東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

大学案内 > 北海道大学 > 学部・学科情報

目次

学部の選択をして下さい。

文学部
教育学部
法学部
経済学部
理学部
医学部
歯学部
薬学部
工学部
農学部
獣医学部
水産学部

文学部

「人間とは何か」という問いに、 最先端かつ総合的なアプローチで迫る

学科・コース・専修一覧
人文科学科定員入学金282,000円学べる学問文学 哲学・宗教 地理歴史 文化 言語・語学 社会 心理
185人年間授業料535,800円

【特色】1年次は全学教育により教養を身につける。2年次に9つのコースの中から履修するコースを決定する。
【進路】卒業生の約5割が一般企業に就職する。大学院に進学する者や公務に就く者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(中-国・社・英、高-国・地歴・公・英)、学芸員、社会調査士
主な出身者小森陽一(東京大学大学院教授)、梯久美子(ノンフィクション作家)、森田美由紀(NHKアナウンサー)
哲学・文化学コース西洋哲学、倫理学、宗教学、芸術学、インド哲学、仏教学などを学び、思想と文化の根源に迫る。「知ること」「存在すること」を根底から問い直し、「人間はいかに生きるべきか」について考えを深めていくと同時に、人間の精神的な営みの具体的な結果としての文化現象を探究していく。他のコースの授業も選択することができる。
歴史学・人類学コース世界の様々な地域に暮らす民族の社会と文化に対して、歴史学、人類学、考古学の方法を用いてアプローチすることで考察していく。日本史学、東洋史学、西洋史学、歴史文化論などの歴史学分野と共に、人類誕生から現在に至るまでの人類の歴史に関する考古学や人類学などを学び、人類について理解を深める。
言語・文学コース言語や文学を「言葉」を主軸に学習していく。日本文化論、中国文化論、西洋言語学、西洋文学、言語情報学、映像・表現文化論の6つの講座からなる。言葉の歴史や仕組みを時代や地域ごとに比較しつつ、言葉で表される思想及び文学を探究する。コミュニケーション手段であり思考の道具でもある「言葉」を通じて、人間に対する理解を深める。
人間システム科学コース実験や調査などで得られたデータの分析にもとづいて、人間の行動や社会の仕組みを実証的視点から理解する。心理学、社会学、社会心理学、社会生態学、地理学などのカリキュラムが含まれる。実験、調査実習、方法論、データ解析など実践的な科目が充実しているのが特色の1つである。
日本文化論コース日本列島を舞台として、その中で培われてきた思想、宗教、芸術、歴史、言語、文学、映像など文化全般を研究対象やテーマとして幅広く扱う。様々な分野から角度を変えて日本文化についてアプローチすることで、複合的な理解を促し、日本文化の特質について総合的に理解を深めていく。
アジア・アラブ文化論コース中国、インド、朝鮮半島をはじめとするアジア地域とアラブ文化圏の諸地域を研究対象とする。それらの地域で古くからはぐくまれてきた思想、宗教、芸術、歴史、言語、文学などを多様な切り口から総合的に学習することで、それぞれの社会や文化を比較検討する力を養い、世界に対する理解を深める。
ヨーロッパ・アメリカ文化論コースヨーロッパ及びアメリカ地域について、思想、宗教、歴史、言語、文学などの異なる研究分野を横断的に学習していく。これらの学びを通じて、ヨーロッパ及びアメリカ地域の社会や文化を多角的に理解することを目指す。国際的な視野を養う学際的なコースとしてカリキュラムを展開している。
北方文化論コース日本列島を含むユーラシア北方文化圏から北太平洋地域までに及ぶ広範囲を研究対象とする。アイヌ民族を含めた北方少数民族の歴史、文化、社会などに関して考古学、文化人類学、民族言語学、博物館学という4つの学問分野とフィールドワークによるアプローチを行い、北方の歴史や文化に対する総合的な理解を目指す。
総合文化論コース個人の心理から社会や文化の形成に至る幅広い領域について総合的に理解する。哲学、歴史学、文学、社会学、心理学など複数の学問分野にまたがる多様なカリキュラムのもと、既成の学問の境界にある問題について専門領域にしばられない自由な観点から学びを深めていく。

