ページを更新する ページを更新する

東進が厳選した全国の大学情報を掲載!各大学の学部・学科の偏差値など志望校選びに役立つ情報が満載!

目次

学部の選択をして下さい。

保健福祉学部
情報工学部
デザイン学部

保健福祉学部

保健福祉学部定員学問分野社会福祉学 応用生物学 看護学 健康科学 食物学 子ども学 教員養成
140人

【特色】人々の健康の維持増進に貢献できる人材を育成。

【進路】医療・福祉業に就く者が多い。他、大学院へ進学する者もいる。

取得できる免許・資格社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、スクールソーシャルワーカー、社会福祉主事、児童福祉司、児童指導員、食品衛生管理者、食品衛生監視員、看護師、助産師、管理栄養士、栄養士、栄養教諭(一種)、保育士、教員免許(幼一種)
所属キャンパス岡山県立大学キャンパス
学部と直結する大学院保健福祉学
学科・コース・専修一覧
看護学科豊富な知識と確かな技術を持ち、自ら成長し続ける柔軟性を持った看護職者を育成する。1年次には一般教養や専門分野の基礎科目を、2・3年次には各専門分野の看護学を深く学び、4年次にはその知識の実践として臨地実習や卒業研究に重点をおく。
栄養学科食品学、栄養学、生命科学を中心に、実習や実験を多く取り入れながら、生命科学としての栄養学を幅広く学ぶ。1年次は共通科目の他、食品学や栄養学の基礎を学習。2・3年次に専門科目を本格的に学び、実習や実験を経験する。4年次は卒業研究を中心に取り組む。
現代福祉学科少子高齢化、国際化する現代社会のニーズを捉え、人々の健康や幸福のために能動的・創造的に活躍できる国際感覚を身につけた人材を育成する。福祉の基礎を学び、2年次から社会福祉学、介護福祉マネジメント学の2つのコースに分かれる。
子ども学科子どもの育ちと学びについての理論を理解し、教育と福祉の視点から健やかな成長を支える幼児教育・保育の専門家を養成する。知識や技能、倫理、子どもや家族を支える具体的な方法などを学び、実習や地域活動に参加して実践力を身につける。

情報工学部

情報工学部定員学問分野医療工学 健康科学 情報学
140人

【特色】人間と社会の調和を図り情報化社会の持続的発展に寄与できる技術者を育成。

【進路】約6割が大学院へ進学。就職先は製造業や情報通信業など。

所属キャンパス岡山県立大学キャンパス
学部と直結する大学院情報系工学
学科・コース・専修一覧
情報通信工学科利用者の視点と国際的視野を持つ技術者を育成する。情報工学、通信工学、電子工学の3つの学問領域を中心に、1年次から段階的に専門教育を行い、情報通信に関する幅広い知識と技術を修得する。演習や実験科目により、知識を実際の問題解決に応用する実践力を養う。
情報システム工学科コンピュータに関する情報工学、ものづくりに関わる機械工学、人間と機械の結びつきを考えるインタフェース工学の各分野に関する技術を学ぶ。ソフトウェアシステム工学、知的インタフェースシステム工学、機械・エネルギーシステム工学の3つの講座がある。
人間情報工学科人間系のサイエンスと情報系のエンジニアリングを融合的に学ぶことで、人間に適合した機器の開発やサービス設計の場で活躍できる人材を育成する。インテリジェントシステム、スポーツ・ヒューマンダイナミクス、人間支援工学の3つの講座がある。

デザイン学部

デザイン学部定員学問分野土木・建築学 住居学 デザイン学
90人

【特色】課題に対してデザインによる解決を行える人材を育成。

【進路】建設業や製造業、広告・デザイン業に就く者が多い。他、大学院進学も。

取得できる免許・資格建築士(一級、二級、木造)
所属キャンパス岡山県立大学キャンパス
学部と直結する大学院デザイン学
学科・コース・専修一覧
ビジュアルデザイン学科視覚伝達の知識や技術を学び、高い専門性と感性を兼ね備えた広告・出版業界などクリエイティブの現場で活躍する人材を育成する。1年次に視覚伝達の基礎を身につけ、2年次からグラフィックまたは映像いずれかの専門科目を選択する。
工芸工業デザイン学科立体的な造形教育を基盤としながら、工芸の持つ緻密さや工業的な合理性を学ぶ。1年次にはデザインの基礎的な知識や技能を身につけ、2年次からプロダクト、テキスタイル、セラミックの中から専門科目を選択する。
建築学科建築的表現技能や建築史、建築計画、建築構造、建築環境といった建築に関わる幅広い専門知識と技能を身につけ、社会に貢献する建築家や建築分野の専門家を育成する。地域のデザインプロジェクトやインターンシップに参加し、実践力を養う。
大学名岡山県立大学
国/公/私公立
住所 岡山県総社市窪木111
入試関連
問合せ先
事務局教学課入試班
  • Image 1
  • Image 2
  • Image 3
  • Image 1
  • Image 2
  • Image 3