東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

目次

学部の選択をして下さい。

法学部
経済学部
文学部
理学部
国際社会科学部

法学部

実践的な学びを通し、高度な問題発見・分析能力と 豊かな人間性を兼ね備えた人材を育成する

法学部定員入学金200,000円学べる学問社会 国際 法 政治
480人年間授業料1,040,300円

【特色】両方の学科の科目を履修することができる。3年間で卒業できるコースも設けられている。
【進路】卒業後は、おもに金融・保険業やサービス業に就職している。公務員になる者も多い。

取得できる免許・資格教員免許(中-社、高-公)、学芸員、司書
主な出身者秋篠宮文仁親王(日本国皇族)、麻生太郎(第92代内閣総理大臣)、黒川光博(虎屋社長)、堤殷(東洋水産会長)、西田征史(映画監督、脚本家)、小倉久寛(俳優、タレント)、仲本工事(タレント)、小島慶子(ラジオパーソナリティー、エッセイスト)、大倉崇裕(推理作家)、難波弘之(SF作家、作曲家)、湯山玲子(著述家、ディレクター)、川内優輝(マラソン選手)、中村逸郎(筑波大学教授)、斎藤洋明(衆議院議員)、太田雅英(NHKアナウンサー)、山木翔遥(テレビ朝日アナウンサー)、小野塚愛美(北陸放送アナウンサー)、泉水はる佳(中国放送アナウンサー)、落合由佳(フリーアナウンサー)※前身の学部学科出身者含む
学科・コース・専修一覧
法学科(250)紛争の原因の客観的な分析と、その解決及び予防について法整備の検討ができる能力を養い、リーガルマインドをもって社会で活躍できる人材を育成する。判例分析や模擬裁判、法曹界で活躍する実務家教員による講義など多様な形式の授業を用意している。国家公務員試験や法科大学院(ロースクール)への進学を念頭においた授業も行っている。
政治学科(230)多様な人間活動を政治という側面から観察することで、現代社会の抱える問題を発見し解決できる人材を育成する。政治学、国際関係論、社会学の3つの専門領域を総合的に学ぶことで、政治に関する問題を分析するための知的基盤を養う。留学が容易なセメスター制の採用や豊富な短期留学プログラムなど、グローバル化にも力を入れている。

経済学部

一貫した近代経済学の学習と少人数制教育により、 国際社会で通用する人材を育成する

経済学部定員入学金200,000円学べる学問経済 商・経営 経営情報
500人年間授業料1,037,800円

【特色】1年次から行われる少人数の演習と独自の英語教育によって、多岐にわたる経済問題を解決する能力を養う。
【進路】卒業後は、金融・保険業を中心に幅広い業種に就職する。

取得できる免許・資格教員免許(中-社、高-公・情)、学芸員、司書
主な出身者飯田亮(セコム創業者)、宮崎駿(映画監督)、浅石道夫(日本音楽著作権協会(JASRAC)理事長)、誉田哲也(小説家)、熊谷敬太郎(小説家)、壁井ユカコ(小説家)、角野卓造(俳優)、槇大輔(声優、ナレーター)、菅原琢磨(法政大学教授)、川上淳之(東洋大学准教授)、板倉朋希(テレビ朝日アナウンサー)、阿部優貴子(フリーアナウンサー)、村田美紀(気象予報士)※前身の学部学科出身者含む
学科・コース・専修一覧
経済学科(250)社会保障や環境問題など多様な社会問題に対して経済学の観点から取り組み、その解決に寄与できる人材を育成する。ミクロ経済学、マクロ経済学、経済政策、統計学、経済史といった経済一般と、財政学、金融論、国際経済学、労働経済学、日本経済論など個別分野を段階的に学習することで、高度な専門知識と分析力、応用力を身につける。
経営学科(250)国際化、情報化の進展著しい現在の経済社会で、実践的な問題解決能力と豊かな発想力を発揮できる人材を育成する。2年次以降からは少人数のゼミが開講され、主体的に発表し、議論する能力を養う。情報や語学に関する教育にも力を入れている他、簿記やITパスポート試験に対応した専門応用科目も開講している。