教育学部

「人間の科学」としての教育学の確立により、 社会に貢献できる人材を育成する

学科・コース・専修一覧
教育学科定員入学金282,000円学べる学問社会 教育 心理 社会福祉 健康科学
50人年間授業料535,800円

【特色】人間の科学を担うべく総合的な知識や自主的な研究への姿勢や人格の基礎の形成を目指す。
【進路】卒業生の約2割は大学院に進学。その他は幅広く一般企業や公務に就職する。

取得できる免許・資格教員免許(中-社・保体、高-地歴・公・保体、その他)、学芸員、社会福祉主事、社会教育主事
主な出身者山本むつみ(脚本家)、三浦清一郎(教育学者)、藤岡信勝(教育学者)
教育基礎論分野教育史、学校史、生徒指導論、学校経営論、教育方法学、教育行政学、教育思想学といった教育学の基礎的領域を研究する。教育に関する営みを歴史や思想の面からとらえる。生徒指導の困難化や生徒の学力低下といった近年の課題に対応した教育方法の開発、学校経営のあり方などを研究する。
教育社会科学分野産業教育、社会教育、教育福祉論、教育社会学などのゼミが設けられている。産業や労働の問題、地域社会における住民の主体形成、教育と階層、貧困と福祉、学問の自由などの社会問題について、教育学及び社会科学をもとにした調査を中心に実証的な研究を行う。フィールドワークを重視し、様々な調査実習を実施している。
教育心理学分野特殊教育・臨床心理学、学習神経心理学、乳幼児発達論、教育臨床心理学など10のゼミが設けられている。乳幼児から思春期の子どもの発達や学習方法に関して、多彩なアプローチで研究、理解を深める。生きづらさを感じる子どもや家族をどのように理解し、援助していくかを実践的かつ臨床的に研究する。
健康体育学分野体育方法、身体文化論、体育社会学、体力科学、身体運動科学、健康科学、運動生理学などのゼミが設けられている。スポーツ文化と社会の関わりや体育・スポーツ教育学から、身体運動に関わるバイオニズムやストレス緩和療法、健康増進や疾病予防など身体についての研究が行われている。

法学部

多様な利害や価値観による対立を調整し、 より良い社会の実現を目指す

学科・コース・専修一覧
法学課程定員入学金282,000円学べる学問法 政治
200人年間授業料535,800円

【特色】法律学だけでなく社会科学全般に及ぶ幅広い分野から自由に学び方を選択できる。
【進路】卒業生の約3割は公務に就く。金融・保険業や製造業に就職する者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(中-社、高-地歴・公)
主な出身者常本照樹(北海道大学大学院教授、北海道大学アイヌ・先住民研究センター長)、清水一史(九州大学大学院教授)、櫻田淳(東洋学園大学教授)、佐川光晴(小説家)、越直美(滋賀県大津市長)
法専門職コース憲法、民法、刑法など実定法に関する基礎を身につけ、法知識を前提とした専門職に就くことを目指す。1年次は全学教育科目を履修し、教養や社会的責任、倫理観を身につける。2年次の第2学期からコースに所属して実定法科目を重点的に履修する。学生の興味や関心に合わせて他の法科目も履修できるカリキュラムを展開している。
総合法政コース法的素養と高い政策判断能力、幅広い視野と国際感覚を身につける。2年次の第2学期からコースに所属する。学生の興味や関心に応じて履修の自由度を高めると共に、行政・ガバナンス、ビジネス、国際、歴史・思想、市民生活の5つの重点学習領域から一定以上の単位を取得した者にその領域の認定を行う重点学習領域履修認定制度が設けられている。

