学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 生命環境
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

次代の女性リーダーを育成

変化の時代に柔軟に対応できる豊かな知識、判断力、適応力を兼ね備えた、地域や海外の社会づくりに貢献することのできる女性リーダーを育成する。1年次は「国際学友寮なでしこ」での全寮制教育を行っている。

↑TOPへ戻る

アクセス

キャンパス:西鉄貝塚線「西鉄香椎駅」から徒歩約12分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

90名(教授:33名 准教授:27名 講師:20名 その他:10名)

生徒数

1,027名
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史 1923年、福岡県立女子専門学校として開校。1950年、4年制の福岡女子大学に昇格し、学芸学部を設置。1954年、学芸学部を文、家政学部に改組。1995年、家政学部を人間環境学部に改組。2006年、公立大学法人となる。2011年、国際文理学部を設置し、現在に至る。
特待生制度なし
学外試験場なし
附属小学校なし
附属中学校なし
附属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

どんな学生支援が行われているの?

 福岡女子大学では経済的な支援として、日本学生支援機構をはじめとした各種奨学金を用意しています。 2020年3月時点では422名もの学部生が奨学金を利用しています。さらに、福岡県国際交流センターなどが運営する外国人留学生を対象とした給付型奨学金も存在しています。また、2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえて、新たに学生支援緊急給付事業が創設され、住民税非課税世帯の学生には20万円、それ以外で支給の対象となる学生には10万円が支給されました。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

英語教育が充実しているって本当?

 「学術英語プログラム」と「アドバンスト・イングリッシュ」という特色ある科目を通して、確かな英語力を養成しています。 「学術英語プログラム」は学びに必要な道具として英語をとらえ、英語を用いて国際社会の基礎知識や異文化を学ぶというもので、入学後の2年間で集中的に学ぶ必修科目となっています。英語を使った小論文の執筆や、アカデミックな英語によるプレゼンテーションを行える英語力を身につけることを目的として、能力別の少人数クラスを編成し「聞く、読む、話す、書く」という4つの英語能力と英語による思考力を鍛えています。「アドバンスト・イングリッシュ」は英語力のさらなる向上とキャリア形成につながる英語の上級科目という位置づけで、2年次から4年次にかけての選択科目に設定されています。
↑TOPへ戻る
大学名福岡女子大学
国/公/私公立
住所福岡県福岡市東区香住ヶ丘1-1-1
入試関連
問合せ先
入試・広報・キャリア支援センター