学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
↑TOPへ戻る

概要

国際社会で通じる、産業界のリーダーを育成する

“Captains of Industry”という精神に則り、実学を重んじ、構想力ある専門人、理性ある革新者、指導力ある政治経済人を育成する。ゼミを軸とした少人数教育や海外留学制度に力を入れている。

↑TOPへ戻る

アクセス

●国立キャンパス
・JR「国立駅」から徒歩約10分
・JR「谷保駅」から徒歩約20分
・JR「谷保駅」からバスで約6分、「一橋大学」 下車
●小平国際キャンパス (学部以外設置)
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数(合計:353名)
教授:192名 准教授:87名 講師:25名 その他:49名
生徒数(合計:4431名)
男:3172名 女:1259名
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 822,460円
周辺家賃相場 47,300~117,400円
学寮あり
↑TOPへ戻る

校歌

↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1875年 設立
商法講習所を設立
1920年 大学昇格
東京高等商業学校を経て、東京商科大学に昇格
1949年 改称、改組
一橋大学に改称。商、経済、法学社会の3つの学部を設置
1951~53年 学部再編
1951年、法学社会学部を法、社会の2つの学部に分割。53年、大学院を設置
1998~2000年 大学院重点化
大学院を改組し、重点化
2004年 法人化、大学院設置
国立大学法人一橋大学を設立。法科大学院(ロースクール)を設置
2005年 大学院開設
2005年、国際・公共政策大学院を設置。18年、経営管理研究科を設置
主な出身者三木谷浩史 (楽天会長兼社長兼COO)、鈴木喬(エステー会長)、磯輪英之(ISOWA社長)、藤林清隆(三井ホーム会長)、臼井興胤(コメダホールディングス社長)、三須和泰(カンロ社長)、佐々木大輔(freee創業者・CEO)、渡辺裕介(チョコレイト創業者・代表取締役)、倉田真由美(漫画家)、吉村達也(小説家)、太朗想史郎(SF作家)、楠木建(一橋大学大学院教授)、伊藤邦雄(一橋大学大学院特任教授)、籏本智之(小樽商科大学大学院教授)、三品和広(神戸大学大学院教授)、橋本悟(帝京大学准教授)、中野紘志(ボート選手)、蓼沼宏一(一橋大学長)、長谷部勇一(横浜国立大学長)、鈴木典比古(国際教養大学理事長兼学長)、北川浩(成蹊大学長)、津上賢治(九州産業大学理事長)、沖中進(朝日放送グループホールディングス社長)、津谷正明(ブリヂストン会長兼CEO)、内藤忠顕(日本郵船会長)、進藤孝生(日本製鉄会長)、杉山博孝(三菱地所会長)、森山透(三菱食品社長)、松井道夫(松井証券社長)、畑中好彦(アステラス製薬会長)、大倉治彦(月桂冠社長)、塩村仁(ノーベルファーマ社長)、柚木治(ジーユー社長)、白石賢(東京都立大学教授)、竹中平蔵(慶應義塾大学名誉教授、パソナグループ会長)、岸博幸(慶應義塾大学大学院教授)、中谷巌(多摩大学名誉学長)、須賀晃一(早稲田大学教授)、浜矩子(同志社大学大学院教授)、良永康平(関西大学教授)、岩井三四二(小説家)、吉住渉(漫画家)、岡村勲(弁護士)、三日月大造(滋賀県知事)、金田勝年(衆議院議員)、根本幸典(衆議院議員)、松本正義(住友電気工業会長、関西経済連合会会長)、髙橋和夫(東京急行電鉄社長)、戸倉三郎(最高裁判所裁判官)、石原慎太郎(作家)、田中康夫(作家)、魚住昭(作家、ジャーナリスト)、新井紀子(数学者、国立情報学研究所教授)、細野敦(弁護士)、関野吉晴(探検家)、西川りゅうじん(マーケティングコンサルタント)、大橋真由美(成城大学教授)、富田茂之(衆議院議員)、三原朝彦(衆議院議員)、山内あゆ(TBSアナウンサー)、千種ゆり子(気象予報士)、中野なかるてぃん(お笑い芸人)、井上寿一(学習院大学長)、杉森務(JXTGホールディングス社長)、三浦展(カルチャースタディーズ研究所主宰)、吉崎達彦(双日総合研究所チーフエコノミスト)、杉山隆男(ノンフィクション作家)、村中璃子(医師、医療ジャーナリスト)、島本実(一橋大学大学院教授)、山下裕子(一橋大学大学院教授)、丸山康司(名古屋大学大学院教授)、藪長千乃(文京学院大学教授)、山本健児(帝京大学教授)、上林千恵子(法政大学教授)、合田正人(明治大学教授)、小ヶ谷千穂(フェリス女学院大学教授)、筒井淳也(立命館大学教授)、水野良樹(ミュージシャン)、山本コウタロー(ミュージシャン)、三宅唱(映画監督)、高平哲郎(放送作家、編集者)、森圭介(日本テレビアナウンサー)、進藤潤耶(テレビ朝日アナウンサー)
特待生制度あり
学外試験場なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

学生生活への支援について教えて!

