東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

目次

学部の選択をして下さい。

文学部
教育学部
法学部
経済学部
理学部
医学部
歯学部
薬学部
工学部
農学部

文学部

国際社会の発展に積極的に貢献する、 知性と行動力を兼ね備えた人材を育成する

文学部定員学べる学問文学 哲学・宗教 地理歴史 文化 言語・語学 社会 心理 芸術理論
210人

【特色】2年次より26ある専修の中から希望するものへ進み、専門教育を受ける。
【進路】約1割が大学院に進学する。公務や情報・通信業、製造業に就職する者が多い。

取得できる免許・資格教員免許(中-国・社・宗・英、高-国・地歴・公・宗・英・フランス語)、学芸員、社会調査士
主な出身者星亮一(小説家)、中村彰彦(小説家)、山折哲雄(宗教学者)、赤坂憲雄(学習院大学教授)、 今野勉(テレビプロデューサー、演出家)、佐藤拓雄(仙台放送アナウンサー)
学科・コース・専修一覧
人文社会学科定員学べる学問文学 哲学・宗教 地理歴史 文化 言語・語学 社会 心理 芸術理論
210人

現代日本学専修学際化と国際化をメインテーマに、従来の日本研究で見落とされてきた「日本」の実像を新たな視点から再構築する。ジェンダーや社会史、メディア論、グローバルヒストリーなど多様な観点から日本研究を行う教授陣と共に、新しい学問の創出に取り組む。
日本思想史専修1923年(大正12年)に創設された歴史ある専修である。古代から現代まで、日本列島上で展開された様々な思想的・文化的営みを明らかにし、人間とは何か、「日本人」とは何かといった問題を探る。授業の他にも定例研究会や史料講読会などが開催される。
日本語学専修言語学の最新の理論を用い、過去から現在までの日本語とその変遷を研究する。膨大な資料を有効に利用すると共に言語感覚を研ぎ澄まし、日本語の研究に取り組む。方言研究ではフィールドワークを行い、音声研究ではコンピュータによる解析や音声実験も行う。
日本語教育学専修多様化や国際化が進む現代社会で活躍する日本語教師を育成する。外国人学習者に日本語を効果的に教える方法を研究する他、異なる文化的背景を持つ者どうしのスムーズな相互理解の方法を追究する。日本語教育学実習では日本語コースを学生自身が計画し教える。
日本文学専修文芸を芸術の一種ととらえ、日本の文芸が持つ様式や特質などを明らかにすると共に、世界文芸との関連からも比較し研究する。上代から近現代まで文芸に関する幅広い分野の授業を展開。文学表現を丁寧に読み解き、新たな発想で文化と社会を深く理解する。
日本史専修日本の国家と社会、及び人々の様々な活動と、そこから生み出された文化について研究する。他の国や地域、民族との関わりなどもテーマとする。文書や記録をおもな史料とし、読解と分析を通じて歴史像を組み立てて長い時間軸の中で物事を考える能力を養う。
考古学専修過去に生きた人々の遺跡を発掘調査し、当時の生活を復元することから歴史の流れを考察する。遺跡や住居跡などの遺構や土器や石器などといった物質的資料に直接触れながら考古学の基礎を身につける。最新の観察機器を使用し様々な調査を行い、研究方法を学ぶ。
文化人類学専修世界のあらゆる文化集団を研究対象とする。文化人類学の中心的な技法となるフィールドワークを実習の中心にすえている。異文化体験を求めて積極的に留学する学生も多い。例年、学内外から他の領域を専門とする文化人類学者を招き、多彩な授業を展開している。
宗教学専修歴史や社会、文化の一部としての宗教ではなく、宗教そのものを研究の中心にすえる。個別な宗教現象を手がかりに宗教の機能を考え、その成り立ちや意義について価値中立的立場から考察する。2年間のフィールドワークを必須とするなど実習に力を入れている。
インド学仏教史専修インドから起きた仏教の厳密な原典研究を行う。授業は「インド学」と「インド仏教史」から構成。文法書や研究書を参照し、ヴェーダ、ウパニシャッドなど太古の宗教文献からチベット、中央アジア、スリランカなどの仏教諸文献を中心に哲学や文化の研究を行う。
