学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 情報
  • 医療
  • 体育
↑TOPへ戻る

概要

次世代のリーダーを育成するフロンティア精神

札幌農学校時代の建学の精神とクラーク博士の言葉を受け継ぎ、「フロンティア精神」「国際性の涵養」
「全人教育」「実学の重視」を基本理念としている。その理念の実現のために、専門教育と教養教育に
よって、専門的な知識と幅広い教養を兼ね備えた協働の精神を持つ人材を育成する。

↑TOPへ戻る

アクセス

●札幌キャンパス
・JR「札幌駅」から徒歩約7分
・札幌市営地下鉄南北線「北12条駅」から徒歩約4分、「北18条駅」から徒歩約7分、「さっぽろ駅」から徒歩約10分
・札幌市営地下鉄東豊線「北13条東駅」から徒歩約15分
●函館キャンパス
・JR「函館駅」からバス約20分、「北大前」、「北大裏」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数(合計:2070名)
教授:686名 准教授:619名 講師:150名 その他:615名
生徒数(合計:11436名)
男:8086名 女:3350名
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 817,800円
周辺家賃相場 47,400~66,300円
学寮あり
↑TOPへ戻る

校歌

↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1876年
開校
札幌農学校として開校。初代教頭にW.S.クラークを招く
1907年
帝国大学に移行
東北帝国大学農科大学となる
1918年
大学再編・改称
東北帝国大学より分離、北海道帝国大学農科大学となる
1919~30年
学部新設
医、工、理の3つの学部を設置
1947~49年
改称、新制移行
1947年、北海道大学と改称。49年、7つの学部を擁する新制北海道大学となる
1953年
大学院設置
9つの研究科を擁する新制大学院を設置
2004~15年
法人化、大学院改組
国立大学法人北海道大学となる。大学院を大幅に改組
特待生制度なし
学外試験なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

AO入試について教えて!

理系学部でAO入試を実施。面接で論理的思考力や問題解決能力が試されます。北海道大学では、理系学部でAO入試が行われています。例えば理学部では、物理学科と地球惑星科学科で各5名、歯学部では5名の定員が設けられており、個別試験やセンター試験などの学力検査は課されません。
医学部では、医学科5名、保健学科看護学専攻7名、作業療法学専攻4名、工学部では、応用理工系学科の応用マテリアル工学コースと環境社会工学科の社会基盤学コースで各4名の定員を設けて、センター試験が課されます。一方、水産学部では、学部全体で定員20名とし、センター試験は課されません。
第1次選考で調査書、推薦書、諸活動の記録などの書類審査が行われますが、工学部環境社会工学科の社会基盤学コースではTOEFLやTOEICなどの英語の外部試験スコアを英語能力の判定材料として用いるなど、学部や学科ごとに選抜方法が若干異なる場合があります。
第2次選考では、すべての学部、学科、コースで面接が行われ、意欲や目的意識に加え、論理的思考力、暗記に頼らない問題解決能力などが試されます。また、医学部保健学科以外では課題論文も課されます。第2次選考では、画一的な筆記試験では測れない、それぞれの学問分野に対する適性や意欲、表現力などが試される傾向にあります。特定の分野について深い興味と高い意欲を持つ受験生に有利な試験方式といえるでしょう。
なお、2018年度からは国や地域、学問分野を越えてグローバルに活躍できる人材育成を目標に「国際総合入試」が導入されました。「国際総合入試」では、国際バカロレア、またはSAT Reasoning Test(ACTも可)とSAT Subject Testの成績の提出が必要です。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

「総合入試」って何?

入学後に学生自身で学部を選択することができる制度です。北海道大学では、入学してから1年間、本当に学びたいことは何なのか、将来どのようなことをしたいのか、どの学部が適しているのかを、学生自身がじっくりと考える期間を設けて、学部学科を選択できる「総合入試」が導入されています。
北海道大学の学生は入学後の1年間は「総合教育部」に所属し、文系・理系それぞれをベースとしたカリキュラムのもと基礎的な学習を行います。2年次に進級する際、学部別入試やAO入試合格者は合格した学部に移行しますが、総合入試の合格者は入学試験で文系・理系どちらを選択したかに関わらず、すべての学部から進みたい学部を選択し進級することができます。学問分野の細分化と融合が進む現在、1年次で幅広い分野を学びその実情に触れることで、どの学部に進学すれば本当にやりたいことができるのかをじっくりと考える機会が与えられているといえるでしょう。ただし、学部や学科ごとに受け入れ定員には制限が設けられ、それを上回る希望者が出た場合、1年次の成績にもとづいて移行者が決定されます。そのため、入学後も意欲を持って学業に取り組むことが必要です。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。
なお、学部や学科の選択に迷う学生のために、相談窓口として適切なアドバイスなどを行うラーニングサポート室が設置されています。学問分野ごとに教育、研究の内容を紹介し、目標により近づくことができる学部を選択できるよう支援する「アカデミック・マップ」や、学部横断的な見識からアドバイスを行う「アカデミック・アドバイザー」などによって、学生の疑問や悩みに対応しています。

どのような就職支援をしているの?

キャリアセンターで多様なサポートを行っています。北海道大学では、「北海道大学キャリアセンター」を設置し、自らの意思と責任で将来を決定できる自立した社会人になるための様々なサポートを行っています。
キャリアセンターでは就職相談や就職情報の収集、インターンシップ支援に加えて、企業研究セミナーや内定を得た学生によるセミナーなどを開催しています。企業研究セミナーでは北海道大学の卒業生の採用に積極的な企業が北海道大学に集まり、就職活動を始める学生がキャンパス内で企業や業界を研究し理解を深める貴重な機会を提供しています。2016年度は743社、約26,000名の学生が参加しました。内定を得た学生によるセミナーでは就職活動を実際に経験した先輩が就職活動の進め方や業界・会社選びのポイント、自己分析の方法といった、就職活動で不安を覚えやすいことに関する質問に対して、丁寧に答えてくれます。
なお、キャリアセンターでは、オンデマンド型の就活ミニ講座も開催しています。実践中心、少人数制の就活講座で、希望者が集まり次第、随時開催しています。
特色ある取り組みの1つとして、企業の人事担当者が面接者となり模擬面接を行う公開模擬面接会も行われています。マンツーマンで行われる20分程度の模擬面接後には、面接を行う企業の人事という観点から講評やアドバイスを受けられます。その他にも、エントリーシートの書き方講座、女子学生を対象とした就活セミナー、業界研究ガイダンスなど学生の様々なニーズに応えた就職支援制度を整えています。
↑TOPへ戻る