経済学部

真に人間生活を豊かにする知恵を生み出し、 実現する人材を育成する

経済学部定員入学金282,000円学べる学問経済 商・経営
190人年間授業料535,800円

【特色】経済学や経営学の基礎となる社会活動について学習する。3年次からはゼミに所属して専門的学習を行う。
【進路】卒業生の多くは一般企業に就職する。公務員になる者や大学院に進学する者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(中-社、高-公・商業)
主な出身者安達功(五島育英会理事長)、西村友幸(小樽商科大学大学院准教授)、深浦厚之(長崎大学教授)、木村和範(北海学園大学教授)、石井耕(北海学園大学教授)、黒沢義孝(埼玉学園大学大学院教授)、吉田賢一(工学院大学教授)、横山和子(東洋学園大学教授)、横田浩(トクヤマ社長)、久保田伸(タクトコンサルティング取締役)、西谷史(小説家)、安藤邦夫(北海道議会議員)
学科・コース・専修一覧
経済学科(100)市場経済が社会生活に利益や格差などをもたらす仕組みを明らかにし、これらの諸課題に対して多角的な視点から取り組む。経済社会をモデル化して分析する経済理論、経済社会の発展、経済思想、現代社会の財政、金融、労働、環境、国際経済などに関する分析をふまえた経済政策などを研究する。
経営学科(90)現代の経済活動を支える主体である企業、政府・地方自治体、非営利団体など組織の経営現象のみならず、組織の成員や集団の相互作用までを分析対象とする。企業会計を中心とした組織成果の測定、評価、監査を実践することで、様々な経営現象を多面的かつ総合的に学んでいく。

理学部

自然界の本質とその裏にある法則性を見極め、 新たな理論の構築や事実の発見につなげる

理学部定員入学金282,000円学べる学問生物 地球環境 数学 物理 化学
300人年間授業料535,800円

【特色】1年次は全学教育を受けて様々な分野の基礎に触れ、2年次から学科に分かれる。
【進路】卒業生の約8割が大学院に進学する。一般企業、公務への就職などの道を選ぶ者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(中-数・理、高-数・理)、危険物取扱者、測量士(補)、毒物劇物取扱責任者
主な出身者鈴木章(ノーベル化学賞受賞者、北海道大学名誉教授)、毛利衛(宇宙飛行士)、蛇穴治夫(北海道教育大学長)、細川敏幸(北海道大学教授)、三浦篤志(北海道大学大学院准教授)、藪浩(東北大学准教授)、浦口大輔(名古屋大学大学院准教授)、菅敏幸(静岡県立大学教授)、安達卓(学習院大学教授)、大木聖子(慶應義塾大学准教授)、澤口俊之(武蔵野学院大学大学院教授)
学科・コース・専修一覧
数学科(50)現代社会の諸問題を解決する手段としてニーズが高まっている数学を研究する。純粋数学から応用数学までの幅広い分野を研究対象とし、社会の様々なニーズに対応できる、柔軟な思考力、俯瞰力、問題解決力を持った人材を育成する。理論数学の追究や実験数学的な研究、数理科学など幅広い数学を扱う。
物理学科(35)素粒子や原子核のようなミクロの世界の現象からマクロの世界の宇宙現象、絶対零度近くの低温の世界まで、物理学が対象とする「自然」に対して様々な新しい発見に挑む人材を育成する。理論研究だけでなく物理実験を通して工学的技術も習得する。約40名の教員による質の高い教育が特色の1つである。
化学科(75)15の基幹研究室と大学内の8つの協力研究室から構成されている。幅広い現象や物質の性質などを分子レベルで理解することによる新物質の創出を1つのテーマとして学ぶ。基礎学習に重点をおき、エネルギー問題、環境問題、機能材料、医薬品の開発などの幅広い化学の領域で世界をリードする人材を育成する。
生物科学科(80)生物学と高分子機能学の専修分野に分かれる。生物学専修分野では分子や遺伝子の働き、生物と自然との関わり、種や生態系などといった生物活動の基本原理を探究する。高分子機能学専修分野では物理学、化学、生物学の総合的な学習により現代生命科学を研究する力と幅広い視野を培う。
地球惑星科学科(60)地球や惑星における自然現象、宇宙に存在する物質の起源や進化を解明するため、多様な理学の知識をもとにして実験、理論、野外観察、シミュレーションなどを行う。環境問題や資源問題、自然災害などの解決法の研究にも力を入れている。4年次からは研究室に分属し、それぞれの研究テーマを深めていく。

