ページを更新する ページを更新する

東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

進路・就職状況

進路状況

《全学部》卒業者204名 進学9名(4.4%)、就職185名(90.7%)、その他10名(4.9%)

※卒業後の進路は、2019年度卒業者データ

就職状況

[卒業後について]
医学部医学科では「先進研修連携枠(ATOP-M)」と「特別枠」で入学した学生について札幌医科大学独自の教育を行っている。「先進研修連携枠(ATOP-M)」の学生は卒業後2年間の初期臨床研修の後、3年目からは札幌医科大学附属病院の各診療科などに所属し、7年間をかけて札幌医科大学附属病院において専門医の資格を取得するプログラムを履修する。「特別枠」の学生は卒業後2年間の初期臨床研修を終えた後の7年間のうち5年間を北海道知事が指定する道内の公的医療機関で研修・勤務する。臨床医としての経験を積みながら地域医療に貢献していく。保健医療学部では、看護師、保健師、理学療法士、作業療法士それぞれの国家試験合格率は例年全国平均を大きく上回る。特に看護師国家試験については17年連続で100.0%の合格率を記録している。助産師を目指す者は助産学専攻科に進む。