文学部

思想、歴史、文学、文化事象、言語、心理研究など多彩なテーマと幅広い視野から「人間」を探究する

文学部定員入学金200,000円学べる学問文学 哲学・宗教 地理歴史 文化 言語・語学 教員養成 教育 心理 芸術理論
675人年間授業料1,113,800~1,143,800円

【特色】基礎的な教育を重視し、少人数制ゼミでは考察力やプレゼンテーション能力を培う。
【進路】卒業生は、おもに金融・保険業や情報・通信業、サービス業などの一般企業に就職している。

取得できる免許・資格教員免許(小一種、中-国・社・職・英・フランス語・ドイツ語、高-国・地歴・公・書・職・英・フランス語・ドイツ語)、学芸員、司書、認定心理士
主な出身者皇太子徳仁(日本国皇族)、文仁親王妃紀子(日本国皇族)、三笠宮彬子女王(日本国皇族)、塩野七生(小説家)、戸梶圭太(小説家)、黛りんたろう(演出家)、小林明子(シンガーソングライター)、池田有希子(女優)、津島淳(衆議院議員)、堀内詔子(衆議院議員)、守本奈実(NHKアナウンサー)、海老原優香(フジテレビアナウンサー)、島本真衣(テレビ朝日アナウンサー)
学科・コース・専修一覧
哲学科(95)古代ギリシア・古代中国から現代に至る哲学や芸術の歴史をその原典や実際の作品に立ち返って学び、あらゆる分野で通用する思考方法を身につける。哲学・思想史と美学・美術史の2つの系がある。1年次にはそれぞれの系の基礎演習を通して哲学や芸術を学習する。2年次に専門とする系を選択し、より専門的な知識を身につける。
史学科(85)歴史を多面的に理解、研究できる広い視野と柔軟な思考力を養成する。日本史、東洋史、西洋史の3つの分野の科目に加え、史料の利用や読解に関わる技術などの専門能力を養う様々な科目から興味や関心に応じて自由に履修できる。学年ごとにゼミに所属することが義務づけられ、歴史を実証的に研究する手法と姿勢を段階的に習得することができる。
日本語日本文学科(110)実証的かつ堅実な研究方法にこだわりつつ、国際的な感覚も取り入れて日本語と日本文学を中心軸とした日本文化を学ぶ。2年次以降は古代から現代に至る日本文化及び日本文学を学ぶ日本語日本文学系、国内外の日本語教育とその課題について考える日本語教育系の2つのコースに分かれる。
英語英米文化学科(115)専門科目と連動した継続的な語学教育によって、国際社会で通用する英語の運用能力を身につける。言語、文学、歴史、思想などあらゆる側面から、英語圏の社会や文化を幅広くかつ深く理解する。3年次には現代研究、英語文化、言語・教育の3つのコースから選択し、各コースのゼミにおいて専門的な学習を深めていく。
ドイツ語圏文化学科(50)ドイツ語圏の言語や文化、社会事情に精通し、グローバルな視点と豊かな国際感覚を持った人材を育成する。3年次には言語・情報、文学・文化、現代地域事情の3つのコースから1つを選択し、専門性を高める。長期休暇を利用したドイツ語圏への留学者も多く、奨学金を得て1年以上の長期留学をすることもできる。
フランス語圏文化学科(80)世界の共通語の1つであるフランス語と、それが根づく複数の文化を研究対象として、幅広く、かつ柔軟な視点を身につける。1年次から濃密なフランス語教育を実施することで、確かなフランス語能力を養成する。3年次からは言語・翻訳、文学・思想、舞台・映像、広域文化の4つのコースから1つを選択し、テーマを絞った実践的な研究に取り組む。
心理学科(90)人間の心理や行動の様々な側面について、実験、調査、観察によるデータの収集と分析を通して実証的に研究することで、心理学的な視点と幅広い知識を習得する。広範な心理学の領域を体系的に学習し、3年次からは学習・認知心理学、社会心理学、発達・教育心理学、臨床心理学の4つの系列に分かれたゼミを履修し、専門的な課題に取り組む。
教育学科(50)次世代を担う人材の成長を促進し、多文化共生社会を構築するための幅広い教養と専門的技能を兼ね備えた小学校教員を育成する。教育基幹、教育創造、免許関連の3つの科目群で行われる授業に加え、自然や地域社会と実際に接する体験型学習の実習も行う。少人数教育により、これからの教員に不可欠なコミュニケーション能力も高める。

