学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 医療
  • 芸術
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

“Do for Others(他者への貢献)”を掲げて

創設者へボン博士の唱えた“Do for Others(他者への貢献)”の理念のもと、世界の諸問題について柔軟で誠実に対処できる人材を育成する。外国語と諸領域科目の教育の連携に力を入れている。

↑TOPへ戻る

アクセス

●横浜キャンパス(全学部)
・JR・横浜市営地下鉄ブルーライン「戸塚駅」からバスで約12分、「明治学院大学正門」下車
●白金キャンパス(文、経済、社会、法、心理学部)
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

302名(教授:190名 准教授:63名 講師:17名 その他:32名)

生徒数

12,171名(男:4,686名(38.5%)女:7,485名(61.5%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 1,263,050~1,531,780円
周辺家賃相場 56,200~88,000円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1863年、ヘボン塾として創立。1886年、明治学院と改称。1949年、明治学院大学が文経学部を設置して発足。1965年、社会学部を設置。1966年、法学部を設置。1986年、国際学部を設置。2002年、教養教育センターが発足。2004年、心理学部を設置し、現在に至る。
特待生制度あり
学外試験あり
附属小学校なし
附属中学校あり
付属高校あり
↑TOPへ戻る

Q&A

明治学院大学のAO入試について教えて!

 明治学院大学では、自己推薦AO入学試験を全学部で実施しています(2019年度)。文学部英文学科の自己推薦AO入試では出願資格として実用英語技能検定やTOEFL iBT、GTEC CBTなど、外部の外国語検定試験において一定以上の成績が求められます。この入試方式では提出書類の審査による第一次選抜に加えて、面接や英語での小論文からなる第二次選抜によって、最終的な合格者が決定されます(募集定員約20名)。文学部フランス文学科の自己推薦AO入試では出願時に言語、文学、歴史、芸術、思想の分野に関するレポートを提出するのに加え、第二次選抜では面接とフランス語もしくは英語の試験が課されます(募集定員約15名)。その他にも、文学部では英語の外部試験の結果を外国語の得点として利用できる入試や、社会、法、心理学部では学科に関係の深いテーマについての論述試験など、様々な入試方式が導入されています。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

奨学金について教えて!

大学独自のものとして「白金の丘奨学金」があります。首都圏以外(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県以外)から明治学院大学への入学を希望する受験生を対象とした入学前予約型の給付奨学金です。毎年40万円が入学後4年間支給されます。両親の収入額や高校時代の成績などの条件があり、毎学期継続審査が行われます。その他にも、学業優秀者を対象とした「明治学院大学学業優秀賞」、経済援助を目的とした「明治学院大学ヘボン給付奨学金」など、様々な給付奨学金制度が設けられています。

「明治学院共通科目」って何?

 世界各地で起こる様々な問題に柔軟かつ誠実に対処するための総合的な教養の習得を目指す科目です。外国語教育とその他の諸領域科目の教育との連携のもと、外国語、人文科学、自然科学、健康・スポーツ科学など様々な分野の科目を開講しています。実際の現場で体験的な学習も重視し、ボランティア科目や実験科目、実習科目を数多く設けています。外国語の学習ではドイツ語やフランス語などに加え、タイ語やアラビア語といった多彩な外国語を学べます。
↑TOPへ戻る
大学名明治学院大学
国/公/私私立
住所東京都港区白金台1-2-37
入試関連
問合せ先
入学インフォメーション(白金キャンパス)