東進SNS公式アカウント
永瀬昭幸 理事長インタビュー全国統一テスト企業案内サイトマップニュースリリース
数学オリンピック

東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

大学案内 > 北海道大学 > 基本情報

学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 情報
  • 医療
  • 体育
↑TOPへ戻る

概要

次世代のリーダーを育成するフロンティア精神

札幌農学校初代教頭のクラーク博士が残した“Boys, be ambitious!”の精神を受けつぎ、「フロンティア精神」「国際性の涵養」「全人教育」「実学の重視」を基本理念として掲げている。特に、豊かな人間性をはぐくむ「全人教育」の実現のため、教養教育を重視している。

↑TOPへ戻る

アクセス

●札幌キャンパス
・JR「札幌駅」から徒歩約7分
・札幌市営地下鉄南北線「北12条駅」から徒歩約4分、「北18条駅」から徒歩約7分、「さっぽろ駅」から徒歩約10分
・札幌市営地下鉄東豊線「北13条東駅」から徒歩約15分
●函館キャンパス
・JR「函館駅」からバスで約20分、「北大前」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数(合計:2064名)
教授:700名 准教授:636 講師:145名 その他:583
生徒数(合計:11426名)
男:8059名 女:3367名
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 817,800円
周辺家賃相場 27,000~36,000円
学寮あり
↑TOPへ戻る

校歌

↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1876年
開校
札幌農学校として開校。初代教頭にW.S.クラークを招く
1918年
北海道帝国大学設置
北海道帝国大学農科大学となる
1919~30年
学部新設
1919年 医、24年 工、30年 理の3学部を設置
1947年
改称、新制移行
1947年、北海道大学と改称。49年、7つの学部を擁する新制北海道大学となる
1953年
大学院設置
9つの研究科を擁する新制大学院を設置
2004年~11年
法人化
国立大学法人北海道大学となる。大学院を大幅に改組
特待生制度なし
学外試験なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

総合入試って何?

入学後に学生自身で学部を選択することができる制度です。北海道大学では、入学してから1年間、自分が本当に学びたいことは何なのか、将来どのようなことをしたいのか、どの学部が自分に適しているのかをじっくりと考える期間が与えられたうえで、学部・学科を選択することができる「総合入試」が実施されています。
2年次に進級する際、学部別入試やAO入試合格者は合格した学部に移行しますが、総合入試合格者は文理を問わず、すべての学部から進みたい学部を選択し進級することができます。学問分野の細分化と融合が進む現在、1年次でその実情に触れることで、どの学部に進学すれば本当にやりたいことができるのかをじっくりと考える機会が与えられているといえるでしょう。ただし、学部・学科ごとに受け入れ定員には制限が設けられており、それを上回る希望者が出た場合、1年次の成績にもとづいて移行者が決定されます。そのため、入学後も意欲を持って学業に取り組むことが必要です。
なお、学部・学科の選択に迷う学生のために、相談に応じたり、適切なアドバイスをするラーニングサポート室が設置されています。学問分野ごとに教育・研究の内容を紹介し、目標により近づくことができる学部を選択できるよう支援する「アカデミック・マップ」や、学部横断的な見識からアドバイスを行う「アカデミック・アドバイザー」などによって、学生の疑問や悩みに対応しています。

学生を支援する制度は整っているの?

学生を経済面や精神面で支援する様々な制度があります。北海道大学では、学生を物心両面でサポートする様々な制度が整えられています。入学前1年以内に学資負担者の死亡または風水害などの災害を受けたことにより、入学料の納付が極めて困難と認められる学生に対しては、入学料の全額または半額が免除される制度を設けており、また、経済的理由により入学料の納付期限までの納付が困難と認められる場合などには、入学料の徴収を猶予する制度もあります。家計が困窮し、かつ人物が優秀であると認められる学生に対して月額5万円が給付される北海道大学フロンティア奨学金など、北海道大学独自の奨学金も充実しています。
奨学金とは別に成績優秀な学生に対する独自の奨励金制度や表彰制度が用意されています。北海道大学新渡戸賞は、1年次の学業成績が優秀でかつすぐれた人格を有し、他の学生の模範になると認められた2年次の学生に対して20万円が贈呈されます。公益財団法人北海道大学クラーク記念財団によるクラーク賞は、学業成績がすぐれた学部卒業生に対して賞状と記念品が贈呈されます。他にも、日本学生支援機構や地方自治体、民間奨学財団などの支援制度も採用しています。
学生生活については、学生相談室で履修や勉強方法などの大学での学習上の悩みや進学、就職といった進路上の悩み、友人関係に関わる悩みなどに対して専門のカウンセラーが適切なアドバイスや援助を行っています。保健センターでは、学生の健康相談や応急的な診療を行っています。また、学生寮は札幌に恵迪寮と霜星寮(女子専用寮)、函館に北晨寮が設けられています。

国際交流にはどのようなものがあるの?

「国際性の涵養」という建学以来の理念を受け継ぎ、多様な制度を設けています。北海道大学は海外の約50カ国・地域の約200大学などと学生交流協定を結んでいます。海外の交流協定大学への留学には、国際協力や日系企業の現場を体験できる約2週間のファースト・ステップ・プログラムから、夏休みや春休みを利用した短期プログラム(サマープログラム・スプリングプログラム)、1年以内の交換留学プログラムまで様々なプログラムがあります。交換留学プログラムで留学する場合には、北海道大学に授業料を納めていれば、留学先の大学へ授業料を納める必要はなく、留学中に取得した単位は北海道大学の単位に認定されます。
これらの海外留学を支援している国際本部では、「留学情報コーナー」を設置している他、留学プログラムや留学に関する手続きの説明、留学体験者の生の声を聞くことのできる「留学説明会」や、「北大生を『グローバルに活躍する』気にさせるセミナー」などを実施しています。
一方、北海道大学のキャンパスでは、79の国・地域から来日した1,700名以上の留学生が学んでいます(2015年現在)。外国人留学生の他、外国人教員を含めて、キャンパス内では様々な国や地域の人々と出会うことができるでしょう。留学生と一緒に英語で学ぶことのできる「国際交流科目」の授業科目群もあり、北海道大学のキャンパスそのものが国際的な経験と留学準備を始める第一歩となっています。
↑TOPへ戻る