医学部

高い倫理観と豊かな人間性、 医療人としての信念を兼ね備えた人材を育成する

学科・コース・専修一覧
医学科定員入学金282,000円学べる学問
107人年間授業料535,800円

【特色】医学教養から専門的実習にわたる4つのコースにおいて、医師としての基礎基本を学ぶ。
【進路】卒業後は、研修医として実績を積み医療の道に進む者が多い。

取得できる免許・資格医師
主な出身者御手洗毅(キヤノン創設者)、松居喜郎(北海道大学大学院教授)、藤井義博(藤女子大学教授、イーベック監査役)、浅香正博(北海道医療大学がん予防研究所長)、山崎晃資(児童精神科医)、牧田善二(エー・ジー・イー牧田クリニック院長、作家)
医学科(107)6年制。1〜6年次にわたり医学教養、基礎医学、臨床医学、臨床実習の4つのコースが組まれ、医学について段階的に学んでいく6年一貫教育制を採用している。6年次の医師国家試験合格後は、臨床研修などを経て専門医、研究者、教育者、行政職などに就き、各分野で活躍する。
保健学科定員入学金282,000円学べる学問看護 保健・介護
180人年間授業料535,800円

【特色】人間性をはぐくむ「全人教育」と総合的視野や専門的知識の習得により、高い倫理観と幅広い教養を養う。
【進路】全専攻において、病院に勤務する者と大学院に進学する者が卒業生の大半を占めている。

取得できる免許・資格看護師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、診療放射線技師
主な出身者田村彰吾(山梨大学大学院日本学術振興会特別研究員)
看護学専攻(70)社会からの多様なニーズに応えられる高い看護能力と国際的視野を持つ看護師を育成し、研究者として看護学の確立、看護技術の開発促進による保健医療の向上に貢献する。国際的な健康問題に対する取り組みや国際協力について学ぶ「国際保健学」では、今後の保健医療分野における国際的な課題について考察する。
放射線技術科学専攻(37)放射線、電磁波、音波などを利用して体内の調査や疾病の治療を研究する応用科学である放射線技術科学を学ぶ。医療装置に関する理工学領域と、診断や治療を担う医学領域からなる。理工学と医学の双方に通じたプロフェッショナルとして医療機器や放射線技術を扱う医療現場や企業で活躍する人材を育成する。
検査技術科学専攻(37)病気の診断、治療、予防に役立つ身体の医学的情報を検出する臨床検査だけでなく、環境調査や食品管理など様々な分野でも活躍できる検査科学の専門家として必要な知識と技術を学ぶ。卒業後は検査技術科学の専門家として医療現場や医療関連企業に進む他、研究者や教育者として学術分野で活躍する。
理学療法学専攻(18)病気などにより身体機能の低下した者に対して、検査や測定による評価を行い、問題点を明らかにし、病状に応じた療法を探究する理学療法学を学ぶ。カリキュラムには基礎学問、専門科目の他に臨床実習や卒業研究も含まれ、理学療法を担う広範な知識や高い技術、豊かな人間性、国際的素養を兼ね備えた人材を育成する。
作業療法学専攻(18)心身に障害のある人々が諸活動を通じて日常生活の再獲得を目指すための援助法を研究するという作業療法学を学ぶ。援助の対象となる様々な年代の人々のニーズに対応するため、多様な基礎科目、専門科目の履修や臨床実習、卒業研究によって幅広い教養と人間理解、高度な専門技術を獲得できるカリキュラムが組まれている。

