学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 情報
  • 体育
  • 芸術
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

市民的自覚と中道精神の振興、実践的な学風を確立

産業と大学が一体となって社会のニーズを満たすべきという「産学一如」の理想を掲げ、実践力や熱意、豊かな人間性を兼ね備えた人材を育成する。AIリテラシー教育の導入など、たゆまぬ教育改革に取り組む。

↑TOPへ戻る

アクセス

JR「九産大前駅」から徒歩約1分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

996名(教授:175名 准教授:86名 講師:690名 その他:45名)

生徒数

10280名(男:7534名(73.3%)女:2746名(26.7%))
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1960年、九州商科大学を開学。商学部を設置。1963年、九州産業大学に改称、工学部を設置。1966年に芸術、1968年に経営、1994年に国際文化、2002年に情報科学、2017年に理工、生命科学、建築都市工学、2018年に地域共創、人間科学の各学部を設置し、現在に至る。
特待生制度あり
学外試験場あり
附属小学校なし
附属中学校なし
附属高校あり
↑TOPへ戻る

Q&A

教育プログラムについて知りたい!

九州産業大学では実社会でのプロジェクトを通じて実践力を育てる「KSUプロジェクト型教育」を展開しています。 社会で活躍する人々と連携してプロジェクトを立ちあげ課題や目標と向き合いながら行動することで、実践力、共創力、統率力を身につけます。学部学科の枠を越えた約115にのぼる産学官連携プロジェクトが展開しており、実社会の現場で時代の変化に対応する力を養います。2020年度からは全学部の学生を対象にAIリテラシーを学ぶ科目が導入され、学部ごとの学びとAI教育の融合が目指されています。留学への支援も行われており、2019年度には12名の学生が20~40万円の奨学金を得て派遣留学に参加しています。

就職支援制度はどうなっているの?

九州産業大学には、学生が1・2年次から自身の将来について真剣に検討していくためのキャリア教育や、3・4年次の進路・就職支援を行う「キャリア支援センター」が設けられており、多種多様な支援プログラムを用意しています。 1,000社近い企業が参加する企業説明会や内定を獲得した4年次生によるジュニア・アドバイザー制度、国内外でのジョブトレーニングやインターンシップ、実際の就職活動を後押しする支援制度を整備しています。実践を重視した教育プログラムと充実したキャリア教育により、実社会を生き抜くための素養を身につけることを目指しています。
↑TOPへ戻る
大学名九州産業大学
国/公/私私立
住所福岡県福岡市東区松香台2-3-1
入試関連
問合せ先
入試部入試課