学べる学問

  • 生命環境
  • 情報
  • 芸術
↑TOPへ戻る

概要

古都の風土の中で「知と美と技」を探究する

人間と自然の調和、科学と芸術の融合、豊かな人間性と高い倫理観にもとづいた技術の創造を目指す。人的・知的資源を活かし、文化継承や産業発展などの地域貢献や国際社会での学術文化交流に取り組んでいる。

↑TOPへ戻る

アクセス

●松ヶ崎キャンパス
・京都市営地下鉄烏丸線「松ヶ崎駅」から徒歩約8分
●福知山キャンパス
・JR「福知山駅」からバス約9分、「小谷ヶ丘」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

281名(教授:118名 准教授:90名 講師:4名 その他:69名)

生徒数

2,666名(男:1,931名(72.4%)女:735名(27.6%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 882,700円
周辺家賃相場 35,200~84,700円
学寮なし
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1899年に開設された京都蚕業講習所を起源とする。1902年、京都高等工芸学校と改称。数度の改称を経て、1949年、京都工芸繊維大学設立。さらなる学科や専攻などの学内整備を実施。2006年、工芸科学部を設置、1学部体制となり、現在に至る。
主な出身者森迫清貴(京都工芸繊維大学長)、田中裕久(関西学院大学教授)、サトウサンペイ(漫画家)、伊藤赤水(人間国宝、陶芸家)※前身の大学・組織出身者含む
特待生制度あり
学外試験場なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

大学独自の経済支援制度について教えて!

京都工芸繊維大学では様々な経済支援制度が設けられています。特にすぐれた学業成績の学生については「京都工芸繊維大学特待生制度」により、4年次の年間授業料の半額または全額が免除されます。2018年度にはこの制度により20名が授業料の免除を受けました。また、経済的な理由で入学料や授業料の納付が困難である場合には、入学料免除制度、授業料免除制度によって選考のうえ半額または全額が免除されます。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

国際交流について知りたい!

京都工芸繊維大学では世界各国の108の大学・学部や研究機関と国際交流協定を結び(2019年現在)、国際交流を推進しています。学期単位で協定校へ留学する交換留学プログラム、協定校のラボで研究に従事するグローバルインターンシッププログラム、休暇中に実施のサマー/スプリング・キャンプなど目的に合わせて選択できます。特に短期で実施のサマー/スプリング・キャンプでは各国の技術系大学で専門分野をテーマに現地学生との交流が行われます。文部科学省より「スーパーグローバル大学創成支援事業」に採択されている京都工芸繊維大学では、「英語鍛え上げプログラム」を実施し、すべての学生の英語運用能力向上を目指しています。4年次には「英語鍛え直しプログラム」の中で英語によるプレゼンテーションや論文執筆などの指導も行っています。

どんな就職支援活動があるの?

大学院への進学を選択する学生が多い京都工芸繊維大学ですが、就職を目指す学生向けには細やかな支援体制と豊富なプログラムを提供しています。キャンパス内には、企業の人事経験者やハローワークの学卒ジョブサポーターなどの専門の相談員からアドバイスを受けられる「就職相談室」や、就職活動に必要な求人票や最新の新聞、インターネットなどの情報を閲覧できる「就職資料コーナー」が設置されています。3年次からは本格的な指導が始まり、面接官から評価やアドバイスを受けられる模擬面接やグループディスカッションの研修などが行われています。
↑TOPへ戻る

大学紹介映像公開中

東進TV

大学名京都工芸繊維大学
国/公/私国立
住所京都府京都市左京区松ヶ崎橋上町1
入試関連
問合せ先
入試課学部入試係(松ヶ崎キャンパス)