歯学部

医療人としての職業倫理と、 人間性を兼ね備えた歯科医師を育成する

歯学部定員入学金282,000円学べる学問
53人年間授業料535,800円

【特色】6年間を複数の教育期に区分し、歯学の体系的な学習ができるカリキュラムを展開する。
【進路】卒業生の多くは、国家試験に合格後、臨床研究医となる。

取得できる免許・資格歯科医師
主な出身者石川博之(福岡歯科大学長)
学科・コース・専修一覧
歯学科(53)6年制。基礎教育期、専門教育期、総合教育期の3つの教育期に分かれて段階的に歯学を学ぶ。基礎教育期では総合教育部で教養を養い、専門教育期から基礎科目や臨床科目、実習がスタートする。総合教育期には臨床実習を中心に歯科医療の実情を学んでいく。3・5年次では選択科目として海外実習が履修可能である。

薬学部

ライフサイエンスや創薬における研究者、 指導的立場で活躍できる薬剤師を育成する

薬学部定員入学金282,000円学べる学問化学 薬
80人年間授業料535,800円

【特色】薬学に必要な基礎学力を身につけるため、生物化学、有機化学、物理化学を3つの柱とした教育を行う。
【進路】薬科学科の卒業生の大半は大学院に進学し、薬学科の卒業生の多くは薬剤師や研究者として活躍する。

取得できる免許・資格教員免許(中-理、高-理)、薬剤師
主な出身者井関健(北海道大学大学院教授)、松田彰(北海道大学大学院教授)、市川聡(北海道大学大学院准教授)、阿部洋(名古屋大学大学院教授)、栁川芳毅(北海道医療大学准教授)、下野和実(崇城大学教授)、逢坂誠二(衆議院議員)
学科・コース・専修一覧
薬科学科(50)4年制。ライフサイエンスや創薬科学の分野で国際的に活躍できる研究者や技術者を育成する。4年間で薬学に必須となる生物化学、天然物化学、有機合成化学、医薬科学、物理化学などの基礎科学を学び、薬物の働きに関する理解を深めていく。研究室配属後は最先端の研究に取り組む。
薬学科(30)6年制。国民の健康と福祉、医療における諸問題を研究し、医療の現場で指導的役割を発揮できる薬剤師や医療薬学研究者を育成する。薬科学科と共通の生物化学、有機化学、物理化学などに加え、医療現場で必要な病態解析学や医薬品安全性学などの科目や実務実習などを6年一貫教育の中で学び、医療倫理をはぐくむ。

工学部

工学の研究成果を通じて、 人類の生活をより快適で豊かなものにする

工学部定員入学金282,000円学べる学問生物 地球環境 生物資源 物理 化学 機械 土木・建築 環境工 電気電子 航空宇宙 エネルギー 情報科学
670人年間授業料535,800円

【特色】すぐれた倫理観を持つと共に、未来の社会を正しく展望し、新しい道を開拓する意欲のある人材を育成する。
【進路】卒業生の8割超が大学院に進学する。一般企業に就職する者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(中-理、高-数・理・情・工業)、危険物取扱者、測量士(補)、電気通信主任技術者、電気主任技術者、建築士(一・二級、木造)、毒物劇物取扱責任者、技術士(補)、土木施工管理技士
主な出身者名和豊春(北海道大学総長)、宮浦憲夫(北海道大学名誉教授)、田中洋行(北海道大学大学院教授)、長野克則(北海道大学大学院教授)、渡辺義公(北海道大学環境ナノ・バイオ工学研究センター長)、山本強(北海道大学大学院特任教授)、石井裕(マサチューセッツ工科大学教授)、伊福部達(東京大学名誉教授)、魚住純(北海学園大学教授)、木股昌俊(クボタ社長)、中村憲治(日本甜菜製糖社長)、長谷川正治(グラフェンプラットフォーム社長)、宮本充(俳優)、増谷康紀(声優)、西川将人(北海道旭川市長)、奥寺健(フジテレビアナウンサー)、磯田彩実(テレビ北海道アナウンサー)、近藤肇(気象予報士)
学科・コース・専修一覧
応用理工系学科(160)応用物理工学コースでは諸分野の科学技術を駆使して新しい学問分野や技術に貢献する研究者と技術者を育成する。応用化学コースでは化学全般を幅広く扱い、幅広い基礎知識と高度な専門知識を兼ね備えた研究者を育成する。応用マテリアル工学コースでは材料工学の専門教育を行い、自由な発想で新材料を開発できる人材を育成する。
情報エレクトロニクス学科(180)情報理工学コースでは数理科学やプログラミングなどについて学ぶ。電気電子工学コースでは電気電子工学とナノテクノロジーを学ぶ。生体情報コースでは情報科学と生命科学を、メディアネットワークコースでは情報ネットワークと情報メディア技術を、電気制御システムコースでは電気エネルギーとメカトロニクスの社会的応用について学ぶ。
機械知能工学科(120)機械工学と原子工学を基盤とする2つのコースを設置している。機械情報コースでは量子理工学、ロボット工学、バイオエンジニアリング、医療・福祉などの産業分野において、機械システムコースでは環境、エネルギー、宇宙工学などの大規模な機械システムの産業分野において活躍できる技術者や研究者を育成する。
環境社会工学科(210)社会基盤学コースでは社会基盤の計画や設計などに関する技術を、国土政策学コースでは政策の立案や執行について学ぶ。建築都市コースでは建設空間の創出を中心に、自然保護と社会資産の調和について学ぶ。環境工学コースでは工学技術を駆使して快適な生活環境の保護を目指す。資源循環システムコースでは循環型社会の形成について学ぶ。

