東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

目次

学部の選択をして下さい。

神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
理工学部
国際教養学部

神学部

キリスト教への深い理解を身につける、 国内で唯一の「カトリック神学部」

神学部定員学べる学問哲学・宗教 文化 言語・語学 芸術理論
40人

【特色】キリスト教文書の理解に必要な聖書ギリシア語などの古典外国語を学習可能。
【進路】約2割が大学院へ進学。就職は教育・学習支援業や情報・通信業などの一般企業。

取得できる免許・資格教員免許(中-社・宗、高-公・宗)、学芸員
主な出身者具正謨(上智大学教授)、阿部仲麻呂(神学者)
学科・コース・専修一覧
神学科(40)キリスト教の視点から現代における人間や社会のあり方を追究する。1・2年次は聖書の学びを中心にキリスト教の歴史、キリスト教と哲学の関係などを学ぶ。3年次からは神学、キリスト教倫理、キリスト教文化の3つの系列から所属を選択し専門性を深める。

文学部

言葉との格闘を積み重ねることで、 人文教養の力を養い、世界を読み解く

文学部定員学べる学問文学 哲学・宗教 地理歴史 文化 言語・語学 メディア 芸術理論
510人

【特色】1年次から学科ごとの専門教育が始まる。4年次には卒業論文が必修である。
【進路】情報・通信業やサービス業、製造業などに就職。大学院に進学する者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(中-国・社・英・フランス語・ドイツ語、高-国・地歴・公・英・フランス語・ ドイツ語)、学芸員
主な出身者佐久間勤(上智大学理事長)、巽孝之(慶應義塾大学教授)、土橋茂樹(中央大学教授)、大西健丞(ピースウィンズ・ジャパン代表理事)、藤田佳久(日東富士製粉社長)、蟹瀬令子(レナ・ジャポン・インスティチュート代表取締役)、須賀しのぶ(小説家)、宮下奈都(小説家)、吉野万理子(小説家)、彩瀬まる(小説家)、今野敏(小説家)、諸田玲子(小説家)、久美沙織(小説家)、川村元気(映画プロデューサー、小説家)、大橋崇行(小説家、東海学園大学准教授)、売野雅勇(作詞家)、山田五郎(編集者、コメンテーター)、安藤和津(エッセイスト)、齊藤飛鳥(児童文学作家)、三宮麻由子(エッセイスト)、穂村弘(歌人)、山戸結希(映画監督)、入船亭扇治(落語家)、阿部仲麻呂(神学者)、今井雅人(衆議院議員)、小宮安里(東京都議会議員)、杉浦友紀(NHKアナウンサー)、平川健太郎(日本テレビアナウンサー)、上村彩子(TBSアナウンサー)、田村真子(TBSアナウンサー)、西山喜久恵(フジテレビアナウンサー)、内田嶺衣奈(フジテレビアナウンサー)、上野愛奈(フリーアナウンサー)、川島葵(フリーアナウンサー)
学科・コース・専修一覧
哲学科(60)カリキュラムは哲学思想、倫理学、芸術文化の3つの系列で構成され、古今東西の思想や文化を学ぶ。第二外国語はドイツ語、ラテン語、フランス語の中から選択する。文献講読など集中的指導を通して、自らの力で思索、表現し、他者と共に考える能力をはぐくむ。
史学科(70)真実を見極める力と問題解決能力を養い、豊かな知を備えた人材を育成する。2年次には分野・時代別プレゼミを実施。専門分野はアジア・日本史系とヨーロッパ・アメリカ史系の2つの分野に大別され、さらに時代ごとに古代、中世、近世、近現代に細分化される。
国文学科(60)4年間にわたり国文学、国語学、漢文学の3つの分野を有機的に関連づけたカリキュラムが組まれている。自らテーマを見つけ、資料の検討や分析、論理の追究を行う。演習・特講科目を履修し、原典と向き合い深く学びながら、4年次の卒業論文に取り組む。
英文学科(100)1年次の“Morning English”をはじめ4年間必修の英語科目が設置されている。個性を尊重した
指導で思考力や表現力を養い、専門知識と技能を4年次の“Research Project”に結びつける。
高学年次にも学習時間が減少しないようスキルの積み上げに力を入れている。
ドイツ文学科(50)ドイツ語とドイツ語圏の文化の学習を通じて、鋭い洞察力とすぐれた文化発信力を兼ね備えた
人材を育成する。文学作品の講読の他、文学、芸術、言語などを多面的に学ぶ。2年次秋学期
にはデュッセルドルフ大学(ドイツ)で学ぶ在外履修制度が用意されている。
フランス文学科(50)フランスの語学や文化を理解し、フランス的精神の本質である複眼的な思考や異質なもの
に対する寛容さ、批判を尊重する精神を体得する。3年次以降に学ぶ専門分野はフランス
文学研究、フランス語学研究、フランス文化研究の3つの系列から構成されている。
新聞学科(120)2021年度、英語で学位が取得できるプログラムを導入。ジャーナリズム、メディア・コミュ
ニケーション、情報社会・情報文化の3つのコースを設置。新聞や放送の他、インターネット
などメディア・コミュニケーション全般を扱い、その社会的役割を考える。

