学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 生命環境
  • 情報
↑TOPへ戻る

概要

個性を持ち、他者と協働し、自ら学ぶ人材を育成する

個を備え、他者を理解する豊かな人間性をベースに、幅広い教養と専門知識にもとづき自ら課題を発見し、解決する力を養う。多様な文化や環境、状況に対応できる真のグローバル力の養成にも力を入れている。

↑TOPへ戻る

アクセス

JR・京王井の頭線「吉祥寺駅」から徒歩約15分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

694名 (教授:144名 准教授:40名 講師:469名 その他:41名)

生徒数

7,499名(男:4,147名(55.3%)女:3,352名(44.7%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 1,235,000~1,680,000円
周辺家賃相場 72,500~147,500円
学寮なし
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1949年、政治経済学部を設置して開学。1962年、工学部を設置。1965年、文学部を設置。1968年、政治経済学部を改組し、経済、法の2つの学部を設置。2004年、国際教育センターを改組設置。2005年、工学部を理工学部に改組し、現在に至る。
特待生制度あり
学外試験あり
附属小学校あり
附属中学校あり
付属高校あり
↑TOPへ戻る

Q&A

成蹊大学の特徴的な入試制度とは?

「5科目型国公立併願アシスト入試(P方式)」は、経済、法、文の3つの学部で行われ、センター試 験後でも出願が可能で、入学手続の締め切りは国公立大学の前期試験の合格発表後に設定されていま す。経済学部ではセンター試験と面接試験の結果を合わせて、主体性、協調性、論理的思考力など学生を 多面的に評価する「5科目型多面評価入試(M方式)」が行われています。これも国公立大学の前期日程入 試後も出願が可能です。また、全学部で推薦入試とAO入試「AOマルデス入試」が行われています。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

大学独自の奨学金制度はあるの?

「成蹊大学学修支援奨学金」は、入学試験の成績上位者(S方式は合格者全員)に1年次の年間授業 料の半額相当を、各年次の成績上位者に一定額をそれぞれ支給するものです。その他にも、「成蹊大学地方出身学生支援奨学金」や「成蹊大学給付奨学金」などの給付型奨学金が用意されています。学業成績優秀な学生の留学を支援するための奨学金としては、海外の協定校へ短期留学する学生のための「短期協定留学奨学金」や「成蹊学園三菱留学生奨学金」などがあります。

プレ・ターム(始動学期)ってどのようなもの?

成蹊大学では入学後の半年間を「プレ・ターム」として位置づけ、新入生向けの特別カリキュラム を組んでいます。「フレッシャーズ講座」では、様々な分野の講師を学外から迎え、オムニバス形式での講義で、キャンパスライフの過ごし方や将来像を思い描いていきます。また、1年次から全学部で必修の少人数ゼミとして「フレッシャーズ・セミナー」が開講され、文献検索やライティング、プレゼンテーションなど大学での学習で必要となる知識や技術を習得します。その他にも、「情報基礎」「Freshers’ English / College English」、「異文化理解」「健康・スポーツの基礎」などの授業が設けられています。
↑TOPへ戻る