東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

大学案内 > 首都大学東京 > 学部・学科情報

目次

学部の選択をして下さい。

人文社会学部
法学部
経済経営学部
理学部
都市環境学部
システムデザイン学部
健康福祉学部

人文社会学部

人文社会学部定員入学金141,000~282,000円学べる学問文学 哲学・宗教 地理歴史 文化 言語・語学 社会 教育 心理 社会福祉
200人年間授業料520,800円

【特色】2018年度開設。1年次には全員が教養科目を履修し、2年次から専攻分野に進む。
【進路】卒業後はサービス業や公務、製造業などへの就職が期待される。

取得できる免許・資格 教員免許(中-国・社・英・中国語、高-国・地歴・公・英・中国語)、学芸員、社会調査士、社会福祉士、社会福祉主事、社会教育主事、認定心理士
学科・コース・専修一覧
人間社会学科(110)2018年度開設。社会調査や実習などを通じて、現代社会と人間の抱える様々な問題を解決する力を身につける。2年次からは、基礎教養科目に加えて社会学、社会人類学、社会福祉学、心理学、教育学、言語科学、日本語教育学の7つの専門科目群(教室)から1つを選択する。実地調査や人との対話を自主的に行う人材を育成する。
人文学科(90)2018年度開設。基礎教養科目を学んだうえで、2年次から哲学、歴史学・考古学、表象文化論、日本文化論、中国文化論、英語圏文化論、ドイツ語圏文化論、フランス語圏文化論の8つの専門科目群(教室)から1つを選択して学びを深める。歴史と思想、言語と文化などの教室横断的な学習も取り入れられている。

法学部

法学部定員入学金141,000~282,000円学べる学問法 政治
200人年間授業料520,800円

【特色】2018年度開設。約40科目にわたる少人数制専門ゼミにより、学生の個々の能力を引き出す。
【進路】卒業後は公務、情報・通信業、金融・保険業などへの就職が期待される。

学科・コース・専修一覧
法学科(200)2018年度開設。2つのコースを設置し、コースの枠を越えた自由度の高い科目選択も可能である。法律学コースでは法律の知識や法的思考を体系的に学び、問題解決能力を培う。政治学コースでは法や政治をバランス良く学び、世界で活躍できる人材を育成する。成績優秀者は飛び級の制度を利用して3年次修了時に大学院に進学できる。

経済経営学部

経済経営学部定員入学金141,000~282,000円学べる学問経済 商・経営
200人年間授業料520,800円

【特色】2018年度開設。「2年次専門セミナー」をはじめ、少人数制の専門教育が充実している。
【進路】卒業後は金融・保険業や情報・通信業、公務などへの就職が期待される。

学科・コース・専修一覧
経済経営学科(200)2018年度開設。1年次に経済学や経営学の導入となる科目を学ぶ。2年次に2つのコースのいずれかを選択する。経済学コースでは経済理論の学習と検証を重視したカリキュラムによって、経済の動きを予測し課題に対応する能力を養う。経営学コースでは企業やビジネスに関する理解を深めながら、企業組織や産業社会の仕組みを探っていく。

理学部

理学部定員入学金141,000~282,000円学べる学問生物 数学 物理 化学 情報科学
200人年間授業料520,800円

【特色】2018年度開設。確かな基礎力を身につけ、自主性と研究力をはぐくむ教育を行う。
【進路】卒業後は大学院への進学や、情報・通信業や製造業への就職が期待される。

