学べる学問

  • 医療
↑TOPへ戻る

概要

地方創生に貢献できる存在感のある大学を目指して

医学と看護学の領域で活躍できる人材を育成する。医療の知識や技術、研究結果を治療だけでなく、地域の安心や社会の発展に活かすために、地域の活性化に貢献する「医学を基礎とするまちづくり」を構想する。

↑TOPへ戻る

アクセス

キャンパス:
近鉄橿原線「八木西口駅」から徒歩約8分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

670名(教授:60名 准教授:65名 講師:345名 その他:200名)

生徒数

1,019名(男:516名(50.6%)女:503名(49.4%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 845,800~1,421,680円
周辺家賃相場 38,000~65,200円
学寮なし
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1952年、奈良県立医科大学開設。1960年、大学院を設置。2004年、医学部看護学科を開設。2007年、公立大学法人に。2011年、女性研究者支援センターを設置。2012年、医学科に「研究医養成コース」を設置。2014年、看護実践・キャリア支援センターを設置し、現在に至る。
特待生制度なし
学外試験場なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

学生への経済的な援助はあるの?

奈良県立医科大学では学業成績が優秀で経済的理由により就学が困難な者に対して、選考により貸与される日本学生支援機構奨学金を用意しています。 経済的な理由により授業料の納付が困難でかつ学業優秀な学生に対しては、就学を支援するために授業料の半額または全額が免除される制度もあります。この制度を利用するためには、医学科では各学年所定の必修科目の全単位を、看護学科では看護学実習を受けるために必要な科目の全単位を、それぞれ取得していることが条件です。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

医学科の6年一貫教育プログラムって何?

奈良県立医科大学では、6年一貫教育プログラムとして独自のカリキュラムを展開し、「良き医療人育成」を大きな目標に掲げた「教育改革2015」にもとづき各種プログラムが展開されています。 様々な観点から医療を学ぶ「良き医療人育成プログラム」、地域医療の現場を知り心構えを身につける「地域基盤型医療教育プログラム」をはじめとして、臨床医として必要な問いを低学年のうちから学ぶ臨床マインドの育成や、医学者に求められる研究的態度を身につける研究マインドの育成などの取り組みが行われています。

卒業後はどうしているの?

医学科では、6年間のカリキュラム修了後、医師国家試験を受けたのち、研究医養成コースに所属している学生は大学院博士課程に進学します。 学位取得後には世界で活躍する基礎医学研究医として養成されます。地域基盤型医療教育コースに所属している学生は地域の病院や診療所で初期臨床研修を行ったのち、地域の総合医として養成されます。看護学科では多くの卒業生が附属病院や県内外の医療機関に就職します。大学院に進学して研究の道に進む者もいます。
↑TOPへ戻る
大学名奈良県立医科大学
国/公/私公立
住所奈良県橿原市四条町840番地
入試関連
問合せ先
教育支援課