ページを更新する ページを更新する

概要

国内外への知的・実践的貢献を目指す社会科学の総合大学

“Captains of Industry”の精神に則り、教養や知識、構想力を兼ね備えた産業界のリーダーを育成する。先進的かつ学際的な社会科学の研究教育を推進し、人間社会に共通する重要課題の解決を目指す。

↑TOPへ戻る

偏差値

偏差値 大学情報
67 社会
66 経済

65
東進の大学入試 偏差値ランキングはこちら
↑TOPへ戻る

キャンパス

●国立キャンパス(本部):〒186-8601 東京都国立市中2-1
・JR「国立駅」から徒歩約10分またはJR「谷保駅」から徒歩約20分
●小平国際キャンパス(学部以外設置):〒187-0045 東京都小平市学園西町1-29-1 ●国立キャンパス
・JR「国立駅」から徒歩約10分
・JR「谷保駅」から徒歩約20分
・JR「谷保駅」からバスで約6分、「一橋大学」 下車
●小平国際キャンパス (学部以外設置)
↑TOPへ戻る

教員・学生数

教員数:329名

(教授:191名 准教授:79名 講師:24名 助教:5名 助手・その他:30名)

学生数:4,364名

↑TOPへ戻る

就職支援

一橋大学では「キャリア支援室」を設置しています。留学と就職活動の両立や進学と就職の選択など様々な進路相談に応じ、「一橋大学キャリア・パートナーシップ・プロジェクト」として業界研究講座、学内企業説明会、卒業生との交流会などの数多くの企画を約300社の企業の協力を得て行っています。職業観の涵養や就職先の選択肢を考えることを目的にインターンシップ講座も開講しており、インターンシップにおける注意点をはじめとした情報提供や、内定を得た4年次生が後輩たちに就職活動のポイントを伝える「就活サポーターズ」の活動も行われています。 2021年度はこうした「キャリア支援室」によるサポートの多くがオンラインで実施されました。インターンシップガイダンスや就職支援講座など多数が企画され、ICTを活用した様々な支援が行われています。

↑TOPへ戻る

留学制度

一橋大学ではグローバル教育にも力を入れ、質の高い海外留学や海外調査、語学研修などの機会を提供しています。「グローバル教育ポートフォリオ」では初年次英語スキル教育、短期語学留学、語学集中研修、短期海外留学、長期海外留学、海外インターンシップ、ゼミを中心とした海外調査・インターゼミなどからなる科目やプログラムのうち、初年次英語スキル教育の履修を必修とし、それ以外に1つ以上の履修を卒業要件としています。それ以外にも「グローバルリーダー育成海外留学制度」や「海外派遣留学制度」などのプログラムが整備されています。

↑TOPへ戻る
↑TOPへ戻る

合格した先輩の声

生徒写真

一橋大学 法学部

林愛香さん

最も伝えたいことは、志望校対策の重要性

遷移ボタン
生徒写真

一橋大学 法学部

相良和さん

勉強の不安は勉強で払拭する

遷移ボタン
生徒写真

一橋大学 商学部

和田知子さん

勉強の習慣を早期から確立することができた

遷移ボタン
生徒写真

一橋大学 商学部

高野萌花さん

高いレベルの人たちと話すことでモチベーションが上がり、集中して勉強に取り組めた

遷移ボタン
他の合格体験記を見る
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1875年、商法講習所を設立。1920年、東京高等商業学校を経て、東京商科大学に昇格。1949年、一橋大学に改称。商、経済、法学社会学部を設置。1951年、法学社会学部を法、社会学部に分割。2004年、国立大学法人一橋大学となる。2018年、経営管理研究科を設置。2023年、ソーシャル・データサイエンス学部を開設予定。
学費924,960円(入学金+年間授業料)
奨学金・オデッセイコミュニケーションズ奨学金
給付型。専攻分野の限定なし。若干名。要件を満たす者に月額5万円支給。
・小林輝之助記念奨学金
・一橋大学生協奨学金
通信教育部なし
短期大学部なし
主な出身者吉田茂(元総理大臣、元外務大臣)、大平正芳(元総理大臣、元外務大臣、元大蔵大臣、元通商産業大臣)、石原慎太郎(元東京都知事、元運輸大臣、小説家)、三木谷浩史(楽天株式会社創業者)、倉田真由美(漫画家)
↑TOPへ戻る

大学紹介映像公開中

東進TV

大学公式動画

大学名一橋大学
国/公/私国立
住所東京都国立市中2-1
入試関連
問合せ先
学務部入試課(国立キャンパス)