学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 情報
  • 医療
  • 芸術
↑TOPへ戻る

概要

キリスト教精神にもとづき、地球的視野に立つ人材を育成する

専門分野の枠組みに閉じこもらない学際的な教養を身につけ、多様なグローバル社会でたくましく生きる力を持った、地球的な視野に立ち困難な問題の解決に貢献する人材を育成する。充実した留学プログラムやインターンシップなどにより、国際社会との連携を深めている。

↑TOPへ戻る

アクセス

●四谷キャンパス
・JR・地下鉄「四ツ谷駅」から徒歩約5分
●目白聖母キャンパス
・西武新宿線「下落合駅」から徒歩約8分
・JR「目白駅」から徒歩約15分
●石神井キャンパス
・西武新宿線「武蔵関駅」から徒歩約10分
●市谷キャンパス(学部以外設置)
・JR・地下鉄「市ケ谷駅」から徒歩約5分
・地下鉄「麹町駅」から徒歩約5分
●秦野キャンパス(学部以外設置)
・小田急線「秦野駅」からスクールバスで約5分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数(合計:1458名)
教授:307名 准教授:159名 講師:944名 その他:48名
生徒数(合計:12634名)
男:5386名 女:7248名
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 1,255,450~1,873,950円
周辺家賃相場 93,000円
学寮あり
↑TOPへ戻る

校歌

↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1913年
設立
専門学校令により開校
1928年
大学昇格
大学令により大学に昇格。文、商の2つの学部を設置
1948年
新制移行
新制大学として発足。文、経済の2つの学部を設置
1951~55年
大学院設置
1951年、大学院修士課程を設置。55年、同博士課程を設置
1957~62年
学部増設
1957年、法学部を設置。58年、外国語、神の2つの学部を設置。62年、理工学部を設置
2005~06年
学部再編
2005年、総合人間科学部を設置。06年、比較文化学部を国際教養学部に改組
2014年
学部増設
総合グローバル学部開設
特待生制度あり
学外試験なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

TEAP利用型入試って何?

論理的思考力を問う英語検定試験を利用する試験で、同時に複数学科への出願も可能です。上智大学では、一般入試と共に、TEAP(アカデミック英語能力判定試験)を受験し、基準スコアを満たしていれば出願できる「TEAP利用型」という入試方式を導入しています。
TEAPとは、「読む(Reading)」「聞く(Listening)」「書く(Writing)」「話す(Speaking)」という4つの観点で英語に関する技能を正確に測ることを目的に開発された試験です。TEAP CBTは、TEAPのコンセプトを継承しつつ、実践的な英語運用能力を複合的に測定できるテストとして開発されました。技能を複数組み合わせた統合型問題が複数出題されていること、SpeakingとWritingの問題数が多いことが特徴です。なお、TEAPには、2技能、3技能、4技能の3つのパターンがあり、2017年度入試では4技能パターンのスコアが必須です。
一般入試「TEAP利用型」では、試験日当日に英語の試験は行われません。事前にTEAPを受験し、学科が設定する各技能の基準スコアを超えていることが出願条件になります。試験日当日は国語や地理歴史、数学など学科の指定する選択科目を受験します。従来の大学入試で見られるような知識に重きをおいた問題ではなく、文章理解力や論理的思考力など、より総合的な学習到達度を測る問題が出題されます。なお、条件を満たせば複数の学科を併願することも可能ですが、神学部神学科、総合人間科学部心理学科及び看護学科の間での併願はできません。

学費面に不安があるのだけど、奨学金はあるの?

上智大学の多くの学生が多種多様な奨学金を利用しています。上智大学独自の奨学金制度はすべて給付型です。新入生の場合、入学前の成績が優秀であるにもかかわらず経済的理由で入学が困難な者に初年度授業料相当額、半年相当額、3分の1相当額のいずれかが支給される新入生奨学金があります。「上智大学修学奨励奨学金」は成績が優秀であるにもかかわらず家計の急変により学業継続が困難となった学生に、「上智大学篤志家奨学金」は様々な条件に合った留学生や優秀な学生にそれぞれ支給されます。
日本学生支援機構は第一種(給付型)、第二種(貸与型)いずれも卒業後に返還が必要となります。地方自治体や民間団体による各種奨学金も同様で、外国人留学生が利用できるものもあります。これらの他にも、奨学金とは別に各分野で特に優秀な学生や学生団体を表彰する学生表彰制度があります。「上智大学学業優秀賞」は学業成績を含めて総合的に極めてすぐれていると認められる2~4年次の学生で学部長からの推薦を受けた者を表彰し、副賞として70,000円が贈呈されます。さらには、「学長賞」や「学長奨励賞」などの顕彰制度も設けられています。

外国語教育が充実していると聞くけれど、具体的な特色は?

語学力に応じたレベル別のクラス編成を中心に様々な特徴があります。上智大学では、現代の国際社会において様々な国や地域の人々と交流し、文化や価値観に接することが極めて重要であるとし、自らの考えを述べ、相手の考えを理解できるだけの外国語運用能力を養うことに力を入れています。体系的で合理的な語学教育を推進すべく、言語教育研究センターを設置し、英語教育を中心にドイツ語、フランス語、イスパニア語、ロシア語など多様な言語学習が可能な環境を整えています。
英語を含め、全部で22もの言語の語学科目が開講している上智大学では、多くの学生が英語の他に第二外国語を履修していますが、英語の他に2つ以上の言語を学んでいる学生も少なくありません。自らの専攻分野と結びつく地域や文化をより深く理解する目的で、多様な地域の言語学習の機会を提供しています。
入学直後にはTEAPのスコアを基準に、語学力に応じたクラス編成を行います。1年次には学術的な英語の運用力を高めると共に、様々な学術分野について英語で理解を深め、2年次以降は3つの科目群(Academic、Professional、Practical)から自由に選択して英語で専門的な学習を進めます。
長期休暇を利用した海外での短期語学講座や短期研修などでは、様々な国や地域の大学で語学のみならず他の専門分野を学べます。海外留学以外にも他学部の科目として英語のみで行われている国際教養学部の授業を履修できる制度があります。理工学部における英語教育では、科学技術者に求められる英語力を養うことに焦点をあて、確実かつ専門的な英語力を習得するための環境が用意されています。
↑TOPへ戻る