中国文学専修幅広い時間と空間に及ぶ中国の言語と文学を扱う。「正確な読解」を目指し1年次から現代中国語の学習や漢文の読解力を養う。大学が所蔵する豊富な漢籍に触れながら学ぶことができる。語学力の向上を図るべく、中国語圏に留学する機会も設けられている。
中国思想専修中国で営まれた文化や思想を、精神史、思想史、哲学史、宗教史などの観点から考察し、現代におけるその歴史的意義を明らかにする。古代からの主要な思想だけでなく、現代に至るまでの諸思想などを対象に、学生の問題意識や興味、関心に応じて研究に取り組む。
東洋史専修漢字を使用する中国文明圏と、その影響を受けた周辺地域を対象に研究を行う。概論、各論、演習というカリキュラムのもと、特に講読と演習では中国の古典である漢文の読解力を鍛え、史料の用い方を習得する。卒業論文を重視しているのも特色の1つである。
英文学専修イギリスの文学を中心に、英語で書かれた文学全般を学ぶ。小説、詩、演劇の作品が生まれる背景となる文化や哲学、歴史などの知識や方法論などを柔軟に取り入れながら、深く豊かな研究に取り組む。古英語文学やアフリカの文学まで学生の興味に応じて学べる。
英語学専修現代言語学の観点から、英語の持つ様々な側面を研究する。卒業論文を英語で作成することを前提に、「英語学講読・演習、高等英文解釈法」では読解力を鍛錬し、「英語論文作成法」ではレポート・論文の実践的な書き方を学ぶなど、高度な英語力を獲得する。
ドイツ文学専修ドイツ語圏に由来する文化全般について多岐にわたる研究を展開。文学及び思想、ドイツ語圏の文化、ドイツ語、物語という4つの軸から、幅広いテーマを研究対象とする。映画、マンガなど多様なジャンルの作品を収蔵し、自由に閲読できる環境を整えている。
フランス文学専修フランス文学のみならず、言語、思想、芸術、歴史、社会、政治などの伝統的なテーマから、映画、広告、料理、マンガなどの文化も扱う。カナダのケベック州やニュー・カレドニアなども含め、学生の関心によりフランス語に関するすべての分野が研究対象である。
哲学専修概論や基礎講読、各論、演習などを通じて哲学に触れながら、自由に研究テーマを選び学ぶ。おもに外国語の原典を用いて講読や演習に取り組むため、1・2年次には英語、ドイツ語、フランス語より2つの言語を学ぶ他、ギリシア語やラテン語の学習も行う。
倫理学専修おもに西欧の思想を通じて人間存在の全体的構造を問い、人間としての善い生き方について原理的に考える。また、文学、宗教、芸術、科学、さらには社会制度や歴史的事件の中から倫理思想に関わる問題を見出し研究する。文献講読のための外国語の読解力を養う。
東洋・日本美術史専修おもに中国、朝鮮、日本の美術を対象に、その歴史的展開を研究する。仏教美術史、中国美術史、日本近世絵画史などを論じる各論、討論による作品研究や演習、美術作品の調査法や写真撮影の技術を習得する実習などに取り組む。国内外での作品観察も行う。
美学・西洋美術史専修古代ギリシア・ローマ美術、ルネサンス・バロック期の美術を中心に、近現代の美術を含め、様々な角度から美術作品を見る眼を養う。実習では展覧会の見学や美術館訪問を行う。思想、文学、宗教などに加え、英語、ドイツ語、フランス語を学ぶ機会もある。
心理学専修意識や行動、生理反応などから、心の働きや仕組みを解き明かす。参考資料となる国内外の文献を読み解く語学力を鍛え、実験・調査のための統計・推計学や計量分析、コンピューターに関する知識を習得する。実証的なデータにもとづき卒業論文を作成する。
言語学専修言語の内部構造(音韻、文法、語彙)、話し手と聞き手、状況との関係における言語の運用などについて研究する。認知脳科学など隣接する諸科学の知見も活かし、各言語の特性などを解き明かす。音声言語と文字言語に関する観察、記述、分析の方法を身につける。
社会学専修社会的存在としての人間の行為と関係に着目し、社会の構造と変動を理論的かつ実証的に解き明かす。外国語文献の精読などを通じた理論的なトレーニングやフィールド調査にもとづく社会現象の質的分析に力を入れる。研究テーマは興味に応じ自由に設定できる。
行動科学専修社会現象のミクロ・マクロ分析と、それに対する数理・計量的アプローチの2つを軸に、様々な人間行動と社会現象の解明に取り組む。数理モデルやコンピュータ・シミュレーションによる分析、社会調査や実験などによって得られたデータの統計分析を行う。

