学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 情報
  • 医療
  • 体育
  • 芸術
↑TOPへ戻る

概要

地域に根ざし、地域社会から世界に発信する個性輝く大学

グローバルな感性と柔軟な発想力で地域社会、さらには世界で活躍し、豊かな人間性と高度な専門知識を活かし地域活性化の要として活躍できる人材を育成する。多面的な研究を行うことで、地域の発展に貢献する。

↑TOPへ戻る

アクセス

●松江キャンパス(医学部以外)
・JR「松江駅」からバスで約15分、「島根大学前」下車
●出雲キャンパス(医学部)
・JR「出雲市駅」からバスで約10分、「島根医大病院前」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

848名(教授:256名 准教授:191名 講師:103名 その他:298名)

生徒数

5,257名(男:3,197名(60.8%)女:2,060名(39.2%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 822,460円
周辺家賃相場 44,700円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1949年、文理、教育の2つの学部からなる大学として発足。1965年、農学部を設置。1978年、法文、理の2つの学部を設置。1995年、総合理工、生物資源科学の2つの学部を設置。2003年に医学部を、2017年に人間科学部を設置し、現在に至る。
主な出身者山本廣基(大学入試センター理事長)、木佐茂男(九州大学名誉教授)、原田浩徳(東京薬科大学教授)、飛浩隆(SF作家)、那須正幹(児童文学者)、荒井悦加(陸上選手)、下野六太(参議院議員)※前身の大学出身者含む
特待生制度なし
学外試験場なし
附属小学校あり
附属中学校あり
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

奨学金は利用できるの?

学業と人物いずれもすぐれていながら、経済的理由により就学が困難な場合には、日本学生支援機構による奨学金が利用できます。また、地方自治体や民間団体による奨学金制度や、島根大学独自の各種奨学金制度も用意されています。経済的に授業料の納入が困難な学生が、銀行から授業料を融資してもらえる授業料奨学融資制度も利用可能です。在学中の利子は大学が負担し、卒業の2カ月後から返済を行う制度です。さらには、学業優秀かつ経済的に厳しい者や学資負担者が死亡した者、自然災害で被害を受けた者には、授業料が半額または全額免除される制度もあります。奨学金など経済面の他にも、松江キャンパス内に学生寮を設置するなど、生活面でのサポートを行っています。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

島根大学の教育はどんな特色があるの?

島根大学では大学卒業者に授与される学士号にふさわしい能力・資質を育むことを目指し、「学士課程教育」を実施しています。基礎的な力や教養を身につけるための全学共通教育と、一貫教育により基礎から専門へ体系的に深化する専門教育で構成されています。地域貢献教育にも力を入れており、専門の入試とコースが設置されています。その他、山陰地方の自然や歴史、文化、産業を体験しながら学びを深めるプログラムや地域活性化を考えるプログラム、データ化社会で必要な抽出・分析力を養うプログラム、高度な英語力を身につけ、グローバル社会で活躍できる力を培うプログラムなど、学部学科問わず履修できるプログラムが多数あります。

進路や就職についてどんな支援をしてくれるの?

1年次からキャリアガイダンスが実施され、各学年次に応じて必要となるキャリア像を形成したり、相談員が万全の体制で個別就職相談を行っています。3年次からは年間を通して豊富な就職ガイダンスが用意されている他、多種多様な業界から一般企業を招いた研究セミナーも開催されています。また、学生の要望に応じた特別講座や就職活動開始直前の合宿が行われる他、大阪、広島など大都市への就職活動を応援するため、無料就活バスが運行されるなどのサポートも行われています。
↑TOPへ戻る
大学名島根大学
国/公/私国立
住所島根県松江市西川津町1060
入試関連
問合せ先
教育・学生支援部 教育・入試企画課(松江キャンパス)