学べる学問

  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 医療
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

開かれた「県民のにわ」として多様な学びに取り組む

「魅力ある大学」「個性ある大学」「開かれた大学」を基本理念に、社会の変化や科学技術の発展に対応できる教育と研究を行う。少人数教育や新しい教育方法の導入、地域の特色を活かした研究などに取り組む。

↑TOPへ戻る

アクセス

●永平寺キャンパス(海洋生物資源学部以外)
・JR「福井駅」からバス約40分、「県立大学」下車
●小浜キャンパス(海洋生物資源学部)
・JR「小浜駅」からバス約10分、「西津公民館前」下車、徒歩15分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

159名(教授:75名 准教授:58名 講師:6名 その他:20名)

生徒数

1691名(男:820名(48.5%)女:871名(51.5%))
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1992年、経済、生物資源の2つの学部で開学。1996年、大学院修士課程を設置。1998年、同博士課程を設置。1999年、看護福祉学部を設置。2006年、大学院にビジネススクールを設置。2007年、公立大学法人となる。2009年、海洋生物資源学部を設置し、現在に至る。
特待生制度あり
学外試験場あり
附属小学校なし
附属中学校なし
附属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

経済的な援助はあるの?

2020年度から国の修学支援新制度により経済的理由で授業料などの納付が困難な場合は、授業料の減免や奨学金の給付を受けることができます。 また、福井県立大学では、学業成績、人物共に優秀と認められる学生のうち、各学科からそれぞれ1名(経済学部は2名)が各学期の特待生として選ばれ、奨学金10万円が交付される制度があります。その他にも、日本学生支援機構や地方自治体、各種団体による奨学金を利用できます。

学術教養センターって何?

福井県立大学独自の一般教育プログラムを開発し、大学教育の充実を図る専門機関です。 10分野100科目以上の多彩なテーマを扱う講義科目を用意しており、幅広い知識と現代社会に不可欠な判断力を兼ね備えた学生を育成するための教養教育を展開しています。講義には、大学の学びに必要な手法を習得する「導入ゼミ」や「教養ゼミ」、基礎的な英語力とパソコンスキルを身につける必修科目などがあります。また、「福井の文化と社会」や「福井方言と標準語」、「恐竜学」など福井県という地勢を活かした講義も数多く開講されています。

どんな就職支援があるの?

福井県立大学では、学生一人ひとりが自らを知り将来を考える力をはぐくむため、1年次からキャリア教育を行っています。 キャリア形成を学ぶだけでなく、学部の専門科目と連携させながら、上級生との交流、就職支援の専門家を招いた就職ガイダンスや県内の中小企業見学会などを通して大学生活を充実させ、進路選択について多面的に学ぶことができます。また、「キャリアセンター」では、自己分析や業界研究などのガイダンス、進路決定に必要な情報提供、個別企業説明会などを行う他、常駐する就職アドバイザーによる助言を受けることもできます。
↑TOPへ戻る
大学名福井県立大学
国/公/私公立
住所福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
入試関連
問合せ先
入学試験本部(永平寺キャンパス)