教育学部

「教育」という現象を広くとらえ、人間の一生涯を研究の対象とする

教育学部定員学べる学問教育 心理
70人

【特色】2年次後期からコースに分かれ3年次は研究指導を通して学ぶ。
【進路】2割弱が大学院へ進学。公務員の他に情報・通信業などに就職する者も多い。

取得できる免許・資格教員免許(中-社、高-公)、学芸員、社会教育主事
主な出身者國分充(東京学芸大学長)、丸茂周(脚本家)、千田琢哉(著述家、コンサルタント)、福田昭夫(衆議院議員)、岡本あき子(衆議院議員)
学科・コース・専修一覧
教育科学科定員学べる学問教育 心理
70人

教育学コース教育の歴史や思想、組織や制度、社会制度と教育の関係など、教育に関する多様な問題について自らテーマを設定して学ぶ。授業では文献講読やフィールドワーク、社会調査などを行い、統計リテラシーを身につけると共に、それらの成果を卒業研究として発表する。
教育心理学コース人間行動や心理状態などの観点から、心理学的な概念や理論を学んでいく。文献講読、行動観察、実験などを行う他、ICT(情報通信技術)リテラシーも身につけ、教育や発達上の諸問題を理解する。公認心理師を目指す学生向けのカリキュラムも用意されている。

法学部

鋭い正義感覚と幅広い視野から諸問題を分析し、 より良い社会の実現に貢献する人材を育成する

法学部定員学べる学問法 政治
160人

【特色】法学的、政治学的な思考力と知識を身につけた「法政ジェネラリスト」を養成。
【進路】2割弱が大学院へ進学。就職先は官公庁や金融・保険業、情報・通信業など。

主な出身者安斎隆(東洋大学理事長)、海輪誠(東北電力会長)、大田勝幸(JXTGホールディングス社長)、原田一之(京浜急行電鉄社長)、加藤好文(京阪電気鉄道会長)、粟野学(じもとホールディングス社長)、清野智(日本政府観光局理事長)、樋口陽一(憲法学者)、伊坂幸太郎(小説家)、白井智之(推理作家)、池上政幸(最高裁判所判事)、枝野幸男(衆議院議員)、佐々木紀(衆議院議員)、森雅子(参議院議員)、宮下宗一郎(青森県むつ市長)
学科・コース・専修一覧
法学科(160)基礎講義、基幹講義、展開講義に授業を分類し、演習によって各講義に対するフォローアップを行う。ほぼ完全な自由選択制のカリキュラムによって、多くの科目の中から授業を選択し、自らの興味や関心に合わせて法学と政治学を主体的に学ぶことができる。

経済学部

国際的視野と専門的能力、応用力を兼ね備え社会をリードする人材を育成

経済学部定員学べる学問経済 商・経営
260人

【特色】文理融合教育を視野に理系入試を導入。学部・大学院一貫教育プログラムも設置。
【進路】卒業生の約9割が就職している。製造業、金融・保険業や官公庁など。

主な出身者本間洋(NTTデータ社長)、三浦衛(春風社社長)、齋藤一朗(小樽商科大学大学院教授)、塚本純(宇都宮大学教授)、畔上秀人(東洋学園大学教授)、田中宇(ジャーナリスト)、石上亮(俳優)、室井照平(福島県会津若松市長)
学科・コース・専修一覧
経済学科経済社会の仕組みや動向を理論、政策、歴史など様々な観点から考察し、現代社会を解剖する知識と技術を身につける。統計データの分析手法を学び、近い将来の経済動向を予測する能力を養う他、現代的テーマである環境や福祉にも幅広く目を向ける。
経営学科企業を中心とする多様な経営体の仕組みとマネジメントについての知見や技術を身につける。多元化、グローバル化した現代の企業と社会の複雑な関わり方、企業戦略のあり方などに加え、地域社会に固有の諸問題などを理論的、歴史的、実践的な視点から研究する。