取得できる免許・資格教員免許(中-数・理、高-数・理・情)、学芸員、危険物取扱者、毒物劇物取扱責任者
学科・コース・専修一覧
数理科学科(45)2018年度開設。専門的な数理科学の基盤となる代数、幾何、解析、応用数理の4つの分野を、基礎的な具体例から抽象的な概念まで体系的に学ぶ。自主学習へのサポートも充実している。難解な数学の課題を試行錯誤しながら解く経験を通じて、その応用力と発想法を現代社会に活かすことのできる人材を育成する。
物理学科(47)2018年度開設。身近な物質から宇宙まで、様々なスケールの物質を研究する。力学や電磁気学、物理数学を学んだのちに熱・統計力学や量子力学を学ぶカリキュラムを採用している。また、全学年に実験や演習が配置されている。1年次の「物理セミナー」や3年次の「現代物理学序論」など最先端の研究に触れることのできる講義も用意されている。
化学科(48)2018年度開設。分子の性質を探り、分子の観点から多様な現象や物質を発見し、理解することを目指す。化学の基礎を確実に身につけるため、1年次から3年次までは無機・分析化学、有機・生物化学、物理化学の3つの分野をバランス良く学ぶ。化学の最先端を担う教員による少人数教育も特徴である。
生命科学科(60)2018年度開設。研究する力を身につけるべく体験重視のカリキュラムが設定され、授業の約半分が実験や実習に充てられている。自ら選んだテーマについて1年次から研究を始める「生物学自主研究」では、学生自身が研究グループの組織から成果の発表までを行う。 国際性をはぐくむために、授業を英語で履修することも可能である。

都市環境学部

都市環境学部定員入学金141,000~282,000円学べる学問地理歴史 社会 経済 商・経営 法 政治 社会福祉 生物 地球環境 物理 化学 土木・建築 環境工 デザイン
255人年間授業料520,800円

【特色】2018年度改組。学生主体の実験や実習、フィールドワークを重視する。留学も盛んである。
【進路】卒業後は大学院への進学や、公務やサービス業などへの就職が期待される。

取得できる免許・資格教員免許(中-理・社、高-理・地歴)、学芸員、危険物取扱者、測量士(補)、建築士(一・二級、木造)、毒物劇物取扱責任者、技術士(補)、土木施工管理技士
学科・コース・専修一覧
地理環境学科(30)2018年度開設。人文科学、社会科学、自然科学の観点から人間を取り巻く自然環境や地域の特徴を概観し、地球環境と人間との関係について考察する。入門・専門講義の他、フィールドワークなどの実践科目を通して地球や地域の歴史と未来について理解と考察を深める。4年次には研究室に配属され、卒業研究に取り組む。
都市基盤環境学科(50)2018年度開設。土木構造物の開発や社会基盤の管理維持などについて学ぶ社会基盤分野、自然と人間の共生技術や環境システム解析などについて学ぶ環境システム分野、自然災害の現象解明やリスク評価などを行う安全防災分野の3つのコースがある。1・2年次に全員が基礎学問を履修し、3年次から学習分野を選択する。
建築学科(50)2018年度開設。都市に関する技術や理論を多面的に理解し、建築や都市の抱える問題の解決に取り組む人材を育成する。建築設計系、建築環境系、建築構造系、建築生産系、建築・都市計画系、歴史・意匠系の専門教育科目群があり、建築都市の知識を体系的に習得する。大都市東京の建築ストックを活かす技術開発が学科の中核的なテーマである。
環境応用化学科(60)2018年度開設。基礎化学を中心に、工学として化学を研究する応用化学や材料化学の分野を学び、持続可能な社会の実現に貢献できる化学者を育成する。核となる7つの分野として物理化学系、無機化学・ナノテク系、有機化学系、エネルギー化学系、高分子・生命 化学系、環境分析化学系、化学工学系を設定している。
観光科学科(30)2018年度開設。工学などの理系分野を基盤に観光を科学する。3つの領域がある。自然環境マネジメント領域では生態系の保全と開発の均衡点を見出す。地域計画・マネジメント領域では持続的な自然環境を実現し、人工的な空間を利用した観光の実践的な活用法を探る。行動・経営科学領域では観光に関わる人々の心理や行動を科学的に研究する。
都市政策科学科(35)2018年度開設。現場体験型授業や少人数のワークショップを通じて都市に対する政策科学を学ぶ。環境、健康福祉、産業、防災・復興、共生、大都市の6つの専門教育科目群がある。東京都の抱える課題を扱ったカリキュラムを編成し、都市問題の理論的・実践的解決に寄与する人材を育成する。

システムデザイン学部

システムデザイン学部定員入学金141,000~282,000円学べる学問メディア 物理 機械 電気電子 航空宇宙 情報科学 デザイン
320人年間授業料520,800円