理学部

現代を支える「根本の学問」をじっくりと学び、 様々な問題を深く考えることで、応用の利く知性を形づくる

理学部定員入学金200,000円学べる学問生物 数学 物理 化学
210人年間授業料1,485,800~1,565,800円

【特色】安全性への配慮の行き届いた実験環境で、国内外から高い評価を受ける最先端の研究に取り組む。
【進路】卒業後は、情報・通信業や製造業など幅広い業種に就く。公務員になる者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(中-数・理、高-数・理)、学芸員、司書
主な出身者常陸宮正仁親王(日本国皇族)、徳川直子(宇宙航空研究開発機構主任研究員)、山田豊和(千葉大学大学院准教授)、畑中孝之(弁理士)、広瀬麻知子(静岡朝日テレビアナウンサー)、神田愛花(フリーアナウンサー)
学科・コース・専修一覧
物理学科(48)原子、分子、素粒子から広大な宇宙までの幅広い領域を研究対象とし、自然界における普遍的な構造や法則を発見することを目的とする。徹底した少人数教育のもとで、1~3年次は実験を通して自主的な学習姿勢を身につける。4年次には研究室に所属し、卒業研究やプレゼンテーションの必修科目である「大輪講」に取り組む。
化学科(54)化学の原理と伝統的な手法を基盤に、新しい発想や発見ができる柔軟な科学的思考力を身につける。基本的な化学の知識や技術を学ぶ専門必修科目と、バリエーション豊かな専門選択科目により、基礎から最先端の応用まで幅広い分野について学ぶことができる。1年次から始まる実験と合わせて、化学の専門家としての見識と素養をはぐくむ。
数学科(60)日々進歩を続ける数学の奥深い魅力を探りながら、基礎からしっかり学ぶことによって論理的な思考力や問題解決能力を養う。1年次から数学基礎セミナーを始めるなど学生が積極的かつ能動的に取り組むことを重視している。コンピュータ関連の科目や設備の拡充も進められ、プログラミングの基礎やアルゴリズムの設計・分析なども学習できる。
生命科学科(48)DNAやRNAなど生体高分子から、細胞や動植物の個体の生命現象まで、分子細胞生物学を取り巻くあらゆる領域の教育及び研究を行う。生化学、生物物理化学、発生生物学などを中心とした授業、生命科学の実験技術を学ぶ実験や演習を通して、生命を分子レベルで理解する。実績ある教授陣の指導のもと医療や創薬の分野に寄与する人材を育成する。

国際社会科学部

社会科学と英語の融合という理念のもと、 国際社会を学び、考える力を養う

国際社会科学部定員入学金200,000円学べる学問言語・語学 社会 国際 経済 商・経営 法 政治
200人年間授業料1,246,800円

【特色】英語で思考し発信する能力に加え、社会科学を広く学び論理性を身につける。海外研修が必修である。
【進路】卒業生は外資系企業や金融・保険業の他、一般企業の海外部門や国際機関などへの就職が期待される。

取得できる免許・資格教員免許(中-社、高-公)、学芸員、司書
学科・コース・専修一覧
国際社会科学科(200)法学、経済学、経営学、地域研究、社会学を横断的に学ぶことで国際社会の仕組みを理解すると共に、問題を発見し解決する能力を養成する。専門科目の授業の一部を英語で行う一方、英語科目の授業で英語の技能を全般的に高めることで、英語による専門科目の授業の理解を助ける。卒業までに4週間以上の留学を経験することも特色の1つである。