理学部

先端的研究と人間性豊かな教育を両軸に、 自然科学における知の創造を目指す

理学部定員学べる学問生物 地球環境 数学 物理 化学 航空宇宙
324人

【特色】基礎教育を受けて2年次後期から各学科へ、4年次からは研究室に配属される。
【進路】約8割が大学院に進学し研究を続ける。情報・通信業や教育・学習支援業へ就職。

取得できる免許・資格教員免許(中-数・理・社、高-数・理・地歴)、学芸員、測量士(補)
主な出身者玉手英利(山形大学長)、中村健一(県立広島大学長)、野家啓一(東北大学名誉教授)、花輪公雄(東北大学大学院教授)、前田理(北海道大学大学院教授)、大山研司(茨城大学大学院教授)、水落憲和(京都大学化学研究所教授)、寺谷亮司(愛媛大学教授)、竹村俊彦(九州大学応用力学研究所教授)、今井裕(鹿児島大学大学院准教授)、円城塔(小説家)、黒川顕(国立遺伝学研究所教授)、白木澤桂子(科学技術振興機構理事)、浅井宣通(メディアアーティスト)
学科・コース・専修一覧
数学科(45)高校数学から支障なく進められる演習形式を取り入れながら、3年次までに現代数学全般を理解するための基礎的な知識を習得する。4年次では少人数で外国語の専門書をテキストとして学ぶセミナーを設けている。全国屈指の価値と規模の数学関連図書を備えている。
物理学科(78)現代物理学の主要分野を網羅する研究室と第一線で活躍する160名の教員を擁する国内最大級の物理学の教育研究組織である。充実した研究設備を利用し、最先端の研究を体験できる。高度な研究へ展開するための基礎を固め、産業界で役立つ科学的素養を養う。
宇宙地球物理学科(41)2つのコースを設置。天文学コースには理論天文学と観測天文学の分野があり、天文学や宇宙物理学を総合的に研究する。国立天文台などの共同利用施設で観測を行う。地球物理学コースでは固体地球系、流体地球系、太陽惑星空間系の3つの分野で研究を進める。
化学科(70)無機・分析化学、有機化学、物理化学、境界領域化学、先端理化学の5つの基幹講座に組織される17の研究室から構成。生物化学、超分子化学、レーザー分光学など研究内容は多岐にわたる。国内屈指の教員数を誇り、マンツーマンに近い教育を提供している。
地圏環境科学科(30)水圏、気圏、生物圏、岩石圏の4つの圏の交差する部分である地圏を研究し地球と人類の未来を模索する。室内、野外での実習も数多く行われる。特に、地球環境の分野では深海掘削船「ちきゅう」を用いた統合国際深海掘削計画の推進を研究テーマに扱っている。
地球惑星物質科学科(20)地球や宇宙環境における物質の分布、構造、物性などの研究を通して、地球中心部から他の惑星空間に至るまでの総合的な理解を図り、地球と惑星の進化の本質に迫っていく。宇宙ステーションを利用した研究や、宇宙空間を模した微小重力での実験も行われている。
生物学科(40)17の研究室で構成され、分子、細胞、個体、集団、さらには系統や進化、生態系に至るまで、生物学全体をカバーする幅広い分野の研究を行う。大学院への進学を視野に入れた教育プログラムが組まれ、最先端の研究にもとづいた講義を早くから受けることができる。

