学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 情報
↑TOPへ戻る

概要

「学問を通じての人間形成の場」を目指して

ドイツ教養主義の精神を原点に、現代社会をリードできる国際的教養を備えた人材を育成する。伝統ある外国語教育に加え、情報教育や環境教育などを基盤に社会構造の変化に対応する学習環境を整備している。

↑TOPへ戻る

アクセス

・東武スカイツリーライン「獨協大学前〈草加松原〉」から徒歩約5分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

651名(教授:135名 准教授:39名 講師:456名 その他:21名)

生徒数

8565名(男:4612名(53.8%)女:3953名(46.2%))
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1883年、獨逸学協会学校を開校。1964年、獨協大学として開校。1967年、法学部を設置。1983年、エセックス大学(イギリス)と学術交流協定を締結。1998年、イリノイ大学(アメリカ)と交流協定を締結。2014年、獨協大学創立50周年を迎え、現在に至る。
特待生制度あり
学外試験場あり
附属小学校なし
附属中学校あり
附属高校あり
↑TOPへ戻る

Q&A

奨学金制度について知りたい!

獨協大学では返還不要の給付型奨学金制度を用意しています。 成績が優秀ながら経済支援を必要とする学生を対象とした「獨協大学一種奨学金」、「獨協大学父母の会奨学金」、「中村甫尚・惠卿奨学金」などの奨学金には取得単位数やGPAなどの出願要件があり、新1年生は高校の評定平均値に一定の基準を設けています。また、家計が急変し修学が困難になった学生には「獨協大学応急奨学金」から一時金30万円の支給が行われるなど、様々な経済的なサポートを行っています。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

外国語教育が充実しているって聞くけど?

獨協大学は充実した外国語教育を開学以来の伝統とし、外国語をツールとして専門分野を深めることを目指しています。 全学科で英語を含む15言語を学ぶことができ、英語を主専攻としない学科では全学共通カリキュラムの中で独自の英語プログラムを履修します。また、発音の集中トレーニングができる「発話トレーニングブース」、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語などの会話レッスンを無料で受けられる「Chat Room」などの施設があります。留学プログラムも整備され、様々な言語圏での実践的な学びの機会が提供されています。

どのようなキャリア支援が行われているの?

獨協大学では「キャリアセンター」が進路選択から就職活動までをサポートしています。 U・Iターン就職ガイダンス、インターンシップガイダンスなどをはじめ、約300の企業や官公庁が参加する合同企業説明会も行われています。エアライン講座、ツーリズム・サービス・ホスピタリティ講座や教員・公務員志望者向けの相談会、キャリアデザインの視点から留学と就職を考える講座など、目的ごとに細やかなアドバイスが受けられます。グローバル企業で働く卒業生を講師に招き、働き方やこれまでの経験談などを聞く講演会「世界で就活」は、海外勤務を考える良い機会となっています。
↑TOPへ戻る

大学紹介映像公開中

東進TV

大学名獨協大学
国/公/私私立
住所埼玉県草加市学園町1-1
入試関連
問合せ先
入試課