【特色】2018年度改組。システム工学の他、人間の感性を重視したデザイン工学を学ぶ。
【進路】卒業後は大学院への進学や、情報・通信業や製造業などへの就職が期待される。

取得できる免許・資格教員免許(高-情)、学芸員
学科・コース・専修一覧
情報科学科(50)2018年度開設。1・2年次は南大沢キャンパスで教養科目を履修し、3年次以降は日野キャンパスで学科専門科目群を履修する。ビッグデータ・マイニング、人工知能・自然言語処理、ソーシャル・マルチメディアなどの研究分野がある。情報通信技術を駆使することで変化の激しい時代に適応し、国際的に活躍できる技術者を育成する。
電子情報システム工学科(85)2018年度開設。2年次後期に2つのコースのいずれかを選択する。情報システムコースでは情報システム関連技術を幅広く学び、高度情報化社会による社会と産業の持続的な発展の実現を目指す。電気通信システムコースでは電気電子の性質や情報処理などについて学び、電気と関わりを持つ様々な分野の発展に貢献することを目指す。
機械システム工学科(90)2018年度開設。2年次後期に2つのコースのいずれかを選択する。知能機械コースでは機械工学を中心とする学問領域の基礎に加え、制御理論やロボット開発などの専門的な学問分野を学習する。生体機械コースでは生命科学と機械工学の分野を融合させることで、 生体機械システムを作り出すことを目指す。
航空宇宙システム工学科(45)2018年度開設。航空機やロケット、人工衛星といった航空宇宙システムの設計や製造に携わる人材を育成する。数学や物理学、化学などの基礎を土台に、空気力学や推進工学、材料構造力学、制御工学などの専門的な分野を学ぶカリキュラムが設定されている。講義や演習、豊富な実験装置を使った実験がバランス良く用意されている。
インダストリアルアート学科(50)2018年度開設。プロダクトやメディアなどのアート、デザインに加え、人の行動や意識をデザインに活かす人間工学を学ぶ。専門科目はアートやデザインに必要な知識と技術を体験の中で学ぶ「基礎総合ワークショップ」と、プロダクトデザインとメディアアートに関する演習などで高い専門性を獲得する「コア科目」の2つの種類に分かれる。

健康福祉学部

健康福祉学部定員入学金141,000~282,000円学べる学問看護 保健・介護
195人年間授業料520,800円

【特色】学科を越えた多職種間連携教育や留学プログラムを通して幅広い視野を持った人材を育成する。
【進路】卒業生の8割超が医療・福祉業に就職する。大学院に進学する者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(養護一種)、看護師、保健師、理学療法士、作業療法士、診療放射線技師
学科・コース・専修一覧
看護学科(80)病院などの医療機関だけでなく、在宅や地域での看護活動を重視する。看護病態生理学や看護基礎援助学などの必修科目により、科学的根拠にもとづく専門的な看護技術を習得する。患者役と看護者役を経験するグループワークや、すべての看護学専門領域において患者を受け持ち看護を実践する臨地実習などの実践的なプログラムが充実している。
理学療法学科(35)身体機能の不自由な人と接し身体機能の回復と心のケアを援助する理学療法士を育成する。「医学的基礎科目」「理学療法科目」「臨床医学科目」の3つの専門分野を中心に、理学療法、臨床医学などの講義や医療機関での実習を通して専門性を深める。臨床実習はマンツーマンの指導体制をとり、効率的に理論や技術を定着させていく。
作業療法学科(40)心身に障害のある患者が充実した生活を送れるように支援する作業療法士を目指す。見学体験や実習を重視した実践的なカリキュラムが組まれ、身体障害、精神障害、発達障害、 老年期の4つの領域にバランス良く触れることができる。2年次から3年次にかけて臨地実習を実施すると共に、地域の健康増進にも貢献している。
放射線学科(40)放射線の科学的な理解にもとづく知識や技術を身につけ、先端医療機関などで活躍する放射線の専門家を育成する。専門知識の他、医療の基盤となる理工学の基礎を学習するカリキュラムを採用している。2年次以降に専門分野を履修する荒川キャンパスでは研究設備を整備し、大学院教育との連携も行われている。