学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 情報
  • 医療
  • 芸術
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

「発見し・はぐくみ・かたちにする知の広場」

驚きや個性を尊び「知の探究者」としての礎を築く「教養教育」、自立した専門家としての知識や能力を習得する「専門教育」などから、世界に羽ばたく人材を育成する。研究成果を発信する「知の広場」を目指す。

↑TOPへ戻る

アクセス

●吉田キャンパス(人文、教育、経済、理、農、共同獣医、国際総合科学部)
・JR「湯田温泉駅」から徒歩約25分
●小串キャンパス(医学部)、常盤キャンパス(工学部)
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

985名(教授:342名 准教授:279名 講師:105名 その他:259名)

生徒数

8,732名(男:5,292名(60.6%)女:3,440名(39.4%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 850,460~1,032,490円
周辺家賃相場 12,000~58,000円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1949年、山口高等学校、山口師範学校、山口青年師範学校、山口経済専門学校などを統合し文理、教育、経済、工、農学部で設立。1964年、山口県立医科大学を移管し、医学部を設置。1978年、文理学部を改組し、人文、理学部を設置。2015年、国際総合科学部を設置し、現在に至る。
主な出身者岡正朗(山口大学長)、内田成明(ダイキョーニシカワ社長)、山際大志郎(衆議院議員)、野上純子(東京都議会議員)、杉崎美香(フリーアナウンサー)、新井道子(エフエム山口アナウンサー)
特待生制度あり
学外試験場あり
附属小学校あり
附属中学校あり
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

学生支援にはどのようなものがあるの?

経済面では入学者や学資負担者が災害などを被り、入学料や授業料の納入が困難であると認められる場合に、入学料や授業料の免除制度、入学料の徴収猶予制度を設けています。在学中の学業成績や人物柄がすぐれている学生に対して、授業料が半額免除になる特待生制度も設けています。奨学金は日本学生支援機構や地方自治体、民間育英団体の各種奨学金なども利用可能です。生活面では吉田キャンパスと常磐キャンパスに男子寮と女子寮が、常磐キャンパスには日本人学生と留学生が共同で生活する寮が、それぞれ設置されています。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

「おもしろプロジェクト」って何?

学生自身が主体的に企画や運営を行う独創性にあふれた企画に対して、山口大学が資金の援助を行う独自の取り組みです。試行錯誤にこそ学生の主体的で創造的な学びがあるという大学の教育理念にかなったものとして、プロジェクトの企画内容には原則として制限がありません。2018年度の採択例には、学生・市民を対象に心肺蘇生法の講習会を実施し山口県内の救命率向上を目指す企画や、回転翼機・固定翼機両方のメリットを持つハイブリットUAVの設計・開発で工学への理解を深める企画など、その内容は多種多様です。

就職支援はどのようなものがあるの?

山口大学の支援システムは、一人ひとりの希望する進路に沿ったきめ細かい個別相談を重視しています。また、学生自らが将来設計をする力を涵養するためのキャリア教育にも特徴があります。全学必修のキャリア教育科目を設定し、1年次には卒業後の社会的及び職業的自立を目標とした「知の広場」、3年次にはキャリアを自ら選択し働くための知識を得る「キャリア教育」という科目を履修します。その他にも、経営者や人事担当者を招いたセミナー、説明会、研究会などを通して、業界や職業についての実際的な知識を得るなど、多様なキャリアサポートを用意しています。
↑TOPへ戻る
大学名山口大学
国/公/私国立
住所山口県山口市吉田1677-1
入試関連
問合せ先
学生支援部入試課(吉田キャンパス)