総合人間科学部

現代社会について深く理解し、 人間の尊厳を守る社会を実現する

総合人間科学部定員学べる学問社会 政治 教育 心理 社会福祉 看護 保健・介護
305人

【特色】科学の知、政策・運営の知、臨床の知の3つを柱として人間支援の専門家を育成。
【進路】約1割が大学院へ進学。就職先は情報・通信業、製造業、金融・保険業など。

取得できる免許・資格教員免許(中-社、高-地歴・公・福、養護一種)、学芸員、社会調査士、社会福祉士、 看護師、保健師
主な出身者久田満(上智大学教授)、金田一秀穂(杏林大学教授)、横田雅弘(明治大学教授)、深谷 美枝(明治学院大学教授)、富田隆(心理学者)、安田菜津紀(フォトジャーナリスト)、 市野龍一(映画監督)、神保慶政(映画監督)、石原ゆり奈(国際学校建設支援協会代表)、 あべようこ(教育コンサルタント)、山内玲子(東京都議会議員)、松村正代(NHKアナ ウンサー)、政井マヤ(フリーアナウンサー)、知花くらら(モデル)、藤岡みなみ(歌手、 タレント)、清水くるみ(女優)※前身の学部学科出身者含む
学科・コース・専修一覧
教育学科(60)2020年度、英語のみで学位を取得できるプログラムを導入。教育学を基礎、実践、国際の3つ
の領域に分け、現代の教育をめぐる実践的、国際的な課題にアプローチする。3年次よりゼミ
に所属し専門を深め、4年次には調査・研究を行って卒業論文を作成する。
心理学科(55)実験心理学と臨床心理学の両領域を学び、他者の心理を冷静かつ温和にとらえるための幅広い視野を身につける。心理学基礎論を通して心理学の歴史や背景を学んだのちに、心理学研究法でデータの収集と分析の方法論を、心理学演習で心理学と社会の関係を学ぶ。
社会学科(60)2020年度、英語のみで学位を取得できるプログラムを導入。1・2年次に英語による基礎文献
講読を行い外国と日本を比較する視点を身につけると共に、データ収集や調査法について学び
社会現象を分析する。3年次には演習があり、4年次には卒業論文を作成する。
社会福祉学科(60)人間らしい生活を営む福祉社会のデザインを通じて、社会に貢献できる人材を育成する。司法福祉論、福祉医療マネジメント論、保健医療サービス論、雇用政策論など独自の専門的科目を用意している。福祉理論と現場実習が同時進行するカリキュラムである。
看護学科(70)1年次には看護学の基礎的な科目を学び、2・3年次は目白聖母キャンパスで講義や実習を通じて専門性を深める。4年次には保健師、養護教諭、国際看護学などのコースを選択できる。4年次には四谷キャンパスでの総合的な教養教育も実施されている。

法学部

社会が求める「法的素養」を身につけ 多様な課題を解決に導く

法学部定員学べる学問国際 法 政治 地球環境
330人

【特色】英語による特修コースや、法曹を目指す学生のためのコースが設置されている。
【進路】就職先は製造業、金融・保険業や情報・通信業が多い。

取得できる免許・資格学芸員
主な出身者細川護煕(第79代内閣総理大臣)、水口貴文(スターバックス コーヒージャパン CEO)、三田邦博(三田証券代表取締役)、塩田周三(ポリゴン・ピクチュアズ代表取締役)、 柴田潤子(香川大学教授)、服部孝章(立教大学名誉教授)、河野勝(早稲田大学教授)、 望月伸一郎(栄光学園中学校・高等学校長)、玄葉光一郎(衆議院議員)、近藤昭一(衆議院議員)、安達澄(参議院議員)、田中毅(日本テレビアナウンサー)、八塩圭子(フリーアナウンサー)、大橋未歩(フリーアナウンサー)、新妻聖子(女優)、三浦洋次朗(競艇選手)
学科・コース・専修一覧
法律学科(160)単なる法律知識の習得のみならず、現代社会の様々な問題を法的思考にもとづき解決する能力を養い、その背景を検討して法理論に対する考察を深める。1年次では憲法、民法など法律学の基礎を学習する。3年次以降は関心に応じて様々な選択科目から履修する。
国際関係法学科(100)グローバリゼーションの進展著しい現代世界における法律的、政治的問題を扱う。憲法や民法など法学の基礎を習得し、国際関係の具体的問題に対処するために必要な国際法や国際私法を中心に学習を深める。教養科目や外国語の学習カリキュラムも充実している。
地球環境法学科(70)環境問題を法律という枠組みから解決することで、持続可能な社会を構築できる人材を育成する。法学の基礎を固め、環境に関する国内外の法体系を学ぶ。国際法などグローバルな視点からの考察や、政治学、社会学、倫理学などの多面的アプローチも学習していく。