農学部

総合科学としての農学を探究し、 人類の存続と発展への貢献を目指す

農学部定員入学金282,000円学べる学問経済 生物 地球環境 生物資源 農・林業 化学 環境工
215人年間授業料535,800円

【特色】食糧不足や環境破壊など現代社会の諸問題に様々な視点から取り組む人材を育成する。
【進路】卒業後は、7割超の学生が大学院に進学する。一般企業に就職する者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(中-社、高-理・公・農)、危険物取扱者、食品衛生管理者、食品衛生監視員、測量士(補)、樹木医(補)
主な出身者吉田勝彦(日糧製パン社長)、日浦勉(北海道大学教授)、梶光一(東京農工大学大学院教授)、川端俊一郎(北海学園理事)、河西勝(北海学園大学名誉教授)、林美香子(慶應義塾大学大学院特任教授)、加藤幸子(小説家)、谷村志穂(小説家)、津田喜章(NHKアナウンサー)
学科・コース・専修一覧
生物資源科学科(36)分子、細胞、生物個体及び集団、生態系の特性などを理解することを目標とした教育と研究活動を展開している。基礎生物学とその応用、環境と生物の相互関係などについて詳しく扱い、生物資源の保護と人間生活の相互調和について総合的な思考と技術で取り組む人材を育成する。
応用生命科学科(30)生物によってもたらされる、人間の暮らしにとって価値ある未知の物質、機能及び生命現象を発見し、利用するために、生命に関わる現象を遺伝子や分子レベルで探究する。生命科学に対する社会的な期待が急速に高まる中、第一線でそのニーズに応えられる人材を育成する。3年次後期に各研究室に配属される。
生物機能化学科(35)植物、動物、微生物などの生物の示す生命現象の発現機構に関連する基礎的な研究を通じて、健康、食料、環境問題、資源エネルギーなど人類の生存に重要な基本的課題の解決を目指す。バイオテクノロジーとバイオサイエンスをキーワードに最先端の教育と研究に取り組む。
森林科学科(36)自然環境の保全とリサイクル型の資源利用という人類の未来にとって重要な課題の解決を目指し、教育と研究を行う。自然科学と社会科学の両分野にもとづいて、学内での講義や実験の他、2年次後期からの広大な研究林を活用した野外実習により、森林とその生産物について学び、森林と人間社会の調和について探究する。
畜産科学科(23)家畜と、それを取り巻く生態系における生命現象を明らかにすることで、畜産物の有効利用を図ることを目標に、家畜の発生、成長から生産物の利用までを総合的に学ぶ。遺伝繁殖学、畜牧体系学、動物機能栄養学、細胞組織生物学、応用食品科学、ゲノム生化学の6つの分野から構成されている。
生物環境工学科(30)生態系と調和しながら持続的な生産を行うべく、環境負荷のない農業を理工学的な視点から研究する。農業土木学、生態環境物理学、土壌保全学、ビークルロボティクス、食品加工工学、循環農業システム工学、生物生産応用工学、生物環境情報学、陸域生態系モデリングの9つの分野から構成されている。3年次から研究室に配属される。
農業経済学科(25)飢餓や生産資源の枯渇などの問題に取り組み、自然と人間との共生を取り戻すための新たな枠組みづくりを担う人材を育成する。農業環境政策学、農業経営学、開発経済学、協同組合学、食料農業市場学、地域連携経済学、食資源経済統計学、農資源経済学、協同組合のレーゾンデートルの9つの分野から構成されている。

