学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 情報
  • 医療
  • 芸術
↑TOPへ戻る

概要

「叡智が世界をつなぐ」を理念に、現代世界へ窓を開く

カトリックの伝統を受け継ぎ、大学構成員それぞれが人格を磨き合い、人類と世界の発展に奉仕する者となることを目指す。多彩な留学プログラムやインターンシップなど、国際社会との交流や連携を深めている。

↑TOPへ戻る

アクセス

●四谷キャンパス
・JR・地下鉄「四ツ谷駅」から徒歩約5分
●目白聖母キャンパス
・西武新宿線「下落合駅」から徒歩約8分
・JR「目白駅」から徒歩約15分
●市谷キャンパス
・JR・地下鉄「市ケ谷駅」から徒歩約5分
・地下鉄「麹町駅」から徒歩約5分
●石神井キャンパス(学部以外設置)
・西武新宿線「武蔵関駅」から徒歩約10分
●秦野キャンパス(学部以外設置)
・小田急線「秦野駅」からスクールバス約5分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数(合計:1486名)
教授:314名 准教授:145名 講師:980名 その他:47名
生徒数(合計:12575名)
男:5221名 女:7354名
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 1,260,450~1,798,950円
周辺家賃相場 94,900~127,800円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1913年 設立
専門学校令により開校
1928年 大学昇格
大学令により大学に昇格。文、商の2つの学部を設置
1948年 新制移行
新制大学として発足。文、経済の2つの学部を設置
1957~62年 学部増設
1957年、法学部を設置。58年、神、外国語の2つの学部を設置。62年、理工学部を設置
2005~06年 学部改組
2005年、総合人間科学部を設置。06年、比較文化学部を国際教養学部に改組
2014年 学部増設
総合グローバル学部設置
特待生制度あり
学外試験なし
附属小学校なし
附属中学校あり
付属高校あり
↑TOPへ戻る

Q&A

TEAP利用型入試って何?

論理的思考力を問う英語検定試験を利用する試験で、同時に複数学科への出願も可能です。上智大学では、TEAP(アカデミック英語能力判定試験)を受検し、基準スコアを満たしていれば出願できる「TEAP利用型」という入試方式を国際教養学部を除く全学部で導入しています。
TEAPは上智大学と日本英語検定協会が共同で開発したテストで、大学レベルで必要な「聞く、読む、 話す、書く」の4つの技能を正確に測定するためのものです。TEAPには「2技能」と「4技能」の2つのパターンが設けられていますが、2019年度入試では「4技能パターン」のスコアが必須です。TEAPのスコアは取得後2年間のみ大学受験に利用でき、複数回受験していた場合はその中での各技能の最高点を組み合わせた総合点を利用して出願することができます。なお、TEAPのスコアは出願に必要な条件としてのみ利用されるため、基準点を超えてさえいればスコアそのものは選考結果には影響しません。
「TEAP利用型」入試では英語の試験が免除され、 試験当日は学科の指定する選択科目のみを受験します。試験では文章理解力や論理的思考力など、従来の入試のように知識量が求められる問題ではなく、より総合的な学習到達度を測る問題が出題されます。また、条件を満たせば複数の学科を併願することも可能です。ただし、神学部神学科と総合人間学部心理学科、看護学科のみ一般入試と同一の日時及び内容で二次試験を行うため、これらの学科の間での併願はできないことに注意が必要です。
なお、上智大学では、2021年度入試からセンター 試験にかわって実施される「大学入学共通テスト」を導入の予定ですが、TEAPをはじめとした英語「外部試験」も引き続き入試に利用する方針を示しています(2018年末時点)。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

推薦入試について教えて!

学科ごとの個別テストや面接によって、学科への適性を総合的に判断します。
上智大学では全学部を対象に推薦入試(公募制)が行われています。2019年度入試では募集定員の3分の1を推薦入試(公募制)に充てている学科もあり、一般入試に次いで入学者の多い入試制度です。
出願資格として、TOEFLやIELTS、英検などの英語の外部検定試験で、各学部学科の指定する成績を満たしている必要があります。また、国際バカロレア(IB)枠も用意され、国際バカロレアを取得することで出願資格を満たすこともできます。なお、 国際バカロレア枠で出願する場合、学科によっては履修科目を指定している場合があります。
選考は調査書、自己推薦書、レポート等特定課題、学科ごとの個別テスト、面接によって行われ、各学科の個別テストは学力の到達度や志望動機の確かさなどから適性を判断する目的で実施されます。
例えば、文学部新聞学科ではジャーナリズムに関する基礎的試問、法学部法律学科では社会と法に関する設問を含む小論文、経済学部経済学科では数学の基礎に関する理解力と思考力を問う試問、外国語学部ロシア語学科ではロシアとソ連についての基礎知識を問う小論文というように、学科ごとに一定の知識の積み重ねが試されます。1回限りの学力試験では測れない資質や能力、個性や適性を判断します。
なお、公募制の推薦入試の他には、指定校推薦と神学部推薦入試があります。神学部推薦入試は、神学部への進学を通じてカトリック教会の司祭や修道士を目指す者を対象としています。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

学費面に不安があるのだけど、奨学金はあるの?

上智大学の多くの学生が多種多様な奨学金を利用しています。上智大学では学生が経済的事情を気にすることなく学業に専念できるような環境を提供することを目的に、大学独自の奨学金を多数用意しており、大学独自の奨学金はすべて返還不要の給付型です。
「上智大学新入生奨学金」は、上智大学を第一志望とするが、経済的事情により入学が困難であり、かつ高校の成績が優秀である者に対して初年度の授業料相当額、半額相当額、3分の1相当額のいずれかを支給するものです。入学前出願型の奨学金なので、入試の出願手続きの際に申請する必要があります。「上智大学修学奨励奨学金」は、学習の意欲があるにも関わらず、家計の事情で学業の継続が困難な者に対して給付されます。「上智大学篤志家奨学金」は、留学生や各分野で優秀な専門知識を有する者に対して給付されます。
さらには、特定の学部、学科に所属する学生のみを対象としたものや、授業料を一括で払うことが難しい場合に限り分納が可能となる制度も用意されています。学費を納入するために上智大学が提携する金融機関のローンを利用した者に対して出願年度分のローンの利息分を給付する「利子補給奨学金」という制度も利用可能です。
その他にも、日本学生支援機構による第一種(利子なし)、第二種(利子あり)の貸与型奨学金、地方自治体や民間団体などによる奨学金の利用可能 で、大学独自の奨学金とも併用できます。なお、奨学金の支援を受けているという自覚を促すために、奨学金関連の書類はすべて学生自身が作成し提出します。
↑TOPへ戻る

大学紹介映像公開中

東進TV

大学名上智大学
国/公/私私立
住所東京都千代田区紀尾井町7-1
入試関連
問合せ先
学事局入学センター(四谷キャンパス)

大学の講義ってどんな様子? 何を学べるの? 知的で奥深い学問の魅力をお伝えします。