学べる学問

  • 医療
↑TOPへ戻る

概要

人類の健康と福祉に貢献する大学

全国でも珍しい光医工学の先端研究を推進し、医学と工学の融合による新たな学問分野の開拓を目指す。地域医療の中核として高度医療を提供すると共に、国際教育や国際的学術交流を全学的連携によって進める。

↑TOPへ戻る

アクセス

JR「浜松駅」からバス約35分、「医科大学」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

377名(教授:66名 准教授:53名 講師:47名 その他:211名)

生徒数

974名(男:463名(47.5%)女:511名(52.5%))
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1974年、浜松医科大学を設立。1977年、医学部附属病院を設置。外来診療を開始。1980年、大学院医学研究科博士課程を設置。1995年、医学部看護学科を設置。2004年、国立大学法人浜松医科大学となる。2018年、大学院医学系研究科
に光医工学共同専攻を設置、現在に至る。
特待生制度なし
学外試験場なし
附属小学校なし
附属中学校なし
附属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

奨学金制度はあるの?

静岡県内の公的医療機関での医師確保を目的とする「静岡県医学修学研修資金貸与制度」は、静岡県指定の医療機関で一定期間勤務することで返還が免除されるもので、月額20万円を1年間貸与します。 また、年額36万円を貸与する「浜松医科大学看護学科等学生奨学金」は、浜松医科大学医学部附属病院で勤務する看護師の確保を目的に、常勤の看護師として貸与期間に相当する期間を勤務することで返還が免除される奨学金です。その他にも、日本学生支援機構などの各種奨学金が利用可能です。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

国際交流は行われているの?

浜松医科大学では中国、バングラデシュ、ポーランドなどの世界10カ国、18大学と学術交流協定や姉妹校協定を締結し(2020年)、交流を行っています。 医学科では、6年次にこれらの協定校で臨床実習を行うことができます。小児科、産婦人科、精神科、救急科など、各診療科で現地と日本の医療の違いを肌で実感し、また医学教育や医療制度などについて他国の事情を学ぶことができ、臨床実習に参加する場合は留学先での授業料が免除となります。看護学科では慶北大学校看護大学(韓国)と交流が行われています。その他にも、ハワイ大学(アメリカ)でのワークショップやデュッセルドルフ大学(ドイツ)での語学研修も企画されています。
↑TOPへ戻る
大学名浜松医科大学
国/公/私国立
住所静岡県浜松市東区半田山1-20-1
入試関連
問合せ先
入試課入学試験係