経済学部

経済と経営の理論と現実を学び、 グローバル経済の先を読む多角的な視点を養う

経済学部定員学べる学問経済 商・経営 経営情報 法
330人

【特色】企業インターンシップや指定の科目を英語で学ぶ英語特修プログラムも設置。
【進路】金融・保険業、情報・通信業、製造業などの一般企業へ就職する者が多い。

取得できる免許・資格教員免許(高-公・商業)、学芸員
主な出身者辻口勝也(通販総研社長)、納家政嗣(上智大学名誉教授)、芹沢俊介(評論家)、塩塚博(作曲家、編曲家)、藤澤恵麻(女優)、柳家三之助(落語家)、西銘恒三郎(衆議院議員)、新美有加(フジテレビアナウンサー)、森山るり(フリーアナウンサー)
学科・コース・専修一覧
経済学科(165)2020年度、英語のみで学位を取得できるプログラムを導入。社会現象を経済学の観点から分析、評価する能力を備えた国際経済人を育成する。経済学を効率的かつ体系的に学ぶと共に、経済学を応用し現実社会で起きる多様な現象の背後にある本質の理解を目指す。
経営学科(165)2年次からの専門科目は、経営学、マーケティング、会計学の3つの系で構成される。社会と企
業経営の関係をあらゆるレベルにおいて理解し、合理的な意思決定を行うことができる人材を
育成する。2022年度をめどに英語のみで学位を取得できるプログラムを導入。

外国語学部

「ことば」を中心に学問を開拓し、 地域研究を通じ立体的な視野を養う

外国語学部定員学べる学問文学 地理歴史 文化 言語・語学
500人

【特色】9つの研究コースから1つを第二主専攻として選択し、専門研究に取り組む。
【進路】多くは、情報・通信業、製造業やサービス業などに就職している。

取得できる免許・資格教員免許(中-英・フランス語・ドイツ語、高-英・フランス語・ドイツ語・他)、学芸員
主な出身者鈴木貴子(エステー社長兼COO)、榊田隆之(京都信用金庫理事長)、石澤良昭(上智大学大学院教授)、石積勝(神奈川大学教授)、村上由美子(経済協力開発機構(OECD)東京センター所長)、鳥飼玖美子(通訳者)、長野智子(フリーキャスター、ハフポスト日本版編集主幹)、道傳愛子(NHK解説委員・チーフプロデューサー)、大野更紗(作家)、水谷竹秀(ノンフィクション作家)、安河内眞美(古美術鑑定士)、平井卓也(衆議院議員)、猪口邦子(参議院議員、上智大学名誉教授)、LiLy(ライター)、石井一孝(ミュージシャン)、原サチコ(女優)、上坂すみれ(声優)、塚原愛(NHKアナウンサー)、片山千恵子(NHKアナウンサー)、出水麻衣(TBSアナウンサー)、古谷有美(TBSアナウンサー)、島田彩夏(フジテレビアナウンサー)、森川夕貴(テレビ朝日アナウンサー)
学科・コース・専修一覧
英語学科(180)実践的な英語力と英語圏の文化や歴史についての教養を身につけ、世界のあらゆる場所で活躍できる人材を育成する。必修科目のEnglish Skillsでは世界のニュースや日本の歴史、時事問題などのトピックからディベートを行い、英語の4技能を高める。
ドイツ語学科(60)ドイツ語とドイツ語圏の文化の両方を学ぶカリキュラムを展開する。在外履修という制度により、多くの学生がドイツ語圏で半年間留学できるなどドイツ語の習得や文化を理解することにつながる機会も数多く設けられている。ドイツ人の留学生も数多く在籍する。
フランス語学科(70)世界に広がるフランス語圏の言語と文化を総合的に学習し、社会の多元的文化構造を理解する。1年次からの継続的な講義によりフランス語の実践的な能力を身につけると共に、フランス語圏の国や地域での政治や社会、歴史、文化なども学び卒業論文につなげる。
イスパニア語学科(70)イスパニア語(スペイン語)の専門知識とコミュニケーション能力を兼ね備えた人材を育
成する。4年間にわたってイスパニア語の言語運用能力を基礎から段階的に養成する。言
語運用能力を駆使し、広大かつ多彩なイスパニア語圏の文学や社会、歴史などを学ぶ。
ロシア語学科(60)1〜2年次には週6コマ600分にわたる「基礎ロシア語」の授業を通じ即戦力として通用するロシア語運用能力を磨く。また、ロシア・ユーラシア地域の政治や文化などを幅広く学習することで、次世代の日本とロシア語圏との関係構築を推進できる人材を育成する。
ポルトガル語学科(60)未知の領域に挑戦する開拓者精神を養い、ビジネスシーンだけでなく、NGOやNPOなど国内外の幅広い分野で活躍できる人材を育成する。3・4年次では実践的科目群を通して高度なポルトガル語運用能力を養う。ブラジルなどポルトガル語圏各地の歴史も学ぶ。