医学部

医学部定員学べる学問
116人

学科・コース・専修一覧
医学科定員学べる学問
116人

【特色】在学中に医学博士を取得できるコースがある他、3年次には海外留学も可能。
【進路】卒業生の大半が、医師国家試験に合格し、臨床研修医となる。

取得できる免許・資格医師
主な出身者虫明元(東北大学大学院教授)、川島隆太(東北大学大学院教授)、中里信和(東北大学大学院教授)、辻一郎(東北大学大学院教授)、菅原明(東北大学大学院教授)、大和田祐二(東北大学大学院教授)、押谷仁(東北大学大学院教授)、齋藤春夫(東北大学大学院教授)、谷内一彦(東北大学脳科学センター教授)、里見進(日本学術振興会理事長)、園田順彦(山形大学教授)、押田茂實(日本大学名誉教授)、津川友介(医療政策学者、医師)
医学科(116)6年制。「研究第一」「実学尊重」を理念とする。東日本大震災の被災地にある関連病院で地域医療の重要性や被災地医療の復興について学ぶ他、6年次には海外の病院で実習を行うこともできる。1年次には選択制でAI(人工知能)に関する授業も開講している。
保健学科定員学べる学問看護 保健・介護
144人

【特色】4年制。1~3年次は全学教育科目、専門基礎科目、専攻専門科目を学ぶ
【進路】医療機関に看護師などで就職。検査技術科学専攻では約半数が大学院へ進学。

取得できる免許・資格看護師、助産師、臨床検査技師、診療放射線技師
主な出身者吉沢豊子(東北大学大学院教授)※前身の学校出身者
看護学専攻(70)基礎看護学、臨床看護学、地域保健看護学の3つの講座からなり、深い人間理解と高度な見識が必要な看護学を学ぶ。研究や実践を通じて科学としての看護学と看護実践を探求すると共に、病院や学校など様々な場所で人間の尊厳ある生活を支える人材を育成する。
放射線技術科学専攻(37)2年次に理学、工学、医学の基礎を学び、3年次にはこれらの知識をもとに専門分野の学びを深める。臨地実習は東北大学病院の他、近隣の病院でも実施され最先端の診療技術を学ぶと共に、診療放射線技師の社会的役割を認識する。4年次には卒業研究に取り組む。
検査技術科学専攻(37)2年次より大半の科目が専門科目となり、検査の確かな技術を身につけるため多くの実習が行われる。3年次後期より臨地実習が始まり、病院における臨床検査技師の役割を学ぶ。4年次には卒業研究と共に国家試験対策が行われるが、大学院への進学者も多い。

歯学部

歯学の教育・研究と先端歯科医療を牽引する人材を育成

歯学部定員学べる学問
53人

【特色】6年制。「インターフェイス口腔健康科学」を基本理念に教育・研究を行う。
【進路】9割超が臨床研修医となり、うち約7割が東北・北海道地区で臨床研修を受ける。

取得できる免許・資格歯科医師
主な出身者髙橋信博(東北大学大学院教授)、天野修(明海大学教授)
学科・コース・専修一覧
歯学科(53)エコロジー歯学、地域共生社会歯学、病態マネジメント歯学、リハビリテーション歯学の4つの講座のもとに25の分野を設置。国立大学としては珍しい「歯科実習用人型ロボットSIMROID」を導入している他、附属の教育研究施設を活用し専門教育を実施している。

薬学部

物質と生命の科学を探究し 新薬開発や未来医療の分野に貢献する

薬学部定員学べる学問化学 薬
80人

【特色】進路によって4年制の創薬科学科と6年制の薬学科に分かれる。
【進路】創薬科学科:約9割が大学院へ進学。薬学科:製造業や医療・福祉業に就職。

取得できる免許・資格教員免許(中-理、高-理)、薬剤師
主な出身者瀬名秀明(SF作家)
学科・コース・専修一覧
創薬科学科(60)4年制。薬学全般に関する知識と共に、薬学を学ぶ者としての教養や知性を習得する。実習や卒業研究を通して実験方法、分析方法、解析方法などを学び、創薬科学の研究者や技術者としての基盤を築いていく。ほとんどの学生が博士課程前期2年の課程に進学する。
薬学科(20)6年制。薬学の基礎知識に加え教養と倫理観を備えた人材を育成する。研究室、病院、調剤薬局などにおける実習を通じて薬剤師としての知識と技術を修得する。卒業後は薬剤師として医療現場で活躍する者と、大学院に進学し、博士号の取得を目指す者がいる。