独自の奨学金制度の他、「如水会」による支援、充実した留学制度などがあります。一橋大学では「一橋大学学業優秀学生奨学金制度」を設け、2年次以上の学業成績優秀な学生に対して月額8万円を1年間給付しています。「一橋大学生協奨学金」は優秀ながら経済的支援を必要とする3年次生を対象に年額24万円を、「オデッセイ コミュニケーションズ奨学金」「小林輝之助記念奨学金」は経済的困窮度が高く支援を必要とする学業成績優秀な学部学生に年額60万円をそれぞれ給付する制度です。これらは寄附金を原資とした給付型の奨学金であり、卒業後に返還の義務はありません。このような制度のもと、2018年度には14.5%の学生が各種奨学金を利用しています。海外留学を目指す学生向けには、同窓会組織である「如水会」の支援により、往復の旅費などの留学準備金と1年間の現地滞在費が支給される「一橋大学海外留学奨学金」が設けられています。1987年の制度開始以来、この制度によって数多くの学生が留学を果たしています。2019年現在、一橋大学では世界各地の45大学・機関と学生交流協定を締結しており、協定校への留学に際しては現地の大学への授業料納入が免除されます。2018年度には、「一橋大学海外留学奨学金」を利用し協定校へ留学した学生が115名にのぼりました。様々な学生生活のサポートも行われています。国際学生宿舎と呼ばれる学生寮が小平国際キャンパスに開設され、一橋大学に通う学生以外にも単位互換制度の協定を結ぶ多摩地区の3つの国立大学(東京学芸大学、東京農工大学、電気通信大学)に在籍する外国人留学生も入居しています。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

特徴的な教育制度について知りたい!

「5年一貫教育」の教育カリキュラムやグローバル教育を導入しています。一橋大学では、3・4年次から学部科目の他に大学院科目も先取りして履修することで、学士号に加えて通常より1年早く修士号を取得できる仕組みが設けられています。経営管理研究科の「5年一貫教育プログラム」、経済学研究科の「5年一貫教育システム」、さらに2019年度から法学研究科で導入された「5年一貫プログラム(国際関係論・国際関係史)」は、学部入学から5年間で修士課程を修了し、さらに博士課程へ進んだ場合には、研究成果のすぐれた学生を対象に少なくとも9年間かかるところを8年間で博士号を授与する制度です。商学部の場合は、4年次から「経営学修士コース 経営分析プログラム」を履修し始めることで、5年間でMBAが取得可能です。グローバル化の中で求められる、高度な専門性と深い思考力を兼ね備えた人材育成を図るプログラムです。一橋大学ではグローバル教育にも力を入れており、質の高い海外留学や海外調査、語学研修などの機会を提供しています。「グローバル教育ポートフォリオ」では初年次英語スキル教育(一橋大学で実施)、短期語学留学、語学集中研修(一橋大学で実施)、短期海外留学、長期海外留学、海外インターンシップ、ゼミを中心とした海外調査・インターゼミなどからなる科目やプログラムのうち、初年次英語スキル教育の履修を必修とし、それ以外に1つ以上の履修を卒業要件としています。

どのような就職支援があるの?

同窓会組織の「如水会」が学生を力強くバックアップしています。一橋大学の創立140年を超える長い歴史において、同窓会組織兼大学支援組織「如水会」は卒業生と在学生との縦のつながりの強さを象徴する存在の1つです。母校支援という設立趣旨のもと、大学の発展を通じた社会貢献に取り組んでいます。「如水ゼミ」では「如水会」の人的支援により、社会の第一線で活躍する卒業生を少人数ゼミに招請し、各業界に対する学生の実践的理解を深めています。会員どうしの交流の場として機能する「如水会ビル」(東京都千代田区一ツ橋)では大学内外を問わず様々な文化事業も開催されています。また、一橋大学のキャリア教育科目も特徴的です。キャリアマネジメントの科目では各界の講師を招き、学生自身のキャリア設計を考える機会を提供しています。大学のサポート活動も充実しています。「キャリア支援室」では留学と就職活動の両立や進学と就職の選択など様々な進路相談に応じ、「一橋大学キャリア・パートナーシップ・プロジェクト」として業界研究講座、学内企業説明会(870件以上)、卒業生との交流会など数多くの企画も行っています。職業観の涵養や就職先の選択肢を考えることを目的にインターンシップ講座も開講しており、インターンシップにおける注意点をはじめとした情報提供や、内定を得た4年次生が後輩たちに就職活動のポイントを伝える「4年生就活サポーターズ」の活動も行われています。
↑TOPへ戻る

大学紹介映像公開中

東進TV

大学公式動画

大学名一橋大学
国/公/私国立
住所東京都国立市中2-1
入試関連
問合せ先
学務部入試課(国立キャンパス)