学べる学問

  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 情報
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

「創造」「協同」「貢献」の3つの精神のもとに

「湖国から世界へ、知の21世紀をきり拓く」をスローガンに、学生の主体性を尊重し、幅広い教養と高度な専門知識を養う。地域の歴史と文化の継承と発展、琵琶湖を起点とした環境保全のための教育に取り組む。

↑TOPへ戻る

アクセス

●大津キャンパス(教育学部)
・JR「石山駅」からバス約15分、「滋賀大西門」下車
●彦根キャンパス(経済、データサイエンス学部)
・JR「彦根駅」からバス約5分、「滋賀大口」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

385名(教授:111名 准教授:76名 講師:185名 その他:13名)

生徒数

3,580名(男:2,188名(61.1%)女:1,392名(38.9%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 871,460~915,100円
周辺家賃相場 40,600~66,800円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1949年に彦根経済専門学校、滋賀師範学校、滋賀青年師範学校を母体として設立。1966年、学芸学部を教育学部に改称。2004、国立大学法人に。2017年、データサイエンス学部を設置。2019年、データサイエンス研究科を設置、現在に至る。
主な出身者宇野宗佑(第75代内閣総理大臣)、家森信善(神戸大学教授)、勝山貴之(同志社大学教授)、関義哉(歌手)※前身の大学・組織出身者含む
特待生制度なし
学外試験場なし
附属小学校あり
附属中学校あり
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

大学独自の経済支援制度について教えて!

滋賀大学では学業成績優秀ながら経済的理由により授業料の納付が困難な学生を対象に、授業料の全額または半額を免除する制度を設けています。入学料についても、経済的事情により納付が困難と認められた場合、免除または徴収猶予を受けることができます。また、生活困難や授業料未納を理由として学生が学業を断念することのないよう、授業料免除の特別枠や学内奨学貸与金及び学外奨学金の斡旋をセット化した、滋賀大学学生特別支援政策パッケージ「つづけるくん」が運用されています。学生寮は大津キャンパス内の「平津ヶ丘寮」と彦根キャンパス近くの「偲聖寮」の2カ所が設置され、安価に利用することができます。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

留学や国際教育は行われているの?

滋賀大学は世界の17の大学との間で大学間交流協定などを締結し(2019年現在)、国際協調や国際協力など実践力を伸ばす留学機会を提供しています。最長1年間を協定校で学ぶ交換留学制度や、夏期休暇に異文化を体験できる短期海外研修など各種留学制度が設けられています。2018年度には7名が交換留学に、59名が短期海外研修にそれぞれ参加しています。経済学部では、集中的な外国語教育や海外研修、外国人留学生との共同学習などを通じてグローバル社会で活躍するための能力を身につける選抜制の「共創グローバル人材プログラム」を設けています。

滋賀大学の特色ある就職支援って何?

大津キャンパスでは就職委員やキャリアカウンセラーによる就職相談を受けつけており、彦根キャンパスでは「就職支援室」において専任の教員が就職相談を行っています。どちらのキャンパスでも、年間を通じて就職情報説明会や就職ガイダンス、各種ワークショップやセミナーなどを開催していますが、教育学部のある大津キャンパスでは教員を目指す学生向けの企画が多く、経済学部のある彦根キャンパスではインターンシップガイダンスや業界研究、公務員希望者向けの各種説明会などのイベントが中心になっています。どちらのキャンパスの学生も、自分の進路に応じた支援を受けることができ、例えば大津キャンパスの教育学部生が教員以外の進路を希望した場合、彦根キャンパスでのガイダンスなどに参加できる交流就職支援プログラムが実施されています。
↑TOPへ戻る
大学名滋賀大学
国/公/私国立
住所滋賀県彦根市馬場1-1-1
入試関連
問合せ先
入試課入学試験係(彦根キャンパス)