学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 情報
↑TOPへ戻る

概要

学生の才能を引き出す「人物教育」を行う

「世界に通用する紳士・淑女たれ」という建学の理念のもと、教養と専門とのバランスを大切にしながら人物重視の教育を行う。社会の要請と期待に応えるべく、自ら率先して社会に貢献していく力を養う。

↑TOPへ戻る

アクセス

●岡本キャンパス(下記学部以外)
・阪急神戸線「岡本駅」から徒歩約10分
●西宮キャンパス(マネジメント創造学部)、ポートアイランドキャンパス(フロンティアサイエンス学部
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

915名(教授:195名 准教授:62名 講師:655名 その他:3名)

生徒数

8,824名(男:5,080名(57.6%)女:3,744名(42.4%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 1,233,500~1,766,500円
周辺家賃相場 45,500~87,400円
学寮なし
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1919年創設の甲南学園甲南中学校を起源とし、1951年に開学。1952年、経済学部を設置。1957年、文、理学部を改組設置。1960年、法、経営学部を設置。2001年、理工学部を改組設置。2009年、マネジメント創造、フロンティアサイエンスの各学部を設置し、現在に至る。
主な出身者柴田仁(大幸薬品会長)、塩野元三(塩野義製薬会長)、越智通勝(エン・ジャパン会長)、堀場厚(堀場製作所会長兼グループCEO)、市川典男(象印マホービン社長)、徳重敦之(東京エレクトロンデバイス社長)、山口信二(モロゾフ社長)、松本緑(慶應義塾大学准教授)、平岡龍人(清風情報工科学院理事長)、北野勇作(小説家)、小原宏貴(華道家、小原流五世家元)、加藤みのり(漫画家)、加田裕之(参議院議員)、大吉洋平(毎日放送アナウンサー)、松葉沙矢佳(フリーアナウンサー)
特待生制度あり
学外試験場あり
附属小学校なし
附属中学校あり
付属高校あり
↑TOPへ戻る

Q&A

奨学金について教えて!

日本学生支援機構による奨学金を利用できる他、大学独自の奨学金が設置されています。学業、人物が共に優秀で経済的な支援が必要な学生を対象とし、学内外の団体のそれぞれから給付される「給付制奨学金」、学業、人物が特に優秀で学術やスポーツ、国際交流などの分野で優秀な成績を収めた学生を奨励するための「特待生制度」などがあります。また、災害などで家計が急変した場合の経済的なサポートとして甲南大学特別援助奨学金があります。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

共通教育について教えて!

甲南大学では学部に分かれて専門分野を学ぶことと並行して、別の分野を学ぶ基礎共通科目を設置しています。リベラル・アーツ、人類の歴史、現代社会、国際関係、情報、環境学、健康科学という現代社会において重要度の高い7つのテーマごとにコースを設置し、多様な視点と柔軟な思考を身につけ、将来の可能性を広げることを目指します。また、選択したコースに関わらず履修可能で、建学の精神を現代に活かす科目、社会で役立つ力の養成科目、学部融合プロジェクト科目の3つからなる特設科目や、進路に関わる実践的な能力を磨くキャリア創生共通科目があります。

留学や国際交流について教えて!

「国際交流センター」では、1~2週間程度の短期留学を行う「エリアスタディーズ」、長期休暇を利用して海外の協定校で集中的に語学を学ぶ「海外語学講座」、中期留学や長期留学などの留学プログラムを用意しています。また、外国人留学生と交流するプログラムも整備されて、海外留学生などとの国際交流から短期留学、長期留学への流れを“HOP・STEP・JUMP”と位置づけ、段階的に国際感覚を磨ていきます。単位換算制度も導入し、長期留学を行った場合でも、4年間で卒業することが可能です。
↑TOPへ戻る
大学名甲南大学
国/公/私私立
住所兵庫県神戸市東灘区岡本8-9-1
入試関連
問合せ先
アドミッションセンター(岡本キャンパス)