学べる学問

  • 教育人間
  • 医療
↑TOPへ戻る

概要

将来まで価値ある力を育成する「医系総合大学」

相手の立場にたって真心から接する「至誠一貫」を建学の精神に掲げる。1年生全員が寮生活を行い、お互いを思いやる心をはぐくむ。8つの附属病院で行われる実践学習などを通じて、チーム医療を実践的に学ぶ。

↑TOPへ戻る

アクセス

●富士吉田キャンパス(全学部)
・富士急行「富士山駅」から約自動車15分
●旗の台キャンパス(医、歯、薬学部)、横浜キャンパス(保健医療学部)、洗足キャンパス(歯学部)
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

2,159名(教授:206名 准教授:162名 講師:472名 その他:1,319名)

生徒数

3,169名(男:1,163名(36.7%)女:2,006名(63.3%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 2,346,000~5,322,000円
周辺家賃相場 75,300~133,900円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1928年、昭和医学専門学校として開校。1946年、昭和医科大学に昇格。1964年、薬学部を設置し、昭和大学に改称。1965年、富士吉田校舎が竣工。1975年、附属藤が丘病院が開院。1977年、歯学部及び歯学部附属病院を設置。2008年に創立80周年を迎え、現在に至る。
主な出身者小口勝司(昭和大学理事長)、久光正(昭和大学長)、高須克弥(整形外科医、高須クリニック院長)、本田昌毅(整形外科医)、渡嘉敷奈緒美(衆議院議員)
特待生制度あり
学外試験場あり
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

奨学金制度など学生サポートは充実しているの?

昭和大学独自の奨学金制度として、経済的な理由で学業に支障をきたす学生に年額50万円の学資を貸与する「学校法人昭和大学奨学金」や、医、歯、薬の3つの学部で、4年次までの成績が優秀な学生に5・6年次の授業料相当額を給付する「特別奨学金」、災害などの事情により家計が急変した学生に年額100万円を給付する「昭和大学被災者就学支援高須奨学金」などがあります。また、一般選抜入試や地域別選抜入試の上位合格者に対しては、初年度の授業料が免除される特待制度も設けられています。

「チーム医療」プログラムってなに?

昭和大学では全学部教員及び附属病院の連携によって構築される「チーム医療」プログラムを展開しています。1年次から学部の異なる学生どうしがチームを組み、お互いの専門知識や技術を共有して「初年次体験実習」や「学部連携病棟実習」などの課題に取り組みます。このような体験を通じ、医療人マインドや共感力の醸成から地域や専門領域でのチーム医療の実践という専門的な実習に至るまで、段階的かつ継続的な学びを実現しています。

就職活動のサポートはあるの?

昭和大学では学生が社会のより多くの領域で活躍できるよう「キャリア支援室」を設置し、資格を持つ専任のスタッフが個別相談に応じています。求人情報などの就職、進学、公務員試験に関する情報、進路に関するガイダンス、各種講座や企業説明会などの関連情報をインターネットで閲覧できる支援システムを整備しています。また、就職ガイダンス、合同企業説明会、面接対策講座、公務員試験対策講座などの就職活動に役立つ様々なイベントも開催しています。
↑TOPへ戻る
大学名昭和大学
国/公/私私立
住所東京都品川区旗の台1-5-8
入試関連
問合せ先
学事部入学支援課(旗の台キャンパス)