学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 医療
↑TOPへ戻る

概要

医学部を持つ総合大学として「社会の健康を守る」

建学の精神に「眞善美の探究」を掲げ、すぐれた人格を持ち、人のために尽くすことのできる国際的な人材を育成する。教員が学生一人ひとりと向き合い、手厚くサポートする「face to face教育」を実践する。

↑TOPへ戻る

アクセス

●井の頭キャンパス(外国語、総合政策、保健学部):JR「三鷹駅」からバス約15分、「杏林大学井の頭キャンパス」下車

●三鷹キャンパス(保健、医学部):JR「三鷹駅」からバス約20分、「杏林大学病院入口」または「杏林大学病院前」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

694名(教授:184名 准教授:96名 講師:112名 その他:302名)

生徒数

5,295名(男:2,156名(40.7%)女:3,139名(59.3%)
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 1,203,300~10,090,700円
周辺家賃相場 71,000~137,600円
学寮なし
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1966年、杏林学園短期大学を創立。1970年、杏林大学医学部及び医学部附属病院設置。1979年に保健学部、1984年に社会科学部、1988年に外国語学部を設置。2002年、社会科学部を総合政策学部に改称。2016年、井の頭キャンパスを開設し、現在に至る。
特待生制度なし
学外試験場あり
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

奨学金にはどんなものがあるの?

杏林大学独自の奨学金や奨励金は、返済不要の給付型です(2019年度) 例えば、「杏林大学奨学金」は人物と学業成績が優秀で、経済的理由により授業料などの納入が困難な学部生に対し、年額36万円を2回に分けて支給します。また「杏林大学成績優秀学生奨励金」は年間の学業成績が優秀で、かつ人物、生活面においてすぐれた者に50,000円を、「杏林大学特別表彰学生」として資格の取得や課外社会活動などにおいて顕著な功績を残した学生に30,000円を、それぞれ一括支給します。海外留学や研修に特化した奨学金もあります。なお、奨学金の申し込みを行う学生支援課では部活動やサークル活動の支援、保険対応、アルバイト・ボランティア案内なども行っています。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

留学や国際交流に関する制度にはどんなものがあるの?

杏林大学では学生の海外留学や研修を支援し、16の国と地域の56校と交流協定を結んでいます(2019年7月現在)。 中国、台湾、韓国など東アジアの大学を中心に、東南アジアや北米、オセアニア、ヨーロッパの大学との協定も数多く結ばれています。留学は2年次以上の学生が対象で、協定大学への1年間の留学となる交換留学では留学先大学の授業料が免除されます。語学学習やインターンシップが行われる海外研修や、3カ月から1年間の中長期留学なども用意され、各自の目的に合わせ多彩な制度から選択できます。2018年度には研修や実習と各種留学を合わせて286名が海外留学に参加しました。

どんな就職支援活動をしているの?

杏林大学では「キャリアサポートセンター」を設置し、学生一人ひとりのキャリア形成を支援しています。 学生個別の課題に応じる「個別面談」、進路に合わせ選択する「就職支援プログラム」、キャリアについて考える「キャリア教育」を3つの柱に、1年次から年次に合わせたサポートを展開しています。就職活動が本格化する3年次には、企業の採用担当者による模擬面接など、実際の就職活動に役立つ知識やテクニックを鍛えます。公務員志望者向けの公務員受験研究会や、留学を考える学生向けの留学生就職活動研究会など目指す進路ごとに必要な知識を学ぶ研究会も開催されています。
↑TOPへ戻る
大学名杏林大学
国/公/私私立
住所東京都三鷹市下連雀5-4-1
入試関連
問合せ先
入学センター