獣医学部

地球上の動物生命に責任を負う「獣医学」 その自負のもと、社会の多様な要請に応える

獣医学部定員入学金282,000円学べる学問獣医
40人年間授業料535,800円

【特色】2年次から専門教育科目を履修する。5年次から講座ごとの教室に所属し、課題研究に取り組む。
【進路】卒業後は、一般企業に就職する者や公務に就く者の他、大学院に進学する者も多い。

取得できる免許・資格獣医師
主な出身者喜田宏(北海道大学名誉教授)、小菅正夫(北海道大学客員教授)、斑目広郎(麻布大学教授)、三浦雄一郎(スキーヤー)
学科・コース・専修一覧
共同獣医学課程(40)6年制。帯広畜産大学との共同獣医学部として、国際的水準の獣医教育を展開している。1年次には総合教育部で一般教養を、2年次以降から専門科目を学び、実習に取り組む。5年次には課題研究のために、講座ごとの教室に所属する。豊かな人間性と高い生命倫理観に加え、科学的な思考力と判断力及び国際的な視野の獲得を目指す。

水産学部

体系的な学びによって、 持続可能な「水産科学」の構築を目指す

水産学部定員入学金282,000円学べる学問地球環境 生物資源 水産 化学
215人年間授業料535,800円

【特色】2年次進級時に学科分属を行い、3年次から函館キャンパスで専門科目を履修する。
【進路】卒業生の7割超が大学院に進学する。その他は、一般企業に就職する者が多い。

取得できる免許・資格教員免許(高-理・水)、学芸員、食品衛生管理者、食品衛生監視員
主な出身者帰山雅秀(北海道大学特任教授)、佐藤彩(北海道放送アナウンサー)
学科・コース・専修一覧
海洋生物科学科(54)水圏の生物学などに関する基礎的事項を体系的に学び、水圏生物を資源として活用し続けていくための基礎知識と最新情報を習得することで、幅広い視野からの課題解決能力を兼ね備えた人材を育成する。海洋動物の形態、分類、生態、行動、生活史、進化、多様性を探究する。
海洋資源科学科(53)海の生物資源について、生物の環境、資源の定量化、生産手段、経済、情報などあらゆる視点から総合的に資源に関わる教育と研究を行う。生物学、物理学、工学、経済学などの基礎科目をベースに、産業振興、資源保護、国際協力、地域貢献の立場から、国際的な水産資源の生産、利用、管理までを学ぶ。
増殖生命科学科(54)様々な海洋生物の代謝、育種、遺伝、発生や病気など生命科学の基礎を習得すると共に、遺伝子組み換え技術、受精卵操作、ゲノム解析などの最先端の生命科学に関する研究にも取り組む。養殖や増殖など水産増養殖の分野で幅広い視野を持って活躍できる人材を育成する。
資源機能化学科(54)海洋生物に関する生化学、生物工学、食料としての栄養・健康性機能の化学、食の安全確保に関する科学、工業原料や医薬品材料としての利用科学などの学習を通じ、食品、化学、薬品、安全管理などの分野で活躍できる人材を育成する。海洋生物資源の高度な利用を可能とする基礎理論と先端技術を学ぶことができる。