工学部

実学志向の工学研究を通じ国際的に活躍できる創造性豊かなリーダーを育成

工学部定員学べる学問生物 地球環境 生物資源 物理 化学 機械 土木・建築 環境工 電気電子 航空宇宙 エネルギー 情報科学 デザイン
810人

【特色】女性研究者の育成・支援を行っている他、独自の英語講習や留学制度などを整備。
【進路】8割強が大学院へ進学。就職は情報・通信業、製造業や建設業など。

取得できる免許・資格教員免許(中-数・理、高-数・理・情・工業)、危険物取扱者、電気主任技術者、建築士(一・二級、木造)、技術士(補)
主な出身者田中耕一(ノーベル化学賞受賞者)、松前達郎(東海大学総長)、小飼雅道(マツダ会長)、樋口康二郎(東北電力社長)、小川恭範(セイコーエプソン社長)、山村明義(東京メトロ社長)、藤森照信(建築家)、風間基樹(東北大学大学院教授)、森治嗣(北海道大学客員教授)、三田彰(慶應義塾大学教授)、能上慎也(東京理科大学教授)、小田和正(シンガーソングライター)、佐竹敬久(秋田県知事)、森英介(衆議院議員)、井上義久(衆議院議員)、大串正樹(衆議院議員)
学科・コース・専修一覧
機械知能・航空工学科(234)専門教育を受ける7つのコースには3年次より所属する。英語で指導を受ける国際機械工学コースもある。「時代を先導し、基盤を支える個性豊かなプロフェッショナルであれ」という理念のもと、文明社会の永続的な発展を担う研究者と技術者を育成する。
電気情報物理工学科(243)2年次後期に6つのコースに分属。「八木・宇田アンテナ」「垂直磁気記録(ハードディスク)」など多くの発明で電気通信研究をリードしてきた学科である。マンツーマンの教育体制を整備し、エネルギー、電子機器、通信、医療機器など学びの分野は幅広い。
化学・バイオ工学科(113)3つのコースを設置。3年次まではそれぞれのコースの内容を融合した「一体教育」を行う。原子や分子にもとづいて物質変換や生体の情報を理解したうえで理想の機能を持つ新素材を設計し、製造することを目指す。様々な研究施設に所属する教員が在籍している。
材料科学総合学科(113)4つのコースを設置。工学の基礎知識に加え、物を作るための基本的な知識と考え方を身につけ、次代の材料産業を支える技術者や時代の変遷に応じ新材料を開発できる研究者を育成。国内有数の材料研究施設群を誇り、在籍研究者や学生も国内屈指の規模である。
建築・社会環境工学科(107)5つのコースを設置。豊かで文化的な生活空間を実現する建築や社会環境を探求する。文化的な価値の高い空間や施設を建設するための計画、設計、施工、維持の方法を芸術的観点や物理学、統計学にもとづいて学ぶ。気候変動や防災といった視点からも学習する。

農学部

自然との共生や生命倫理に配慮しつつ、 新しい生物産業科学を創造する

農学部定員学べる学問経済 生物 生物資源 農・林業 水産 化学
150人

【特色】2年次にコースを選択する。4年次には研究室に所属し、卒業研修に取り組む。
【進路】約8割が大学院へ進学。就職者は情報・通信業や製造業、公務などの分野で活躍。

取得できる免許・資格教員免許(中-理、高-理・農・水)、食品衛生管理者、食品衛生監視員
主な出身者太田寛行(茨城大学長)、徳山孝(勇心酒造代表取締役)、遠藤章(バイオファーム研究所長)
学科・コース・専修一覧
生物生産科学科(90)植物生命科学、資源環境経済学、応用動物科学、海洋生物科学の4つのコースに分かれ、幅広い領域の研究と教育が行われる。生物制御機能学、フィールド社会技術学、動物環境システム学、海洋生命遺伝情報システム学など様々な分野をカバーする研究室を設置。
応用生物化学科(60)生物化学、生命化学の2つのコースを設置。生物化学コースでは微生物や植物、動物などの生命現象を分子レベルで解明する研究を行う。生命化学コースでは生命や、生命活動維持のための食料の分子構造及びその働き、合成に関して幅広い視点から研究を行う。