教育支援専門職養成課程を設置し、現在に至る。
主な出身者市川房枝(女性解放運動家、政治家)、加藤久雄(奈良教育大学長)、山本久美(エスワイフード代表取締役)、若尾政希(一橋大学教授)、清水義範(小説家)、江川達也(漫画家)、ひぐらしカンナ(漫画家)、山田卓司(イラストレーター)、中野弘幸(陸上選手)、斎藤嘉隆(参議院議員)※前身の大学出身者含む
特待生制度なし
学外試験場なし
附属小学校あり
附属中学校あり
付属高校あり
↑TOPへ戻る

Q&A

どのような学生支援制度があるの?

愛知教育大学では家庭の経済的な事情などにより、入学金や授業料の納入が困難で、かつ学業成績が優秀であると認められる学生に対して入学金や授業料の半額、全額または一部の免除、徴収猶予が認められています。家計基準を満たし授業料免除を申請したものの免除を受けられなかった学生は、大学独自の奨学金制度「愛知教育大学奨学金ひらく」から半期ごとに申請し10万円を受給できる制度もあります。この制度では、家計が急変し修学が困難になった学生を対象に15~30万円の給付も行っています。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

特色ある教育や国際交流の制度について知りたい!

日本の学校現場では、多様化する生徒のニーズや事務作業、会議などによる勤務時間の超過問題を背景に、教員以外の専門職を学校に導入し「チーム学校」として子どもの教育・支援の充実を図ることが求められています。愛知教育大学では教育支援専門職養成課程を設置し、スクールソーシャルワーカーやICT情報通信教育支援員など、教員の手の届きにくい分野の専門家を育成し、学校現場の環境改善を目指しています。また、海外14カ国の24の教育系大学などと「学術協力に関する協定」を締結し(2019年現在)、国際的な経験を積む機会を提供しています。原則として1年間を協定校で学ぶ派遣留学や、協定校との多彩な各種短期プログラムなどが企画されています。

就職支援はどうなっているの?

愛知教育大学では教育・学習支援業に関して造詣の深い職員が、学生に対して丁寧にサポートを行っています。教員就職希望者に対しては面接や小論文の徹底した添削指導を行い、模擬面接や教員採用試験対策といった独自の講座を開設しています。教職以外の分野での就職を希望する学生に対しても、公務員就職支援や企業等就職支援などの体制を整え、インターンシップ講座、集団討論対策、企業研究セミナーといったきめ細やかな指導を行っています。
↑TOPへ戻る
大学名愛知教育大学
国/公/私国立
住所愛知県刈谷市井ヶ谷町広沢1
入試関連
問合せ先
入試課