学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 情報
  • 医療
  • 芸術
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

予測困難な時代を生き抜く大学へ

豊かな自然と風土や諸国との交流から形成された独自の伝統や文化を背景に、地域と共に発展する大学を目指す。自然と共生する人類の「知」を創造し継承すると共に、高等教育の未来を展望し国際社会に貢献する。

↑TOPへ戻る

アクセス

●本庄キャンパス(教育、芸術地域デザイン、経済、理工、農学部)
・JR「佐賀駅」からバス約15分、「佐賀大学前」下車
●鍋島キャンパス(医学部)
●有田キャンパス(芸術地域デザイン学部)
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

771名(教授:206名 准教授:195名 講師:174名 その他:196名)

生徒数

5839名(男:3322名(56.9%)女:2517名(43.1%)
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1949年、旧制佐賀高等学校、佐賀師範学校、佐賀青年師範学校を統合し、文理、教育学部で発足。1955年、農学部を設置。1966年、文理学部を改組し、経済、理工学部を設置。2004年、国立大学法人に。2016年、教育、芸術地域デザイン学部を改組設置し、現在に至る。
特待生制度あり
学外試験場なし
附属小学校あり
附属中学校あり
附属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

どのような学生支援制度が用意されているの?

佐賀大学独自の奨学金制度「かささぎ奨学金」は、佐賀大学への入学を強く希望し入学試験の成績がすぐれた学生に対して年間30万円を4年間給付します(医学部医学科は6年間)。生活面の支援としては、本庄キャンパス内に遠方からの通学者のための学生寮である「楠葉寮」を設置しています。男子100名、女子50名を収容し、寄宿料は月額5,300円と安価に設定されています(2020年度)。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

国際交流は盛んなの?

佐賀大学では19カ国の71大学と海外ネットワークを形成し、様々なインターナショナルプログラムを展開しています。長期休暇を利用した10日?1カ月程度のプログラムには、レベルごとに韓国語を学ぶ大邱大学校プログラム(韓国)や、「杉原千畝記念館」の見学と教育学の講義がセットになったリトアニア・フィンランドプログラムなど、短期間ながら個性的なプログラムが用意されています。また、海外留学と佐賀県内企業でのインターンシップを組み合わせた「世界とともに発展するSAGANグローバル人材育成事業」も行われています。

キャリアサポートは行われているの?

佐賀大学では「キャリアセンター」を設置し就職活動をサポートしています。初年次には授業やガイダンスなどでキャリア形成の基本的な情報を提供し、3年次にはインターンシップ・ガイダンス、合同説明会、就職活動準備講座を実施、4年次には学内で合同会社説明会や個別会社説明会、面接対策講座などを開催しています。2019年度には合同会社説明会に92社、個別会社説明会に470社の参加があり、学内で企業の人事担当者から直接話を聞く機会となっています。また、学生の進路に合わせ、民間志望、公務員志望、教員志望の3つの就職支援プログラムを展開しています。
↑TOPへ戻る
大学名佐賀大学
国/公/私国立
住所佐賀県佐賀市本庄町1
入試関連
問合せ先
学務部入試課(本庄キャンパス)