東進SNS公式アカウント
永瀬昭幸 理事長インタビュー全国統一テスト企業案内サイトマップニュースリリース
数学オリンピック

東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 情報
  • 医療
  • 体育
  • 芸術
↑TOPへ戻る

概要

創立者の志と理念を継承する「総合学塾」

「全社会の先導者たらんことを欲するものなり」という創立者・福澤諭吉の言葉を目標に、1世紀半を超える歴史と伝統の中で、たゆまぬ教育改革を推進している。創立当初から変わらぬ理念のもと、他者と関わり合いながら、自らの頭で考えて新しい領域にも挑む「独立自尊」の人間を育成する。

↑TOPへ戻る

アクセス

●日吉キャンパス(文、経済、法、商、医、理工、薬学部)
・東急線・横浜市営地下鉄「日吉駅」から徒歩約1分
●三田キャンパス、信濃町キャンパス、矢上キャンパスなど ●日吉キャンパス、矢上キャンパス
・東急東横線・目黒線・横浜市営地下鉄「日吉駅」から徒歩約1分(日吉キャンパス)、約15分(矢上キャンパス)
●三田キャンパス
・JR「田町駅」から徒歩約8分
・地下鉄「三田駅」から徒歩約7分
●信濃町キャンパス
・JR「信濃町駅」から徒歩約1分
●湘南藤沢キャンパス
・小田急江ノ島線・相鉄線・横浜市営地下鉄「湘南台駅」からバスで約15分、「慶応大学」下車
●芝共立キャンパス
・JR「浜松町駅」から徒歩約10分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数(合計:2335名)
教授:907名 准教授:389 講師:369名 その他:670
生徒数(合計:28855名)
男:18814名 女:10041名
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 1,283,350~3,793,350円
周辺家賃相場 55,000~72,000円
学寮あり
↑TOPへ戻る

校歌

↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1858年
設立
福澤諭吉により開塾
1868年
改称
慶應義塾と改称
1920年
学制改革
文、経済、法、医の4つの学部を有する総合大学に
1944~49年
学部設置、学制改革
1944年、工学部を設置。49年、新制大学に
1957~81年
学部設置
1957年に商学部を、81年に理工学部を改組設置
1990~2008年
キャンパス、学部設置
1990年に総合政策と環境情報、2001年に看護医療、2008年に薬の4つの学部を設置
特待生制度なし
学外試験なし
附属小学校あり
附属中学校あり
付属高校あり
↑TOPへ戻る

Q&A

慶應義塾大学へ入学するには、どんな形式の入試を受けるの?

推薦入学やAO入試もあり、形式は様々です慶應義塾大学では、個性を持った学生を集めるため、一般入学試験の他にも多様な入試制度を設けています。そのうちの1つが文学部による自主応募制の推薦入学です。指定校による推薦入学を法、商、理工、薬の4つの学部で認めていますが、文学部では一定の資格を満たしていれば、高校生が自己推薦によって応募できます。応募者の評価には調査書、自己推薦書、評価書、総合考査ⅠとⅡなどを合わせて用い、学内外での活動を含めて選考されます。
AO入試の形式も学部によって様々です。法学部では、FIT入試と呼ばれる独自のAO入試を実施しています。法律、政治の両学科それぞれ最大80名を定員とする、すべての受験生に開放された試験です。A方式とB方式があり、A方式では調査書や自己推薦書などによる一次選考と、模擬講義を受講後に試験を受けることに加えて、グループに分かれて討論を行う二次選考があります。B方式では調査書や評価書などによる一次選考と、小論文や面接などによる二次選考があります。また、理工、総合政策、環境情報、看護医療の4つの学部でも、AO入試を実施しています。総合政策、環境情報の2つの学部では複数の入試方式から選べます。一方で、慶應義塾が設置する5つの高校から一貫教育として進学する塾内進学者も多く受け入れられており、入学者全体の2割程度の人数にのぼっています。
なお、2016年度より経済学部では、4年間を一貫して英語で経済学を学び、5年間で学士号と修士号の双方を与える「Programme in Economics for Alliances, Research and Leadership」(PEARL)という新たなプログラムを創設し、世界を舞台に活躍する先導者の輩出を目指します。PEARL入試では、9月入学(秋入学)を導入し、募集定員は100名です。詳細は大学発行の募集要項かホームページを必ず確認してください。

慶應義塾大学は奨学金制度が充実しているの?