総合グローバル学部

グローバル化した世界を立体的にとらえる、 「国際公共知識人」を育てる

総合グローバル学部定員学べる学問地理歴史 文化 社会 国際 政治
220人

【特色】英語による学位取得プログラムを開設。海外フィールドワークなどを設定できる。
【進路】情報・通信業、製造業、サービス業などに就職する者が多い。

取得できる免許・資格教育免許(中-社、高-公)、学芸員
主な出身者藤井サチ(モデル、タレント)
学科・コース・専修一覧
総合グローバル学科(220)国際関係論と地域研究の2つの系を専門として学ぶ。2つの系の下に配置される国際政治論、市民社会・国際協力論、アジア研究、中東・アフリカ研究から選択し組み合わせて学び、複合的視座を得る。2~4年次には自分でテーマを決めて取り組む自主研究がある。

理工学部

理学系と工学系との融合教育によって 「複合知」を備えた人材を育成する

理工学部定員学べる学問生物 数学 物理 化学 機械 電気電子 経営工 エネルギー 情報科学
380人

【特色】「科学技術英語」科目の他、英語で学位を取得できる「英語コース」も設置。
【進路】約4割が大学院に進学するが、情報・通信業や製造業に就職する者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(中-数・理、高-数・理・情・工業)、学芸員、危険物取扱者、電気通信主任 技術者、電気主任技術者
主な出身者谷本秀夫(京セラ社長)、澤田貴司(ファミリーマート社長)、石野雄一(オントラック代表)、荒井隆行(上智大学教授)、範公可(電気通信大学教授)、永田清(大東文化大学教授)、佐々木圭一(コピーライター、作詞家)、福田康弘(弁理士)、小林史明(衆議院議員)、中村慶子(NHKアナウンサー)、利根川真也(NHKアナウンサー)、倉野麻里(テレビ東京アナウンサー)、五十嵐美樹(タレント、サイエンスエデュテイナー)
学科・コース・専修一覧
物質生命理工学科(125)3年次からの専門科目は物質とナノテクノロジー、環境と生命の調和、高機能材料の創成の3つをテーマにしている。自然環境と調和した新物質の創造、新機能の構築、資源の循環利用を実現することで、産業発展と環境保全に貢献できる国際的技術者を育成する。
機能創造理工学科(125)産業技術と自然科学のバランスの取れた発展を推進できる人材を育成する。機械系、電気・電子系、物理系の3つの学問分野を設けると共に、エネルギーの創出と利用、物質の理解と材料・デバイスの創成、ものづくりとシステムの創造の各テーマを設定している。
情報理工学科(130)人間情報、情報通信、社会情報、数理情報の4つをテーマに専門教育を展開する。情報を基盤に人間や社会を複合的に理解する力や、人間社会が蓄積してきた知恵や体験を発展させる創造力を培う。自然科学だけでなく、人文、社会科学とも融合した学際性も養う。

国際教養学部

学部創設から半世紀以上にわたり、 英語による質の高いリベラル・アーツ教育を展開

国際教養学部定員学べる学問文学 哲学・宗教 地理歴史 文化 言語・語学 社会 経済 商・経営 政治 芸術理論
186人

【特色】授業はすべて英語で行われる。1年次の教育をふまえ、2年次に専門を決める。
【進路】情報・通信業、製造業、サービス業など様々な業界に就職している。

取得できる免許・資格学芸員
主な出身者安藤優子(フリージャーナリスト)、佐々木かをり(イー・ウーマン社長、ユニカルインターナショナル社長)、青柳祐美子(脚本家)、野田聖子(衆議院議員)、クリス智子(ラジオパーソナリティー)、BENI(歌手)、青山テルマ(歌手)、川平慈英(俳優、タレント)、早見優(歌手、タレント)、西田ひかる(女優、タレント)、佐久間みなみ(フジテレビアナウンサー)※前身の学部学科出身者含む
学科・コース・専修一覧
国際教養学科(186)2年次から比較文化、国際経営・経済学、社会科学の3つのコースから各自の興味や関心に応じて選択し、専門的に学んでいく。専攻分野の学習以外にも英作文、批判的思考、パブリックスピーキングなどの科目がある。専門的知見や異文化への繊細な感受性を培う。