東大本番レベル模試 京大本番レベル模試 北大本番レベル模試 東北大本番レベル模試 名大本番レベル模試

学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 体育
  • 芸術
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

「清き気品」「篤き至誠」「高き識見」を校訓とする

「愛と理解と調和」を教育の理想とし、自己の力を国際社会のために役立てる女性を育成する。海外キャンパス「昭和ボストン」への留学や研修制度をはじめとする多種多様な講義や学びのプログラムを展開する。

↑TOPへ戻る

アクセス

・東急線「三軒茶屋駅」から徒歩約7分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

210名(教授:93名 准教授:63名 講師:45名 その他:9名) 

生徒数

6,098名
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1920年、日本女子高等学院として創設。1949年、昭和女子大学と改称。1978年に文家政学部を文、家政学部に分離。2003年、文学部を人間文化学部に改称。2013年、グローバルビジネス学部を設置。2017年、国際学部を設置。2020年、環境デザイン学部を設置し、現在に至る。
特待生制度あり
学外試験場あり
附属小学校あり
附属中学校あり
附属高校あり
↑TOPへ戻る

Q&A

昭和女子大学にはどのような奨学金があるの?

 昭和女子大学独自の給付型奨学金には、年間20万円の給付が受けられる「人見記念奨学金」「成績優秀者奨学金」「経済的支援奨学金」や「光葉緑奨学金」などがあります。 この中でも「人見記念奨学金」は、学習態度や生活態度がすぐれ、他学生への影響力が大きい各学科各学年の1名を対象に20万円を給付しています。その他にも、大学独自の貸与型奨学金や、日本学生支援機構による奨学金なども利用することができます。詳細は大学発行の募集要項やホームページで必ず確認してください。

国際交流について知りたい!

 昭和女子大学では世界各地の42大学と交流協定を締結し(2020年度)、昭和女子大学の海外キャンパス「昭和ボストン」への留学の他、上海交通大学(中国)や韓国の女子大学とのダブルディグリー・プログラムをはじめとして交換留学や海外研修など多彩なプログラムを提供しています。 これらの各種制度を利用して、年間におよそ900名が留学に参加しています。渡航が困難な2020年度は海外の協定校とのオンライン国際協働型授業や語学のオンラインプログラムなどが多数実施されました。2019年度にはペンシルベニア州立テンプル大学の日本校(TUJ)が昭和女子大学のキャンパスへ移転しました。これにより、昭和女子大学の学生は渡航することなくTUJの授業を受けることが可能になっています。

どのようなキャリア支援を行っているの?

 昭和女子大学では「キャリア教育」「キャリア支援プログラム」「社会人メンター制度」の3つを柱に、学生のキャリアデザインを支援しています。 「キャリア教育」では、1年次から全学科共通でキャリアデザインに関する科目を設置し、現代社会における生き方や働き方を設計する能力を養います。「キャリア支援プログラム」では、就職活動支援講座や個別面談、インターンシップなどを通して一人ひとりに合わせたサポートを行っています。また、学内合同企業説明会や業界研究セミナーなどを開催することで、企業と直接関わる機会を設けています。「社会人メンター制度」では、昭和女子大学の卒業生にとどまらず、化粧品会社や航空会社、金融機関など各業界で活躍している多くの女性社会人からアドバイスを受けることができます。
↑TOPへ戻る

大学紹介映像公開中

東進TV

大学名昭和女子大学
国/公/私私立
住所東京都世田谷区太子堂1-7-57
入試関連
問合せ先
アドミッションセンター