多岐にわたる経済援助制度が用意され、学業にいそしむ学生を支援しています慶應義塾大学では、独自の奨学金や学生ローンも多数用意されており、学生に対する金銭援助は充実しています。奨学金制度は、給付(返済義務が生じない)タイプも多く用意され、多くの学生が利用できます。
慶應義塾大学給費奨学金では、成績と人物いずれも優秀な2年次以上の学生に対して、20万円の学資を1年間の期限で給付しています。慶應義塾大学特別奨学金は、経済的に困窮した状況にある学生に対して、同じく1年間の期限で授業料の範囲内の金額が給付されます。2014年度は、平均で37万円程度が合計で24名に給付されました。これら給付型の学内奨学金(入学後に申請するもの)は全部で16件用意されていますが、それぞれ給付額が10万円から80万円程度と大きく、申請者数は実際の採用者数を大幅に上回るケースが多いようです。一方で、多くが再申請可能で採用条件も多様です。
入学前から申請できるものとしては、地方出身の一般入試受験生を対象とした「学問のすゝめ奨学金」があります。東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県出身者を除く自宅外通学の学生が対象で、全国を6つのブロックに分け合計で107名の採用枠から地域ブロックごとに給付人数が定められており、その選抜には学業成績や経済事情などが考慮されます。これら慶應義塾大学独自の奨学金が数多く用意されている他、社団法人や財団法人、一般企業、地方自治体による奨学金も導入されています。
返済義務が生じる貸与型の奨学金では、日本学生支援機構による奨学金以外にも、社団法人や地方自治体などによる奨学金も充実し、家庭状況や経済状況に合わせたタイプを選べます。また、金融機関と提携した慶應義塾大学教育ローン制度や外国政府募集奨学金など、学業にいそしむ学生の様々な活動や将来の可能性を広げるべく、充実した諸制度を整えています。

総合政策学部と環境情報学部ってどう違うの?

共に文理融合学部ですが、総合政策学部は“文系的”、環境情報学部は“理系的”です総合政策学部と環境情報学部は、共に1990年に湘南藤沢キャンパス(通称SFC)に誕生した比較的新しい学部です。
端的に表現すれば総合政策学部は「理系と融合した文系」、環境情報学部は「文系と融合した理系」学部で、自由に相互の科目を学べます。複雑な社会問題により柔軟に対応すべく、両学部では100以上もの研究が行われ、他学部と比べて学問領域の枠にとらわれず、自らの専攻分野を作り出していくことができる学部です。
総合政策学部は政策デザイン、社会イノベーション、国際戦略、経営・組織、都市・地域戦略の5つに大きく分野が分かれます。例えば、社会問題を考えたい場合は、政策デザインの専門プロジェクトを履修できます。少子高齢化社会における労働経済プロジェクトでは、少子高齢化や外国人労働者の問題を、労働経済学や国際経済学の視点から分析します。
これに対して、環境情報学部は先端情報システム、先端領域デザイン、先端生命科学、環境デザイン、人間環境科学の5つに大きく分野が分けられます。例えば、がんの新たな診断法や治療法の開発に貢献したい場合、先端生命科学のがん代謝解析プロジェクトを履修することで、様々ながんの発生や増殖に関わる代謝物質を網羅的に分析できます。
↑TOPへ戻る
大学名慶應義塾大学
国/公/私私立
住所東京都港区三田2-15-45
入試関連
問合せ先
入学センター(三田キャンパス)