学べる学問

  • 人文言語
  • 商 経済
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 体育
  • 芸術
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

「体験型カリキュラム」で実践的な技術を習得する

「実学主義」を理念に掲げ、実社会で即戦力となるだけでなく、現場で見聞きした課題の解決に取り組むための知恵を導き出す教育を目指し、実験や実習、演習など体験型のカリキュラムを展開している。

↑TOPへ戻る

アクセス

●世田谷キャンパス(応用生物科学部など)
・小田急線「経堂駅」から徒歩約15分
●厚木キャンパス、北海道オホーツクキャンパス
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

906名(教授:215名 准教授:113名 講師:505名 その他:73名)

生徒数

12,329名(男:6,969名(56.5%)女:5,360名(43.5%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 1,396,400~1,643,400円
周辺家賃相場 67,300~123,900円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1891年、徳川育英会育英黌農業科を創立。1893年、東京農学校を創立。1925年、東京農業大学を創立、農学部を設置。1949年、新制大学に移行。1998年、農学部を改組し、農、応用生物科学、地域環境科学、国際食料情報、生物産業学部の5学部体制に。2017年、生命科学部を設置し、現在に至る。
特待生制度あり
学外試験場あり
附属小学校なし
附属中学校あり
付属高校あり
↑TOPへ戻る

Q&A

奨学金や特待生制度について教えて!

「『人物を畑に還す』奨学金」は、卒業後に出身地などで農林水産業やその関連産業の担い手となる予定で、東京都、神奈川県、埼玉県及び千葉県以外の高校出身または前述の都県以外に保証人が居住している自宅外通学の学生、経済的困難を抱える学生を対象に授業料を60万円免除します。 また、1年次には一般入試の結果が特に優秀であった者、2年次以降は前年度までの成績、人物が優秀な者に対し、授業料を1年間減免する特待生制度も設けています。その他にも、日本学生支援機構や大日本農会の奨学金などが利用できます。卒業後すぐに農業に従事する場合は、大日本農会の奨学金の返還が免除されます。

実習はどんなところで行われるの?

演習林、分収林、植物園、農場などの実習施設があり、関東地方にキャンパスがありながら、演習やフィールドワークの場所が日本各地に確保されています。 関東地方だけでなく、地域性に富んだ特徴的な農業に触れられる環境を整えています。例えば、宮古島の亜熱帯農場では、ヤムイモなどの熱帯作物やサトウキビ、マンゴーなどの熱帯果樹が栽培され、熱帯・亜熱帯農業の実習や試験研究が行われています。北海道の網走寒冷地農場では広大な土地を利用した独特な農場運営方式のもと、産官学が連携した試験、研究の場を形成しています。

就職のサポートにはどんなものがあるの?

東京農業大学では、「キャリアセンター」「研究室」「学科」が三位一体となって学生の就職を支援しています。 「キャリアセンター」では、低学年次から多様なプログラムを実施し、各学科では、卒業生の就職データや就職傾向についてガイダンスを通じて情報を発信しています。各研究室では、共同作業を通して協調性を養い、社会に出るための人間性を磨いていきます。また保護者との連携も重視し、「保護者版キャリアサポートガイド」を届けることで保護者を含めた就職支援を実現しています。
↑TOPへ戻る

大学紹介映像公開中

東進TV

大学名東京農業大学
国/公/私私立
住所東京都世田谷区桜丘1-1-1
入試関連
問合せ先
入試センター(世田谷キャンパス)

大学の講義ってどんな様子? 何を学べるの? 知的で奥深い学問の魅力をお伝えします。