学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 情報
  • 体育
  • 芸術
↑TOPへ戻る

概要

グローバルリーダーを育成し、世界に貢献する

「学問の独立」「学問の活用」「模範国民の造就」という三大教旨のもと、自由と多様性を重んじる。「Waseda Vision 150」を掲げ、建学の理念を現代社会にふさわしい形で実現することを目指す。

↑TOPへ戻る

アクセス

●早稲田キャンパス
・地下鉄・都電荒川線「早稲田駅」から徒歩約5分
●戸山キャンパス
・地下鉄「早稲田駅」から徒歩約3分
●西早稲田キャンパス
・地下鉄「西早稲田駅」下車
●所沢キャンパス
・西武池袋線「小手指駅」からバスで約20分、「早稲田大学」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数(合計:5469名)
教授:1111名 准教授:268名 講師:216名 その他:3874名
生徒数(合計:41051名)
男:25493名 女:15558名
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 1,165,620~1,749,000円
周辺家賃相場 89,700~161,500円
学寮あり
↑TOPへ戻る

校歌

↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1882年
設立
東京専門学校として創立
1902~04年
改称
1902年、早稲田大学と改 称。04年、 専 門 学 校令で大学に
1920年
学部設置
政治経済、法、文、商、理工学部を設置
1949年
学部設置
教育学部を設置
1966~87年
学部設置
1966年、社会科学部を設 置。87年、 人 間 科 学部を設置
2003~07年
学部設置・改組
2003年、スポーツ科学部。04年、国際教養学部を設置。07年、文化構想、文、基幹理工、創造理工、先進理工学部を改組設置
特待生制度あり
学外試験場なし
附属小学校なし
附属中学校あり
付属高校あり
↑TOPへ戻る

Q&A

家計が苦しくて学費の負担が……奨学金制度はありますか?

様々な奨学金が用意されている他、学生寮も利用できます。早稲田大学では成績が優秀な者、または経済的に修学が困難な者に対して250種類以上の多彩な奨学金を用意しています。これらのうち約150種類の学内奨学金はすべて給付型奨学金です。入試前予約型の「めざせ!都の北西奨学金」は東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県以外の地域の高校出身者を対象に、半期分(春学期)の授業料を4年間免除する制度です。採用枠は約1,200名と規模の大きな奨学金です。同じく新入生向けの「小野梓記念奨学金」は1都3県の出身者を対象とし、年額40万円を4年間給付します。また、児童養護施設出身者向けに支援を行う「紺碧の空奨学金」も設けられています。在学中に申請できる奨学金も多数設けられています。学業成績により選考される「大隈記念奨学金」は年額40万円を給付しています。家計の急変により経済支援が必要な学生は「早稲田大学緊急奨学金」から年額40万円を受給できます。その他にも、経済支援や人材育成など様々な趣旨のもと、学内奨学金として約60種類の指定寄付奨学金が用意されています。学外奨学金には、日本学生支援機構や地方自治体による各種奨学金の他、約110の民間団体からの支援を受けた奨学金制度(約8割が給付型奨学金)などもあります。生活面でのサポートとしては、早稲田大学が直接運営する3つの学生寮があります。合計で約900名を収容可能で、すべて外国人留学生との混住型の学生寮です。寮生の約半数は留学生となっています。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

国際交流について知りたい!

多種多様な留学制度や語学教育プログラムなどが用意されています。早稲田大学は文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」においてトップ型13大学の1つに選定され、世界に貢献できる大学を目指し様々な取り組みを行っています。2019年現在、早稲田大学には7,900名以上の外国人学生が在籍し、グローバルキャンパスの形成を推進しています。海外留学も盛んで、93の国や地域の848の大学や機関と協定を結び、年間約4,600名の学生が海外留学に参加しています(2019年度)。留学のプログラムはバラエティに富み、長期留学や短期留学など学生の様々なニーズに応えています。原則1年間の長期留学プログラムには、留学先で専門分野を学ぶ「EX-Rプログラム」、現地の学生と同じ科目を履修できる「CS-Rプログラム」、語学学習を中心とした「EX-Lプログラム」などがあります。1学期間のプログラム「CS(1S)プログラム」や、10日間?5週間程度の「短期留学プログラム」も提供している他、1?2年の留学期間で早稲田大学の学位と派遣先大学の両方の学位を取得できる「DDプログラム」もあります。学内で語学力を高めるための語学教育プログラムも充実しています。学生4名と講師1名の少人数グループで英語を学び、話す力、聞く力を身につける「Tutorial English」では目標に合わせたレベル別のコースに分かれ、最適なクラスで英語の運用力を鍛えます。英語以外にも、ドイツ語や中国語、フランス語、インドネシア語、バスク語など27の言語も基礎から学べます。

キャリア支援は充実しているの?

キャリア形成支援から就職支援まで幅広く行っています。早稲田大学の「キャリアセンター」では学生の主体性を重視して自立を促す、バランスの良いキャリア支援を低学年次から行っています。例えば、卒業生の講演会から「働くこと」「学生時代をどう過ごすか」などを先輩をロールモデルとして考える「みらい」セミナー、インターンシップガイダンス、国際機関で働くためのヒントや欧米などの海外企業を知るための各種セミナーなどが行われています。これらは全学年が対象ですが、特に就活生に対しては、多種多様な業界から約500社が参加する学内合同企業説明会や自己分析講座、業界・企業研究、グループディスカッション対策講座など、より実践的なサポートが行われています。その他にも、故郷に戻り就職するUターン就職、出身地以外の地域で就職するIターン就職のサポート、公務員や教員を志望する学生向けにも各種講座が用意されています。就職先が決まった学生が自身の体験をふまえてアドバイスを行う個別相談なども実施され、学生一人ひとりの学生生活や就職活動に関する相談に応じています。インターンシップについては、大学公認のインターンシップ「公認プログラムWIN」があります。行政、国際協力、マスメディア、ビジネスの4つのコースのもと、夏休み期間中の2~4週間を利用して、様々な一般企業の現場で就業実習を行います。
↑TOPへ戻る

大学紹介映像公開中

東進TV

大学名早稲田大学
国/公/私私立
住所東京都新宿区西早稲田1-6-1
入試関連
問合せ先
入学センター(早稲田キャンパス)

この大学のOB・OGの方へのインタビュー内容を掲載しています。